iPhone14 Proそっくり、Letvの新型スマホ「S1 Pro」が話題!

Appleから2022年9月に発売されて以来、家電量販店やキャリアショップのスマートフォンフロアの顔として扱われる「iPhone 14 Pro」。新しいディスプレイデザイン『Dynamic Island(ダイナミックアイランド)』や最新の『A16 Bionicチップ』を搭載し、ビジュアル・機能ともにiPhoneの新たな可能性を示している。iPhoneの最新機種であり、2023年も引き続き注目を集めているが、思わぬところでも話題となっている。中国社製から発表されたスマートフォンがiPhone 14 Proと酷似しているのだ。

名前にもそっくり要素?中国発Letvの新作スマートフォン

iPhoneのフラッグシップモデルだけに、真似されるのは避けられないのか…(画像は「IT之家」より引用)

iPhone 14 Proにそっくりだと言われるのは、中国のスマホメーカー・Letvが手掛けるAndroidスマートフォン「S1 Pro」だ。iPhone 14 Pro同様に“Pro”の名を持つ新作スマートフォンで、無駄のないフォルムにシンプルなデザインはiPhoneらしさがあるが、スマートフォン全般に共通する要素でもあり、この段階でそっくりと断定するには尚早である。しかし、見れば見るほど類似性が浮かび上がってくる。

まず、iPhone 14 Proの特徴であるディスプレイデザイン『Dynamic Island』だが、従来のディスプレイ上部に切れ込みのあるノッチ型から改めたパンチホール型となり、インカメラだけを前面に配置しその他周辺はディスプレイで覆われている。メリットとしては、パンチホール部分が変動するため多様なディスプレイ・アニメーション演出が可能になる。「S1 Pro」もパンチホール型を採用し、ディスプレイ面はそっくりと言って差し支えないビジュアルだ。

Androidスマートフォン「S1 Pro」

(画像は「IT之家」より引用)

AppleのiPhone 14 Pro

こちらはAppleのiPhone 14 Pro(画像は「Amazon」より引用)

iPhone 14 Proの背面については、3眼レンズが目を引くデザインで、カメラの存在感がありながらも目立ちすぎることなく全体で調和している点が特徴だ。一方の「S1 Pro」も3眼リアカメラを備えている。3眼レンズは2020年代に入りスマホカメラの定番となり、多くのスマホで取り入れられているだけに、「S1 Pro」だけがそっくりと言われるのは、やはりディスプレイ面の類似性ゆえか。

類似の背景にはiPhoneの影響力が関係?

(Image:mokjc / Shutterstock.com)

iPhoneとAndroidと熾烈なシェア争い。そのなかでもiPhoneの影響は顕在か

iPhone 14 Proのモチーフ疑惑がかけられている「S1 Pro」だが、考え方を変えるとiPhoneの影響力はいまだに顕在と言える。日本市場においては6割以上のシェアを誇るiPhoneだが、海外市場では7割以上をAndroidが占めている。メーカーもサムスン電子やシャオミなどがアジア勢が世界的に認知され、iPhoneは数あるスマートフォンのひとつとされる。そのなかにあっての、今回のそっくり疑惑である。世界的メーカーが切磋琢磨するスマートフォン業界でも、iPhoneのデザイン性や技術はそれらの参考になっているのではないか。

グローバルメーカーも注目するiPhoneだけに今後の動向に目を向けると同時に、世間に話題を振りまく世界のスマートフォン事情にも注目したい。

参照元:【SHIFT ASIA
引用元:【IT之家

※サムネイル画像は(Image:​「IT之家」より引用)

オトナライフ編集部
iPhone・Android・SNS・パソコン関連・キャッシュレス、QRコード決済など、さまざまな情報を独自の視点や切り口で発信するニュースサイト
Twitter:@otonalife

生活をもっと楽しく刺激的にする[オトナライフ]

iPhone14 Proそっくり、Letvの新型スマホ「S1 Pro」が話題!のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidAndroidiPhoneAppleiPhone 14iPhone 14 ProiPhoneの話題S1 ProLetv】の最新ニュースをいち早くお届けします。