【最新】ユニクロ(UNIQLO)セルフレジの仕組み・使い方を写真付きで解説!

「ユニクロ(UNIQLO)」といえば、シンプルなデザインで高機能な衣料品がリーズナブルに購入できることで人気がありますよね。そのようなユニクロでは、最近セルフレジを導入する店舗が増えています。でも、いったいどうやって使えばいいのでしょうか? そこで今回は、ユニクロのセルフレジの仕組みと、具体的な使い方を写真付きでじっくり解説します。

ユニクロのセルフレジはどんな仕組みになっている?

最近、人手不足もあってスーパーマーケットやコンビニ、100円ショップなどでも、積極的にセルフレジが導入されています。

今回紹介する人気のファストファッション「ユニクロ(UNIQLO」)でも、セルフレジを導入している店舗が増えてきました。

ユニクロのセルフレジ

こちらがユニクロのセルフレジ。もちろん有人レジも残されているが、現在はセルフレジを使う人のほうが多い様子(筆者撮影)

たとえば、ユニクロの有人レジに人が並んでいるときは、空いているセルフレジを使ったほうが早いのですが、いったいどうやって使えばいいのでしょうか? 

そこで今回は、ユニクロのセルフレジの仕組みと使い方を写真付きでじっくり紹介します。

まず、ユニクロのセルフレジが対応する支払い方法は、現金、クレジットカード、電子マネー(交通系ICカード含む)、QRコード決済です。ほとんどの支払い方法に対応しますが、事前にどのような決済方法が利用できるか確認しておきましょう。

ユニクロのセルフレジが対応する支払い方法

ユニクロのセルフレジには、このように決済方法が表示されているはずだ。現金、クレジットカード、電子マネー、スマホのQRコード決済など、主要な決済手段がほとんど利用できる(筆者撮影)

ユニクロで利用可能な決済方法

【現金】
【クレジットカード】Visa/Mastercard/JCB/American Express/ダイナース/銀聯(UnionPay)
【電子マネー】QUICPay(クイックペイ)/iD(アイディー)/WAON/nanaco/楽天Edy
【交通系ICカード】Suica/PASMO/ICOCA/Kitaca/TolCa/SUGOCA/nimoca/はやけん
※PiTaPaは利用不可
【QRコード決済】PayPay/d払い/au PAY/メルペイ/UNIQLO Pay/ALIPAY/WeChat Pay
(店舗によって異なる場合があります)

次に、ユニクロのレジがどのような仕組みになっているのか確認しておきましょう。まず、セルフレジは中央に置かれたタッチパネルで操作するようになっています。

ただし、決済方法ごとに現金を入れる場所やQRコードを読み込む場所、クレジットカードや交通系ICカードのタッチ場所などは異なるので、事前に覚えておくとスムーズでしょう。

ユニクロセルフレジの仕組み

こちらがユニクロのセルフレジ。右側のトレイに商品を置き、タッチパネルで操作するスタイルだ。ただし、決済方法ごとに操作が異なるので、しっかりチェックしておこう(筆者撮影)

また、スーパーやコンビニのセルフレジでは、通常、商品のバーコードを一つひとつリーダーで「ピッ!」と読み取っていきますが、ユニクロではそのような作業は不要です。

実は、ユニクロの商品タグにはICタグの「RFID」が埋め込まれており、右側の商品トレイに、商品を置くだけで自動的に商品の数や値段を読み取ってくれるのです。

意外とハイテクで最初はビックリするでしょうが、これがユニクロのセルフレジの大きな特徴になっています。

ユニクロの商品タグにはICタグの「RFID」が埋め込まれている

ユニクロの商品についているタグには「RFID(ICタグ)」が埋め込まれている。これで商品数と値段を的確に読み取ってくれる(筆者撮影)

【最新】ユニクロ(UNIQLO)セルフレジの仕組み・使い方を写真付きで解説!のページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフキャッシュレスQRコード決済ユニクロセルフレジ】の最新ニュースをいち早くお届けします。