【iOS 16】iPhone標準の写真アプリで写真をキレイに修正する方法 – 失敗写真で試してみて!

誰でも簡単に美しい写真を撮影できるiPhone。旅行だけでなく日常のちょっとしたシーンを記録するのに便利ですよね。でも、あとから撮った写真を確認すると、微妙に写真が傾いていたり余計なものが映りこんだりして“失敗写真”になりがちです。そこで今回は、失敗写真をiOS 16にアップデートしたiPhoneの標準「写真アプリ」で、キレイに加工するテクニックを紹介します。

iPhone標準の写真アプリでもトリミングや傾き調整、色補正などは簡単にできる

今やひと昔前のデジカメよりも美しい写真が撮れると評判のiPhone。旅行やデート、ちょっとした日常の風景などをiPhoneで手軽に撮影している人は多いと思います。

でも、あとで撮った写真を確認してみると、逆光で顔が暗くなっていたり色味がおかしい。あるいは、画像が傾いていたり余計なものが映りこんでいたりして「失敗した!」と思うことも少なくないでしょう。

そこで今回は、iOS 16にアップデートしたiPhoneの標準「写真アプリ」を使って、写真を美しく加工するテクニックを紹介したいと思います。ちょっとした加工を施すだけで、きっと“失敗写真”が映える写真に変身しますよ!

iPhone標準の写真アプリでもトリミングや傾き調整、色補正などは簡単にできる

少し失敗した程度の写真なら、iPhone標準の「写真アプリ」にある「編集」機能を使うことで、誰でも簡単に映える写真に加工できる!

【1】写真に写り込んだ余計なものをトリミングで切り取る

旅先で美しい風景を撮影したのに、よく見ると写真の端に知らないおじさんが映りこんでいた。あるいは、メルカリに出品する商品写真の奥に、生活感溢れる物がゴチャゴチャと映りこんでいた、なんてこともありますよね。

そのようなときは、余計なものを切り取る「トリミング」機能を使ってみましょう。画像の端に映り込んでいる邪魔なものなら、トリミングするだけ簡単にカットできます。

トリミングの操作は簡単。写真アプリの「編集」からトリミングを選択して、プレビュー画面で有効範囲を指定。余計なものを省くように調整するだけでOKです。

「トリミング」で余計なものをカットする手順

「トリミング」で余計なものをカットする手順

写真アプリで写真を開いたら「編集」からトリミングアイコンをタップ(左写真)。画面の前後左右か四隅の角を押しながらスワイプして、余計なものが入らないよう調節する。範囲指定が終わったらチェックアイコンで保存、やり直す場合は「×」を押せばいい(右写真)

【iOS 16】iPhone標準の写真アプリで写真をキレイに修正する方法 – 失敗写真で試してみて!のページです。オトナライフは、【iPhone&Android写真iPhoneiPhoneの使い方iOS 16iPhoneカメラ】の最新ニュースをいち早くお届けします。