【Mac】初期化(工場出荷状態に戻す)する方法を解説!

新しいMacを購入する際に、Appleに古いMacを下取りに出して割引価格でMacを購入しますが、古いMacを引き取ってもらう前に行わなければいけない作業がMacの初期化、つまり工場出荷状態に戻すことです。

友人に古いMacをあげる場合でも、Macを初期化して工場出荷状態に戻す必要があります。古いMacを手放す前に行う必要のある、Macの初期化方法を解説します。

【Mac】初期化(工場出荷状態に戻す)前に行うこと

【Mac】初期化(工場出荷状態に戻す)前に行うこと

iPhoneやiPadまたMacは、毎年1回最新OSがリリースされるのでアップデートして、最新機能が利用できるようにデバイスを更新します。

古いデバイスの中には最新OSの対象外と位置づけられ、OSのバージョンアップができなくなるものもあります。Apple製品は、最新OSにアップデートできないデバイスのサービスを終了するため、新しいデバイスを購入しなければなりません。

Appleは古いデバイスの下取りやリサイクルを行っているので、古いデバイスをAppleに引き取ってもらえます。

もちろん、Appleに下取ってもらったり、リサイクルに出すために引き取ってもらったりするのではなく、リサイクルショップに行って古いデバイスを売りに出したり、友人にプレゼントしたりすることもできます。

古いデバイスを売りに出すか、プレゼントするかに関係なく、古いApple製品を手放すときに必ず行わなければならない作業があります。デバイスの初期化、つまり工場出荷状態に戻すことです。

MacもiPhoneやiPadと同様で、古いMacを手放す際には必ず初期化して工場出荷状態に戻さなければなりません。

この記事では、Macを初期化(工場出荷状態に戻す)前に行う必要のある準備と初期化(工場出荷状態に戻す)方法、そしてMacを初期化する際の注意点を詳しく紹介します。

最初に取り上げるのは、Macを初期化する前に古いMac上で行うべき3つの作業です。順番に紹介するので参考にしてください。

・バックアップを作成

最初に行う作業は、Macのバックアップを作成することです。Macのバックアップは、外付けHDDに作成する方法と、iCloudに作成する方法の2つあるので、それぞれの方法を順番に見てみましょう。

最初は外付けHDDにバックアップを作成する方法です。Macのバックアップを作成するための外付けHDDをUSBケーブルでMacに接続してください。

外付けHDDにバックアップを作成する方法

外付けHDDにバックアップを作成する方法1

デスクトップ画面上部のメニューバーの「Appleロゴ」をクリックします

外付けHDDにバックアップを作成する方法2

プルダウンメニューが表示されるので「システム設定」を選択しクリックします

外付けHDDにバックアップを作成する方法3

「システム設定」画面の左メニューの中に「一般」があるので選択しクリックします。「一般」のメニューが画面右側に表示されるので、「Time Machine」を選択しクリックします

外付けHDDにバックアップを作成する方法4

「Time Machine」画面が立ち上がったら「バックアップディスクを追加」を選択しクリックします

外付けHDDにバックアップを作成する方法5

ポップアップが表示され、Macに接続した外付けHDDが表示されるので「ディスクを設定」をクリックします

外付けHDDにバックアップを作成する方法6

バックアップの作成画面が立ち上がるので、バックアップの暗号化をしたければオンに設定し、パスワードを2回入力し、パスワードを忘れた場合のヒントを入力しましょう。入力がすべて終わったら「完了」をクリックします

続いて、iCloudにMacのバックアップを作成する方法を見てみましょう。

iCloudにバックアップを作成する方法

iCloudにバックアップを作成する方法1

先ほど紹介した手順で「Appleロゴ」→「システム設定」と進みます。「システム設定」画面の左メニューにある「ユーザー名」を選択しクリックします。「Apple ID」画面のメニューが表示されるので「iCloud」を選択しクリックします

