【2023】リクルートポイントの使い道と貯め方、ポイント交換方法!Pontaとの交換がお得

リクルートのクレカ「リクルートカード」やリクルートサービスの利用で貯まる「リクルートポイント」。リクルートポイントは「じゃらん」「ポンパレモール」などリクルートサービスでの還元率が高く、公共料金などの支払いでも1.2%貯まります。このようにポイントが貯めやすいリクルートカードですが「貯まったリクルートポイントをどこで使えるのか」意外と把握できていない方も多いのでは? 今回はポイントの使い道と貯め方、ポイント交換方法などを解説します。

【2023】リクルートポイントの使い道と貯め方、ポイント交換方法!Pontaとの交換がお得

「リクルートカード」は2013年の発行開始以来、年会費無料かつほぼ使用条件なく1.2%のポイント還元を実施し続けている貴重なクレカの1つ。リクルート系のサービスはポンパレモールやホットペッパーグルメなど多岐に渡り、これらのサービスを普段使っている方にとくにおすすめのカードです(画像はリクルートカード公式サイトより転載)

リクルートポイントとは? | 公共料金支払いにリクルートカードを使うとお得

リクルートポイントは、リクルートが運営する各種サービスで使えるポイントです。じゃらん(宿泊予約)、ポンパレモール(ネット通販)、ホットペッパーグルメ(居酒屋・レストラン予約)、ホットペッパービューティー(美容室やネイルサロン等)などで利用することができます。

リクルートポイントとは? | 公共料金支払いにリクルートカードを使うとお得

リクルートが運営する各種サービスでリクルートカードを決済に利用すると、さらに効率的にリクルートポイントを貯めることができます。たとえば「じゃらん」で宿泊予約するとポイント還元率は3.2%にアップします。また公共料金の支払いにも利用できるのが嬉しいポイント。これらにも1.2%のポイント還元を受けることができます(画像はリクルートカード公式サイトより転載)

たとえば筆者の場合、ネットショッピングで月5万円ほど使います。美容室は1回1.5万円で年に6回、携帯電話料金は月額約3,000円。また年に数回旅行へ行っており、旅行予算は合算すると20万円ほど。合計したおよそ年間93万円をすべてリクルートカードで支払った場合、還元率が1.2%なので、11,160ポイントほど貯まりそうです。美容院の予約をホットペッパービューティー、旅行の予約をじゃらん(ポイント還元合計3.2%)にするとよりポイントが貯まりそうですね。

リクルートポイントの使い道 | リクルートのサービスで1ポイント=1円として使う

リクルートポイントは、じゃらん(宿泊予約)、ポンパレモール(ネット通販)、ホットペッパーグルメ(居酒屋・レストラン予約)、ホットペッパービューティー(美容室)などで、1ポイント=1円で使えます。サービスによっては「100ポイント単位でなければ使えない」などのルールがあるのでご注意ください。

リクルートポイントの使い道 | Pontaポイントと交換してPonta提携店で使う

リクルートポイントは2014年からPontaポイントと提携を開始し、ポイント交換が可能です。

リクルートポイントの使い道 | Pontaポイントと交換してPonta提携店で使う1

Pontaポイントとは、株式会社ロイヤリティ マーケティングが運営・提供するポイントサービス・ポイントプログラムで、1億人超という国内最大級の会員数を有する「Ponta経済圏」を確立しています。リクルートポイント1ポイントでPontaポイント1ポイントへ交換することができます(画像はリクルートID公式サイトより転載)

リクルートポイントの使い道 | リクルートのサービスで1ポイント=1円として使う2

Pontaポイントはローソンやじゃらんなど、全国のPonta提携企業・店舗やオンラインサービスで使ったり貯めたりすることができます。リクルート以外だと、JALマイレージバンクを運営する日本航空や、auを運営するKDDIとも提携しています。2020年5月にはau WALLET ポイントが、Pontaポイントに統合されました。(画像はPonta Web公式サイトより転載)

Pontaポイントとリクルートポイントの交換手順は、以下の通りです。

まずリクルートIDのポイント交換ページにアクセスして、「ポイントを交換する」ボタンをクリックします。続いてリクルートIDとPontaポイントの連携が求められます。

リクルートポイントの使い道 | Pontaポイントと交換してPonta提携店で使う3

【1】「Pontaポイントを連携する」ボタンをクリックします

リクルートポイントの使い道 | Pontaポイントと交換してPonta提携店で使う4

【2】自動的に画面が「Ponta Webサイト」に切り替わります。この時点ですでにリクルートIDの認証が完了しており、ある程度の会員データがPonta側に引き継がれています。キャプション:Pontaカードを「持っている」か「持っていないか」で以後の手順が変わります。今回は「持っていない」を選びます

「持っていない」を選ぶと、個人情報の入力画面に移ります。氏名・住所などを画面の指示に沿って入力します。リクルートIDから情報が部分的に引き継がれているため、入力項目は多くありません。

リクルートポイントの使い道 | Pontaポイントと交換してPonta提携店で使う5

【3】個人情報の入力を終えると、会員登録が完了します。Ponta Webサイトでの手続きが完了したので、リクルートポイントの公式サイトに戻りましょう

リクルートポイントの使い道 | Pontaポイントと交換してPonta提携店で使う6

【4】リクルートポイントの公式サイトに戻ってポイントを確認すると、既に自身の「メインのポイント」は「Ponta」に切り替わっています。以後貯まったPontaポイントはリクルートポイントの公式サイトからもPonta Webサイトからも確認可能です

リクルートポイントの使い道 | Pontaポイントと交換してPonta提携店で使う7

「メニュー」→「ポイントを交換する」と進むと、リクルートポイントとPontaポイントの交換が可能です。注意点はリクルートポイントの「期間限定ポイント」はPontaポイントとの「併用」は可能ですが「交換」は出来ないことです。期間限定ポイントではなく、じゃらんなど各種リクルートのサービスを利用して貯めた使用期限のないポイントを交換しましょう

リクルートポイントと交換したPontaポイントは、たとえばローソンで上記のような商品と引き換えることができます。(画像はローソン公式サイトより転載)

【2023】リクルートポイントの使い道と貯め方、ポイント交換方法!Pontaとの交換がお得のページです。オトナライフは、【マネークレカPontaポイントdポイントリクルートカードリクルートポイントポンパレモールJALマイル】の最新ニュースをいち早くお届けします。