YouTubeで「100万回再生」されたときの収益/広告収入の目安 | 最大50万円!注意点も

YouTuberの動画の広告収入単価は、1再生あたり約0.05円~0.7円と言われています。また8分以上の動画は収益性が高く、ある程度長尺の動画が中心のチャンネルであれば、再生単価は0.3円~0.5円が目安。すると100万回再生されると、チャンネルにもよりますが「30万円」から「50万円」の収益が期待できます。

YouTubeで「100万回再生」された際の収益/広告収入の目安 | 最大50万円!注意点も

YouTubeの広告収益の仕組みは視聴者が動画視聴時に広告を見た場合、YouTubeから動画投稿者に広告表示に応じた報酬が支払われるのが基本。なお「100万回以上再生される動画は全体の0.1%程度」です。数本程度の動画をアップしただけで「100万回再生を達成できる」とは思わない方が良いでしょう。一方で量産性が高い「切り抜き動画」の場合、元の配信者と収益を折半する形になることも要注意

今回はYouTuberが、100万回再生で実際にどの程度の収益を得ているのか解説。また「100万回再生を達成するためにYouTuberは何本動画をアップしているのか」や、各種注意点も解説します。

100万回再生時のYouTubeの広告収入の目安 | 長尺かつ高単価ジャンルなら50万円

一般的に、YouTubeにおける広告収入の単価は1再生あたり約0.05円〜0.7円。著名なYouTuberでは、たとえばシバターさんのメインチャンネルは1再生0.3円、パチンコ/パチスロ特化のサブチャンネルは0.5円の広告収益に相当します。

シバターさんの例で言えば、メインチャンネルで扱う「ゴシップ」より、サブチャンネルの「パチスロ」のほうが、YouTubeの収益が伸びやすいジャンルです。そのため、1再生あたりの広告収入単価がよくなっています。また、ジャンル選び以外に大事なのは動画の「長さ」。

100万回再生時のYouTubeの広告収入の目安 | 長尺かつ高単価ジャンルなら50万円1

8分以上の動画には、再生途中に広告が流れる「ミッドロール広告」の挿入が可能。8分未満の動画とは収益性が異なります。つまり、「8分以上の動画」でパチンコ/パチスロなど広告単価が高い分野であれば、再生単価は最大0.5円程度を期待できるということ

ちなみにシバターさんの場合、サブチャンネルの2022年5月の再生回数は68万回、収益は34万円。100万回再生されていれば、50万円程度の収益が生まれていたはずです。

【注意点】100万回再生の動画は全体の「0.1%」 | 月20本アップするのも一般的

注意点として、「100万回再生」を「1本の動画投稿」で実現できるとは限らない点が挙げられます。

調査会社のペックス(Pex)によると、YouTubeにアップロードされた動画の約9割にあたる88.4%が、再生回数1,000回未満。

【注意点】100万回再生の動画は全体の「0.1%」 | 月20本アップするのも一般的

100万回~1000万回再生される動画は全体の0.1%程度しかなく、とてつもない難易度であることがわかります。たった数本の動画をアップロードしただけで100万回再生が得られるとは考えないほうがよいでしょう(画像は「ペックス(Pex)」公式サイトより転載)

つまり、YouTuberが月間でまとまった再生回数を得るには「本数」も重要なのです。YouTuber1人につき、2018年には平均で月に13本の動画をアップロードしていたと言われています。これが2019年には16本に増加し、2022年現在では毎日動画をアップする国内のYouTuberも少なくありません。

たとえば、YouTuberとして「100万回再生で月50万円」の収益を得られたとします。しかし、その収入のために「月20本の動画」をアップし続ける必要があるとしたら、割に合っているかどうかは冷静に考えるべきでしょう。

【注意点】8分に満たない動画は単価が下がる | 広告単価が0.1円程度のケースも

再生単価が0.3円~0.5円となるのは、あくまで一定の広告収益が見込めるジャンルで8分以上の長尺動画を出した場合。切り抜き動画を始めとする尺が短い動画では、ミッドロール広告が使えません。そのため広告単価は大きく下がり、目安として0.1円程度となります。

YouTubeで「100万回再生」されたときの収益/広告収入の目安 | 最大50万円!注意点ものページです。オトナライフは、【動画・音楽YouTubeYouTubeの使い方】の最新ニュースをいち早くお届けします。