iCloudにバックアップを作成する方法2

「iCloud」画面のメニューが表示されるので「iCloud Drive」を選択しクリックします

iCloudにバックアップを作成する方法3

「iCloud」がオフになっているならオンに設定を変更します。その後「iCloud Driveに同期しているApp」の中にある「オプション」をクリックします

iCloudにバックアップを作成する方法4

「iCloud Driveに同期しているApp」画面が表示されたら、バックアップを作成したいアプリすべてに「✓」を入れ、終わったら「完了」をクリックします

・iTunes/iCloud/iMessageからサインアウト

次に行う作業は、「iTunes(ミュージック)」、「iCloud」、「iMessage」からサインアウトすることです。順番に操作手順を紹介します。最初は「iTunes(ミュージック)」からサインアウトする方法です。

iTunes(ミュージック)からサインアウトする方法

iTunes(ミュージック)からサインアウトする方法1

Dockにある「ミュージック」をクリックします

iTunes(ミュージック)からサインアウトする方法2

「ミュージック」アプリが立ち上がったら、メニューバーの中にある「アカウント」をクリックします

iTunes(ミュージック)からサインアウトする方法3

プルダウンメニューが表示されるので「認証」を選択しクリックします

iTunes(ミュージック)からサインアウトする方法4

別のメニューが表示されるので「このコンピュータの認証を解除」を選択しクリックします

iTunes(ミュージック)からサインアウトする方法5

Apple IDのサインイン画面が表示されるので「認証を解除」を選択しクリックします

iTunes(ミュージック)からサインアウトする方法6

Apple IDのパスワードを入力したら「認証を解除」を選択しクリックします

続いて「iCould」からサインアウトする方法を見てみましょう。

「iCould」からサインアウトする方法

「iCould」からサインアウトする方法1

「Appleロゴ」→「システム設定」と進みます。「システム設定」画面の左メニューにある「ユーザー名」を選択しクリックします。「Apple ID」画面のメニューが表示されるので、メニューの一番下にある「サインアウト」をクリックします

「iCould」からサインアウトする方法2

iCloudデータのコピーを残すかどうか尋ねるポップアップが表示されるので、残したい項目に「✓」を入れたら「コピーを残す」をクリックします

「iCould」からサインアウトする方法3

iCloud写真のコピーをダウンロードするかどうかを尋ねるポップアップが表示されるので「Macから削除」を選択しクリックします

次に「iMessage」からサインアウトする方法を見てみましょう。

「iMessage」からサインアウトする方法

「iMessage」からサインアウトする方法1

Dockにある「iMessage」をクリックします

「iMessage」からサインアウトする方法2

メニューバーにある「メッセージ」をクリックします

「iMessage」からサインアウトする方法3

プルダウンメニューが表示されるので「設定」を選択しクリックします

「iMessage」からサインアウトする方法4

iMessageの設定画面の上にメニューがあり、その中にある「iMessage」をクリックします。表示されるメニューの中に「サインアウト」があるので選択しクリックします

「iMessage」からサインアウトする方法5

確認ポップアップが表示されるので「サインアウト」をクリックします

・NVRAMのリセット

3番目に行う作業は、NVRAMのリセットです。NVRAMとは、Macのハードウェアのデータを保存する特別なメモリのことです。NVRAM(PRAM)のリセット方法を以下にまとめるので参考にしてください。

1.Macの電源を落とす
2.再度電源を入れたらすぐに「command」キー、「option」キー、「P」キー、「R」キーを同時に長押しする
3.Macが再起動しますが、2度目の起動音が鳴ったら指をすべてのキーから放す
4.NVRAM(PRAM)がリセットされデフォルトの状態に戻る

・Bluetoothデバイスの解除

4番目に行う作業は、Bluetoothデバイスの解除をすることです。

Bluetoothデバイスの解除1

「システム設定」画面に戻り、左メニューの中にある「Bluetooth」を選択しクリックします。「自分のデバイス」の中に、接続されているBluetoothデバイスが表示されているので「i」アイコンをクリックします

Bluetoothデバイスの解除2

「接続解除」をクリックします

【Mac】初期化(工場出荷状態に戻す)する方法を解説!のページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスAppleMacMacBookMacBook Pro初期化Macの使い方】の最新ニュースをいち早くお届けします。