【2023】レシート買取アプリの仕組みと危険性 | 安全性の高いおすすめアプリも紹介

レシート買取アプリを使うと、レシートを買い取ってもらって現金やギフト券を入手できます。とはいえ「買取の仕組み」と「危険性」を理解したうえで使っていきたいもの。

【2023】レシート買取アプリの仕組みと危険性 | 安全性の高いおすすめアプリも紹介

レシート買取アプリは、買い物でもらったレシートを買い取ってくれるアプリのこと。貯まったお金は現金やギフト券などと交換できます。「powl」「CODE」「ONE」などが人気のレシート買取アプリです

【2023】レシート買取アプリの仕組みと危険性 | 安全性の高いおすすめアプリも紹介2

ちなみに筆者は2023年1月18日、実際に「CODE」を使ってレシートを買い取ってもらいました。このように店舗名や店舗連絡先、買い物した日時、合計金額、買い物した商品が登録されます

アプリ登録時に年齢や性別を入力するため、ユーザーが提供したレシートから企業は「どのような属性の人がいつ・どこで何を買っているのか」が分かります。逆に言えば、レシート情報とアプリに登録する口座情報から「誰がいつ・どこで何を買ったか」も分かることになります。そのため、個人が特定されるリスクがあるのでは?と心配になる方も多いでしょう。

今回はレシート買取アプリの仕組みと危険性、おすすめのアプリを紹介します。

レシート買取アプリの仕組みとは

レシート買取アプリの仕組みについて説明します。

レシート買取アプリの仕組みとは

ユーザーがアプリを使ってレシートを売却すると、アプリ会社は匿名の購買データとしてレシート情報を必要としている企業に売却します。つまりレシートを売却したい消費者と情報が欲しい企業の仲介役を担っているのが「レシート買取アプリ」なのです。買い物後の不要なレシートでも、企業にとっては「何が買われたのか」が分かるため、買取価値があるものとなります

レシート買取アプリの危険性

前述の通り、レシート買取アプリから情報を受け取った企業は「どのような属性の人がいつ・どこで何を購入したか」が分かります。また、アプリに口座登録をしている場合、レシート情報と組み合わせることで「誰がいつ・どこで何を買ったか」も分かることになります。

もちろんアプリ会社は買い取ったレシート情報をそのまま企業に提供するわけではなく、匿名処理したうえで提供しているため個人情報が特定される危険性はほとんどありません。

とはいえレシートを撮影する際は、念のため不要なクレジットカード情報などは隠すなどして撮影するよう心がけましょう。

レシート買取アプリの危険性

レシート買取に必要なのは、店舗名や購入日、商品名、合計金額です。なので担当者名や端末番号、ポイント情報などは隠してOK。クレジットカードの決済情報も不要なのでレシート撮影時は隠すように心がけましょう

個人情報をできるだけ入力せずにアプリを利用するのも1つの手

レシート買取で貯めたポイントやお金は、現金に交換できます。ただし現金に交換する場合は住所のほか、アプリで銀行口座登録や身分証明書を提出しなければなりません。個人情報をできるだけ入力したくない場合はギフト券や他社ポイントに交換するのがおすすめです。現金以外の交換であれば、電話番号やメールアドレスの登録だけで済みます。

今回紹介するおすすめのレシート買取アプリは、運営会社の信頼性が高いアプリです。なおかつ口座情報の登録不要でポイントをギフト券や商品券に交換できるかどうかも重視しながら紹介します。

【2023】レシート買取アプリの仕組みと危険性 | 安全性の高いおすすめアプリも紹介のページです。オトナライフは、【マネーポイ活レシートCODEPowlONE】の最新ニュースをいち早くお届けします。