YouTubeの登録者数に応じた収入目安を「1万人」「5万人」別に解説

YouTubeにおける広告収益はチャンネル登録者数ではなく、再生回数やチャンネルのジャンルによって決まります。今回は、登録者数1万人と5万人という2つのケースで、ジャンル別に「再生回数の目安」と「収入目安」を解説します。

チャンネルの内訳は以下の通りです。

・放映中アニメ/ドラマの解説など「旬のネタ」の場合
・店舗の公式YouTubeなど「固定ファン」向けの場合
・ゲーム実況を主とする女性YouTuberの場合
・競馬専門のYouTubeチャンネルの場合

結論から言えば「1万人」では突発的に稼ぐこと自体は可能ですが、継続的な収入に繋げることは難しいです。一方「5万人」の場合、広告収益だけでは苦しいものの、ライブ配信を主体にしてスパチャ収益と組み合わせることで徐々に「YouTuberを本業にする」ことが見えてくるでしょう。

YouTubeの登録者数に応じた収入目安 | 登録者数1万人の場合

まずは登録者数1万人のYouTubeの収入目安を、以下の2通りで解説します。

・放映中アニメ/ドラマの解説など「旬のネタ」
・店舗の公式YouTubeなど「固定ファン」向け

YouTubeの登録者数に応じた収入目安 | 登録者数1万人の場合

放映中アニメやドラマの解説など「旬のネタ」は、登録者数が1万人程度であってもYouTube内の検索需要自体が大きく、突発的に再生回数が100万回を超えるケースがあります。動画の長さにもよりますが、広告単価は最大で0.3円程度が期待されます。ただし「継続的に100万回の再生数を記録する」ことは難しい水物という側面も。一方で店舗等の公式チャンネルなどコア層に向けたチャンネルは、広告単価こそ高いですが、再生回数はあまり伸びません

放映中アニメ/ドラマの解説など「旬のネタ」の場合

アニメやドラマなど「旬のネタ」を扱うチャンネルなら、登録者数が少なくても再生回数が伸びる傾向にあります。

たとえば2022年12月時点で放映中の「機動戦士ガンダム 水星の魔女」など人気アニメを解説するとあるチャンネルは、チャンネル登録者数1万人前後で、月間の再生回数は100万回前後。

いわゆる「旬のネタ」はYouTubeでの検索需要が短期的に一気に高まるため、再生回数が伸びやすいです。1再生あたりの広告収入単価については、動画を8分以上にすることでミッドロール広告が使えるようになり、最大0.3円程度が期待できます。

放映中アニメ/ドラマの解説など「旬のネタ」の場合

YouTubeでは8分以上の動画には「ミッドロール広告」という動画途中の広告を挿入できます。1つの動画により多くの広告を挿入でき、短い動画よりも広告収益が高くなりやすいです。ただし注意点としては、アニメ/ドラマの解説で毎回8分以上の動画を作るのは、撮影/編集の負担が大きいです。「あまり語る内容がない」ことも十分に考えられるうえ、編集の手間があるためです

また、放映が終了すると一気にチャンネルの需要がなくなってしまう「水物」でもあり、100万回再生が継続するかどうかは怪しいといえます。終わったアニメ/ドラマのチャンネルに広告を出し続けたい広告主があまりいない点にも要注意。

店舗の公式YouTubeなど「固定ファン」向けの場合

店舗の公式YouTubeなど「固定ファン」に向けたチャンネルの場合、チャンネル登録者数とチャンネルの再生数にそれほど大きな差が出ません。具体的には、1万人の登録者の場合、多くても月間数万回程度の再生。ただし、広告単価はジャンルを絞っていることから伸びやすく、0.5円以上になることも少なくありません。

また、固定ファンは熱意を持ってチャンネルを追いかけていることから、スパチャなど広告収入以外の収益源にも期待できます。広告収入を目的とするのではなく、自社製品をチャンネル登録者にアピールする場としてYouTubeを活用するというケースも多いです。

YouTubeの登録者数に応じた収入目安を「1万人」「5万人」別に解説のページです。オトナライフは、【動画・音楽YouTubeYouTube Premium投げ銭スパチャYouTubeの使い方】の最新ニュースをいち早くお届けします。