実際に「マイナ保険証」を使ってみたら普通に便利だった −費用が少し安くなる!

マイナポイント第2弾で1人2万円相当のポイントを付与しているのに、なかなか普及しないマイナンバーカード。そこで政府は、カード型健康保険証をマイナンバーカードに登録して使う「マイナ保険証」に1本化する方針を打ち出しました。これには異論がある人も多いでしょうが、そもそもマイナ保険証ってどうやって使えばいいのでしょうか? そこで、筆者は実際にマイナ保険証を利用してみたので、本当に便利なのかレポートしましょう。

そもそも「マイナ保険証」って何なの? 

政府はマイナンバーカードを普及させるために、1人最大2万ポイントがもらえる「マイナポイント第2弾」を実施しています。

しかし、マイナンバーカードの普及はなかなか進まず、交付率はいまだ53.9%だそうです(2022年12月18日時点・総務省調べ)。

●総務省「マイナンバーカード交付状況について」は→こちら

そこで政府は、2024年秋に従来のカード型健康保険証を原則廃止して、マイナンバーカードに登録して使う「マイナ保険証」に1本化する方針を打ち出しました。

そもそも、マイナポイント第2弾でもらえる2万ポイントのうちの7,500ポイントについては、マイナンバーカードに健康保険証の利用申請をすることでもらえるようになっています。これがいわゆる「マイナ保険証」のことです。

マイナ保険証は、マイナンバーカードが健康保険証代わりに使えます。これによって、引っ越しや転職などで健康保険証を切り替え中でも利用できるほか、ほかにもさまざまなメリットがあると言われています。詳しくはこちらの記事で確認してください。

マイナンバーカードが手元にあれば、スマホでマイナポータルにアクセスすることで、健康保険証の利用申請をすることが可能です。具体的な方法についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

マイナンバーカードを取得したら、マイナポータルにアクセスして健康保険証の利用登録をしよう。これで「マイナ保険証」が利用できるようになる(筆者撮影)

こちらが実際に病院や薬局に設置されている受付端末。端末はメーカーごとに多少形が異なるが、リーダー部分にマイナンバーカードを挿入すると受付が完了する仕組み(筆者撮影)

実際に「マイナ保険証」を使ってみたら普通に便利だった −費用が少し安くなる!のページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフマイナンバーカードマイナポイント健康保険証マイナンバーカードの作り方マイナ保険証】の最新ニュースをいち早くお届けします。