新型のサウンドピーツ「Mini Pro HS」「Capsule3 Pro」ワイヤレスイヤホンを聴き比べしてみた!

格安でも高性能なイヤホンメーカーとして有名なSOUNDPEATS(サウンドピーツ)から、2022年に「Mini Pro HS」と「Capsule3 Pro」という2つの新型ワイヤレスイヤホンが発売されました。いずれもコスパに優れたモデルですが、いったいどちらを買えばいいのでしょうか? そこで今回は、実際に筆者が「Mini Pro HS」と「Capsule3 Pro」の2機種を使って使用感などをレポートしましょう。

まずはSOUNDPEATSの新型「Mini Pro HS」と「Capsule3 Pro」の基本スペックを確認!

「SOUNDPEATS(サウンドピーツ)」は、最近Amazonでの販売を中心に存在感を増してきているイヤホンメーカーです。

低価格のわりに性能が高く、コスパに優れる製品として有名なSOUNDPEATSから、2022年にはワイヤレスイヤホン「Mini Pro HS」と「Capsule3 Pro」の2機種が発売されています。

いずれも同じような価格帯ですが、果たしてどちらを買えばいいのでしょうか? そこで今回は、筆者が実際に聴き比べて両者の使用感などを紹介します。

その前に、まずは「Mini Pro HS」と「Capsule3 Pro」の基本スペックを確認しておきましょう。

「Mini Pro HS」はミニサイズの完全ワイヤレスイヤホンで、ANC(アクティブノイズキャンセル)機能を搭載。本体のみで8時間の連続再生が可能で、ケース充電を含めると28時間も使用することができます。

これに対し「Capsule3 Pro」は、Mini Pro HSよりも少し大きい初代AirPodsのような形状の完全ワイヤレスイヤホンです。

もちろんANC機能を搭載しており、本体のみでの連続再生時間は8時間ですが、ケース充電を含めると52時間も駆動するのが特徴となっています。

●Amazon「SOUNDPEATS Mini Pro HS」は→こちら
●Amazon「SOUNDPEATS Capsule3 Pro」は→こちら

基本スペック

■Mini Pro HS
【本体重量】10g
【ケース込重量】38g
【ドライバ】10mmダイナミックドライバ
【本体のみ再生時間】約8時間
【ケース充電込再生時間】約28時間
【本体のみ再生時間】約8時間
【Bluetooth】Bluetooth 5.2
【コーデック】LDAC/AAC/SBC
【ANC機能】最大40db
【接続】Type-C
【ワイヤレス充電】非対応
【定価】7,980円

SOUNDPEATS(サウンドピーツ)「Mini Pro HS」の基本スペック

Mini Pro HSはこぶりな楕円形のケースで、完全に開ききればフタが固定される。フタの開閉で電源が入ることがないので、カバンのなかで不意に開いてもバッテリーを消費することはない(筆者撮影)

■Capsule3 Pro
【本体重量】10g
【ケース込重量】49g
【ドライバ】12mmダイナミックドライバ
【本体のみ再生時間】約8時間
【ケース充電込再生時間】約52時間
【本体のみ再生時間】約8時間
【Bluetooth】Bluetooth 5.2
【コーデック】LDAC/AAC/SBC
【ANC機能】最大43db
【接続】Type-C
【ワイヤレス充電】非対応
【定価】8,480円

●Amazon(SOUNDPEATS Capsule3 Pro)は→こちら
●Amazonクーポンコード(5%OFF)は:OTONALIFE
※2022年12月26日~2023年1月2日まで有効

SOUNDPEATS(サウンドピーツ)「Capsule3 Pro」の基本スペック

Capsule3 Proは少し大きめで手のひらサイズ。ケースはつや消し加工が施されたマッドなケース。こちらもフタはしっかりと閉まり、完全に開いたときだけ固定される仕様だ(筆者撮影)

新型のサウンドピーツ「Mini Pro HS」「Capsule3 Pro」ワイヤレスイヤホンを聴き比べしてみた!のページです。オトナライフは、【デバイスワイヤレスイヤホンCapsule3 ProMini Pro HSSOUNDPEATS】の最新ニュースをいち早くお届けします。