【復活】どんなときもWiFi for レンタルは本当にお得?料金やメリット・注意点、他社との比較

2020年10月31日に完全無制限プランのサービスを終了した「どんなときもWiFi」。2021年7月27日から新サービス「どんなときもWiFi for レンタル」として、あらたに提供が開始されました。

【復活】どんなときもWiFi for レンタルは本当にお得?料金やメリット・注意点、他社との比較1

「どんなときもWiFi for レンタル」は、1日または1カ月単位でポケット型WiFiをレンタルできるサービス。プランは1日あたりのデータ容量が3GBと5GBの2つがあります。2年や3年の長期縛りがないので、短期間だけ利用したい人に向いています(画像は「どんなときもWiFi for レンタル」公式サイトより引用)

●どんなときもWiFi for レンタルは→こちら

「どんなときもWiFi for レンタル」の前身、「どんなときもWiFi」は、かつて大反響を呼びました。

しかし、運営会社のグッド・ラックいわく「想定を遙かに上回るテラを超えるお客様もおり、結果上位5%のお客様で総容量の20%を占める状態となり、事業の採算上サービスの継続が困難」という状況に。総務省の行政指導を受け、サービス終了に至った経緯があります。

【復活】どんなときもWiFi for レンタルは本当にお得?料金やメリット・注意点、他社との比較2

「どんなときもWiFi」はクラウドSIMの仕組みを利用し、データ通信が「無制限で使い放題」を謳っていましたが、2020年2月以降に通信障害が発生。4月には新規受付停止、6月19日には総務省が運営会社のグッド・ラックに対して、電気通信事業法の順守を求める行政指導を敢行。10月にサービス提供終了に至りました(画像は「株式会社ALL CONNECT/PR TIMES」より引用)

過去の困難を乗り越え、レンタルサービスとして復活した「どんなときもWiFi for レンタル」。結論から言えば、SIMカード不要で1日単位で利用可、返却は発送時に同梱されているレターパックプラスでポストから返却可能で使い勝手は抜群です。

一方、データ無制限の「5G CONNECT」と3か月単位での利用料金で比較すると、やや割高。また、データ通信量の制限が厳しい点にも要注意です。総じて便利ですが「割安」とはいえないでしょう。

どんなときもWiFi for レンタルとは? | ポケット型WiFiを短期間レンタルできる

かつてサービス終了したクラウドSIMの仕組みを持ったWiFiサービスが、レンタルで復活した「どんなときもWiFi for レンタル」。

「どんなときもWiFi for レンタル」の概要は以下の通りです。

エリア au LTE回線提供エリア
利用料金 1日3GBプラン 1日330円(1か月上限6,600円)
1か月(30泊31日)4,950円
大容量プラン
(1日5GBプラン)
1日440円(1か月上限8,800円)
1か月(30泊31日)6,600円
往復送料 1,100円
レンタル安心保証オプション 1日44円(1か月上限440円)
1か月(30泊31日)440円
端末レンタル料金 無料
同時接続台数 最大5台まで
最大通信速度 下り150Mbps
上り50Mbps
支払方法 クレジットカードのみ
運営会社 株式会社グッド・ラック

クラウドSIMを利用しているので、レンタル端末一式の中にSIMカードは同梱されていないのが大きな特長です。回線はドコモのネットワークを利用しています。

どんなときもWiFi for レンタルの料金は?

どんなときもWiFi for レンタルでは、データ容量が1日3GBと1日5GB、2つのプランを用意しています。

どんなときもWiFi for レンタルの料金は?

長時間動画視聴やオンライン会議、オンライン授業などを行う人は、大容量の1日5GBプランを契約したほうが安心です。最低限ネットに繋がることが目的なら1日3GBで十分でしょう(画像は「どんなときもWiFi for レンタル」公式サイトより引用)

なお、どんなときもWiFi for レンタルにはマンスリープランも用意されており、2週間以下ならデイリープラン、16日以上利用するならマンスリープランで契約した方が利用料金が安くなります。

  デイリー マンスリー
1日3GB 330円
(1か月上限6,600円)
4,950円
(32日以上経過後は1日160円)
1日5GB 440円
(1か月上限8,800円)
6,600円
(32日以上経過後は1日213円)

どんなときもWiFi for レンタルのメリットは?

どんなときもWiFi for レンタルのメリットは以下の通りです。

・レンタルポケットWi-Fiとして業界最安値級
・返却が簡単

レンタルポケットWi-Fiとして業界最安値級のサービス

どんなときもWiFi for レンタルは、レンタルポケットWi-Fiとして業界最安値級のサービス。他社のサービスと料金を比較してみました。

【1週間利用した場合の合計金額】

サービス名 どんなときもWiFi WiFiレンタルどっとこむ WiFiレンタル屋さん
データ通信量 1日5GB
(合計35GB)
1日5GB
(合計35GB)
50GB
1週間の総合計金額 4,180円
(利用料金3,080円+送料1,100円)
4,539円
(利用料金3,472円+発送料550円+返却料517円)
4,530円
(利用料金3,430円+往復配送料1,100円)

