LINEアカウントを2つ以上(複数)作成してスマホ1台でサブ垢を使い分ける方法

LINEアカウントには「1つの電話番号につき1つまで」という原則があるものの、複数のアカウントを作ってシーン別に使い分けたいと考える人は多いはずです。

LINEアカウントを2つ以上(複数)作成してスマホ1台でサブ垢を使い分ける方法

LINEアカウントは電話番号と紐づいているため、1つの電話番号につき1アカウントしか作成することができません。また、アプリにログアウト機能が備わっていないため、基本的にスマホ1台で1アカウントを想定した作りになっています

しかし、実際にはLINEのアカウントは固定電話/SMSの番号を使うなどして、複数アカウントを作成したうえで、使い分けることが可能です。

今回はLINEアカウントを2つ以上作成して、スマホ1台で切り替えて使うまでの手順をご紹介します。

スマホでLINEアカウントを複数作成するために必要な条件

スマホ1台でLINEアカウントを複数作成するために必要な条件をまとめました。

メインアカウントと別の電話番号 | 固定電話やSMSでもOK

LINEアカウントを複数作成するためには、メインアカウントとは別の電話番号が必要です。この電話番号はスマホのSIMと紐づいたものである必要はなく、固定電話やSMSなど認証を自身で受けられるものであればOKです。

メインアカウントと別の電話番号 | 固定電話やSMSでもOK1

LINEの新規アカウント作成時には、「電話番号認証」を回避できません。そのためスマホでもうひとつアカウントを作成したい場合は、固定電話の番号かSMS機能付きのデータ専用SIMを利用する必要があります

なお、「050」から始まるIP電話ではLINEアカウントを作成できないので注意してください。

メインアカウントと別の電話番号 | 固定電話やSMSでもOK2

「050」から始まる電話番号は、ネット回線を用いたIP電話の番号です。IP電話の番号でLINEアカウントを作成しようとすると、上記画像のようなポップアップが出て、アカウントを作成することができません

マルチログイン可能なアプリ | 「並行世界」が代表格

LINEはInstagramやTwitterと異なり、1つのアプリ内で複数アカウントを切り替えて使う仕様になっていません。

またログアウト機能もないため、アカウントを切り替えるにはその都度「LINEアプリをアンインストール→再インストール→電話番号認証→ログイン」という作業が必要です。さらに、LINEアプリをアンインストールするとトーク履歴が消えてしまうので、毎回バックアップも取得しなければならないなどなかなか面倒です。

そこで、LINEのマルチログインを可能にするアプリを使うことをおすすめします。マルチログインアプリの代表格は、Androidアプリの「並行世界」です。

マルチログイン可能なアプリ | 「並行世界」が代表格

「並行世界」は、LINEやFacebook、ソーシャルゲームなど特定のアプリを、複数のアカウントを切り替えて利用できるマルチログインアプリです。なお、このアプリはiOS版がないのでiPhoneでは利用できません

LINEアカウントを2つ以上(複数)作成してスマホ1台でサブ垢を使い分ける方法のページです。オトナライフは、【SNSLINELINEの使い方サブ垢】の最新ニュースをいち早くお届けします。