【2023最新】iPhone買うならどの機種がおすすめ?いま買うべき機種・避けるべき機種

iPhoneを買うならどの機種がおすすめ? | CPU性能・カメラ性能で選ぶ場合

CPU性能・カメラ性能を重視してiPhoneを購入するなら、やはり最新のiPhone 14シリーズがおすすめです。

iPhoneを買うならどの機種がおすすめ? | CPU性能・カメラ性能で選ぶ場合

カメラ性能で選ぶ場合は、iPhone 14シリーズ一択です。標準モデルの背面カメラは、1200万画素のメインカメラと超広角のデュアルカメラで構成されています。画素数はiPhone 13シリーズと同等ですが、メインカメラより大きい1.9µmピクセルのセンサーを搭載。より明るいカメラになったことで動きを捉える性能が向上し、質感や精細さをとらえ鮮やかな色を実現します。ナイトモードの露光は2倍明るくなっています。(画像は「AppleInsider」より引用)

CPU性能でもiPhone 14 Pro/ 14 Pro Maxが最も優れていますが、実はiPhoneシリーズのCPU性能はiPhone 13と14ではあまり差がありません。一世代前のiPhone 13や、利用目的がメールやチャットなど軽めの処理であれば、iPhone12シリーズやiPhone SEも視野に入ります。

機種 チップ(CPUコア/GPUコア) 処理性能 描画性能
Phone 11
iPhone 11 Pro/11 Pro Max
iPhone SE2
A13 Bionic 3429 691
iPhone 12/12 mini
iPhone 12 Pro/12 Pro Max
A14 Bionic 4247 1000
iPhone 13/13 mini A15 Bionic (4コア GPU) 4777 1200
iPhone 13 Pro/13 Pro Max
iPhone 14/14 Plus
A15 Bionic (5コア GPU) 4777 1500
iPhone 14 Pro/14 Pro Max A16 Bionic 5355 2000

iPhone 11からiPhone 12にかけての描画性能の上昇には特筆すべきものがあり、iPhoneを動画鑑賞やゲーム目的で利用している方は基本的に「新しい機種ほどおすすめ」となります。

一方で、主な用途がメールやチャット、電話など比較的軽い処理に限られる人であればエントリークラスのiPhone12シリーズやiPhone SEでもある程度満足できるでしょう。

iPhoneを買うならどの機種がおすすめ? | 中古端末を購入する場合

近年のiPhoneにはホームボタンが搭載されていません。しかしiPhoneのホームボタンにはTouch IDが利用できる点や、押すだけでホーム画面に戻れて分かりやすいといった利点があり、復活してほしいという声も多く根強い人気があります。

そのため、中古市場ではホームボタンがあるiPhoneの人気が高いです。

iPhoneを買うならどの機種がおすすめ? | 中古端末を購入する場合

ホームボタンがあり、価格と性能バランスが良いiPhone SE(第2世代)がフリーマーケットサイト「ムスビ―」における2022年の年間中古スマホランキングの第1位に輝きました

中古スマホの人気機種についての詳細はこちらをご覧ください。

中古でiPhoneを買うなら、ホームボタンがある機種としては比較的新しく、性能と価格のバランス面から、基本的にiPhone SE(第2世代)を選んでおけば間違いありません。

iPhoneのおすすめしない/買うべきではない機種 | 発売から4~5年程度経っている機種

iPhoneのリチウムイオンバッテリーは、通常の条件下で使用した場合、フル充電サイクルを500回繰り返しても最大80%の容量を維持するよう設計されています。一般的な使い方では、おおむね3年程度経つと「バッテリー持ちが悪くなった」と感じるユーザーが増えてきます。

iPhoneのバッテリーの劣化を防ぐ技についてはこちらをご覧ください。

とはいえiPhoneのバッテリー寿命はユーザーの使い方によって異なるため、4~5年程度経っても状態の良い端末も多く存在します。そのため日本の中古市場では、2017年に発売されたiPhone 8の人気が根強いです。

iPhoneのおすすめしない/買うべきではない機種 | 発売から4~5年程度経っている機種

強い人気を保つ「iPhone 8」。状態の良い端末も多く存在するものの、リチウムイオンバッテリーは劣化すると膨張し、最悪発火や破裂といった危険があります。また、古い端末を買うとバッテリー交換が必要になり、手頃な値段で端末を購入できたとしても、バッテリー交換で結局高くつくケースがあります

バッテリーが劣化している恐れのある発売から4年~5年経っている端末、iPhoneのシリーズだとiPhone 7以前の機種を買うことはあまりおすすめできません。

iPhoneのおすすめ機種や選び方についてよくある質問

iPhoneのおすすめ機種や選び方についてよくある質問をまとめました。

どの機種を選ぶべきか迷った際の「選び方」は?

エントリークラスのiPhoneを選ぶのがおすすめです。iPhone11、iPhone SE(第2世代)、iPhone SE(第3世代)が該当します。とくに価格と性能のバランスがよく、中古市場でも人気があるのはiPhone SE(第2世代)です。迷ったらiPhone SE(第2世代)を選びましょう。

ストレージ容量は何GBがおすすめ?

写真や動画をたくさん撮影し、App Storeのアプリもいろいろ利用したい場合は、128GB~256GBとある程度の容量があるモデルがおすすめです。おすすめのiPhone SE(第2世代)には、128GB、256GBのモデルがあるので、用途と予算に合わせていずれかの容量を選ぶといいと思います。

とにかく大容量のモデルを求めている場合は、iPhone 13 Pro以降の機種を選びましょう。iPhone 13 Pro以降では1TB=1,000GBのモデルが登場したからです。YouTubeへ投稿するために動画の撮影を大量に行う人や、高画質の写真を容量を気にせず保存したい場合は、1TBモデルがおすすめです。

まとめ | いま買うべき機種はiPhone 14シリーズとiPhone SEシリーズ

今回はiPhoneのおすすめ機種をさまざまな側面からご紹介しました。

性能面では新モデルのiPhone 14シリーズがやはりおすすめです。iPhone 13 Proから登場したストレージが1TBの大容量モデルも用意があり、iPhone 14 Proも対応しているので、性能も容量も求める人にも満足できるモデルとなっています。ただし、高価格であることも事実です。

価格と性能のバランスが取れているのは、iPhoen SEシリーズでしょう。とくにiPhone SE(第2世代)は中古市場でも人気があり、動画をあまり撮ることがなくメールやチャットが主な用途であれば、2023年現在でも十分実用に耐える性能を有しています。

避けるべき機種は、iPhone 8より前の機種です。iPhone 8のひとつ前のモデルであるiPhone 7は、2016年9月発売の機種で、発売日から6年以上が経過しています。すでにiOSのアップデート対象から外れており、また端末によってはバッテリーが劣化しているおそれがあります。購入するならiPhone 8以降の機種を選んでおく方が無難です。

※サムネイル画像(Image:Framesira / Shutterstock.com)

オトナライフ編集部
iPhone・Android・SNS・パソコン関連・キャッシュレス、QRコード決済など、さまざまな情報を独自の視点や切り口で発信するニュースサイト
Twitter:@otonalife

生活をもっと楽しく刺激的にする[オトナライフ]

【2023最新】iPhone買うならどの機種がおすすめ?いま買うべき機種・避けるべき機種のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidiPhoneAppleiPhone 13iPhone 12iPhone 14iPhone SE3】の最新ニュースをいち早くお届けします。