「いま令和、何年?」と聞かれたら…一瞬でわかる計算式が話題!

明治、大正、昭和、平成と年号は時とともに移り変わり、現在は令和の時代だ。令和も今年で5年目となったわけだが、ふと、今が令和何年なのかを聞かれた時、すぐにパッと答えられない人は意外と多そうである。

2023年1月15日に投稿された、やも@yamo_onlineさん「旦那が資料作るたびに「いま令和何年?」と聞いてくるので、これを教えてあげました。」というツイートには、今が令和何年なのかが一瞬でわかる計算式が添えられていた。この投稿には、8.5万件を超える「いいね」がついており、ツイッター上で大きな話題となっている。

今回は、こちらのツイートに関する詳細と、リプライ欄に寄せられたさまざまな意見をご紹介します。

西暦を令和になおす計算式!!

ツイートに添付された画像には、西暦を令和に直す式が記載されている。それでは、さっそく解説していこう。

西暦を令和になおす計算式

令和何年か一瞬でわかる方法(画像は「やも(@yamo_online)」さん提供)

まず、最初に「令和=018(れいわ)」という、ごろ合わせの数字を覚えてほしい。次に、令和何年なのか知りたい西暦の下二桁から、先ほどの「018」を引き算する。

たとえば、今年は2023年なので、下二桁の「23」から「018」を引いて、「23-18」という式を作ってほしい。答えは皆さんもご存じ「5」なのだが、これが令和の年数にあたるため、2023年は令和5年ということになるのだ。

令和は2019年の5月1日からスタートした年号なので、逆に言えば下二桁が「-18」できない数字の場合は平成である。公的な書類は基本的に年号で記載するものが多いので、「今って、令和何年だったっけ?」と悩んだ際は、ぜひ今回の式を使ってチェックしてみてはいかがだろうか。

西暦何年かについては覚えるしかない

このツイートを見たツイッターユーザーたちからは、「私もいつもワケわかんなくなるので、旦那様のお気持ちわかります…!やもさんの図解でバッチリ! 覚えましたー!」と、実際に自分も混乱することがあるので、今回の式をさっそく覚えたとの声や「印刷して貼っておきたいです!!」と、忘れかけた際に見返せるようプリントアウトしたいとの声など、さまざまなコメントがリプライ欄には書き込まれている。

しかし、コメントの中には、「これは!と思い旦那に教えたところ「西暦何年か覚えていないとダメじゃん」って言われて、もう問題外でした。覚えとけよそっちは。」と、この計算式をめぐって、家庭内でやや斜め上のやり取りがあったとの報告も寄せられていた。さすがに、今が西暦何年かについては、ライフハックでカバーできないので、なんとか自力で覚えていただきたいところである。

西暦を平成に変換したい場合の計算式は?

なお、西暦を平成にしたい場合は、西暦の末尾二桁に「12」を足した数字の下二桁が平成の年となる。1990年であれば、「90+12」で答えは「102」なので、下二桁の「02」から平成2年。2002年であれば、「02+12」で「14」なので、平成14年となる。余力がある方は、こちらの式もあわせて覚えておくと、何かの時に役立つかも知れない。

ただし、平成も令和も1月1日ちょうどにスタートしたわけではないので注意が必要だ。2019年は令和のイメージが強いが、令和元年の初日は2019年5月1日なので、2019年1月1日から4月30日までに生まれた人は、平成生まれということになる。筆者の知り合いは1989年の1月3日生まれなのだが、平成は1989年の1月7日からスタートしたので、ギリ昭和生まれなのだそうだ。

もうすぐ節分の時期だが、神社やお寺で厄除けの祈祷などを申し込む際、お子さんや身内の誕生日を年号で正確に伝えなければならない場合は、上記のことにも気を付けよう。

今が令和何年なのかが、すぐにわかる今回のツイート。投稿者のやもさんが作った画像には、ゆるくかわいいイラストも添えられているので、小さなお子さんでも直感的に計算式を覚えられそうだ。もしも、いざという時に今回の式を忘れてしまいそうであれば、この機会にツイートをブックマークしておこう。

※サムネイル画像(Image:「やも(@yamo_online)」さん提供)

花澤瑠衣
編集/ライター・動画ディレクター。SNS全般が得意。推しスマホはGooglepixel。猫が好き。趣味は読書と酒。ルポタージュばかり読んでいる。

Instagram:@lui0710

「いま令和、何年?」と聞かれたら…一瞬でわかる計算式が話題!のページです。オトナライフは、【SNSで話題令和Twitterで話題】の最新ニュースをいち早くお届けします。