【1カ月利用した場合の合計金額】

サービス名 どんなときもWiFi クラウドWiFi ゼウスWiFi
データ通信量 1日3GB
(合計90GB)
100GB 100GB
1週間の総合計金額 6,050円
(利用料金4,950円+送料1,100円)
7,018円
(利用料金3,718円+初期費用3,300円)
8,008円
(利用料金4,708円+契約事務手数料3,300円)

データ通信容量に多少の差はありますが、どんなときもWiFiの料金はお得なことがわかります。短期間でポケット型WiFiをレンタルする場合に、どんなときもWiFiはおすすめです。

レターパックプラスが同梱されているため返却が簡単

どんなときもWiFi for レンタルは端末時にレターパックが同梱されています。返却時はこのレターパックを利用できるので、簡単に返却することが可能。

 レターパックプラスが同梱されているため返却が簡単

端末配送時にレターパックプラスが同梱されており、返却はレターパックプラスに端末を入れ、ポストに投函するだけなので返却が簡単です(画像は「どんなときもWiFi for レンタル」公式サイトより引用)

どんなときもWiFi for レンタルを利用する際の注意点は以下の通りです。

・データ容量を超えると速度制限がかかる
・端末の紛失や故障などの場合は損害賠償費用が発生
・恒久的な利用はできない

データ容量を超えると速度制限がかかる

どんなときもWiFi for レンタルでは、1日に利用できるデータ量が決まっており、データ量の追加はできません。 データ量を使い切ってしまうと、翌日0時まで128kbpsの速度に制限されてしまいます。

端末の紛失や故障などの場合は損害賠償費用が発生する

どんなときもWiFi for レンタルの端末を、水濡れや破損などで故障させたり、紛失・盗難で端末を失くしたりした場合は、16,500円(税込)の機器損害金が請求されます。

なお、「レンタル安心保証」に加入していた場合、故障しても無償で交換できますが、紛失・盗難については通常16,500円発生する機器損害金を5,500円(税込)に減額できるに留まります。

恒久的な利用はできない

どんなときもWiFi for レンタルは短期利用向けのレンタルサービスです。以下の期間を越えると、未返却とみなされ回線の停止、機器損害金を請求されるおそれがあります。

・デイリータイプ:ご利用開始日~3カ月経過
・マンスリータイプ:ご利用開始日~6カ月経過

どんなときもWiFi for レンタルと他のレンタルWiFiとの比較は?

レンタルWiFiは「無制限での通信ができない」「中長期での利用に向かない」という特徴があります。

一方、光回線の場合は申し込みから開通までは平均で約1〜2か月、工事が混みあっている場合は3か月かかるケースも。

つまり、レンタルWiFiは光回線の工事が完了するまでの間の利用もおすすめ。そこで、「3か月の利用」を想定して、5G対応かつデータ無制限のWiMAXがレンタルできるサービス「5G CONNECT」と比較してみました。

【3カ月利用した場合の合計金額】

サービス名 どんなときもWiFi 5G CONNECT
データ通信量 1日5GB 無制限
3か月(90日)の総合計金額 20,267円
(利用料金マンスリー6,600円+213円×59日+送料1,100円)
18,150円
(利用料金月額4,950円×3か月+初期費用3,300円)

どんなときもWiFi for レンタルより5G CONNECTの方が2,000円程度安くなります。

どんなときもWiFi for レンタルの申し込み方法やキャンセル方法は?

どんなときもWiFi for レンタルはオンラインで申し込み、キャンセルを行います。

オンラインでの申し込み手順

どんなときもWiFi for レンタルは、Webフォームから申込むことが可能。
オンラインでの申し込み手順は以下の通りです。なお、スマートフォン(iPhone)を使って解説しますが、PCからのアクセスでも入力内容や手順は同様です。

まず、どんなときもWiFi for レンタルのお申込みフォームへアクセスします。

オンラインでの申し込み手順1

【1】どんなときもWiFi for レンタルのお申込みフォームへアクセスすると「商品選択」画面になります。「希望のプラン(デイリータイプかマンスリータイプか)」「契約台数」「端末のカラー」「レンタル安心保証オプション」を選択し、「次のページへ進む」をタップします

オンラインでの申し込み手順2

【2】「お客様情報入力」ページに移ります。「名前」「生年月日」「電話番号」「メールアドレス」「住所」「希望のお届け日」「利用回数」「支払い情報(クレジットカード情報)」を入力し、「次のページへ進む」をタップします

オンラインでの申し込み手順3

【3】「内容確認」画面へ移ります。入力情報を確認し、「重要事項説明書」「契約約款」「プライバシーポリシーについて」を確認し、同意のチェックを入れ、「上記に同意して申し込む」をタップすれば申し込みの完了です

キャンセル料について

レンタル端末発送前のキャンセルは無料、発送済で未受け取りの時は送料のみの請求となりますが、受け取り後は送料と利用料金が請求されます。なお、どんなときもWiFi for レンタルは初期契約解除制度対象外のサービスです。

端末の初期不良でキャンセルしたい場合は、レンタル端末一式が届いて3日以内にサポートセンターまで電話またはメールで知らせる必要があります。

まとめ

ごく短期間だけポケットWiFiを利用したい場合を除き、基本的にはレンタルより購入したほうがお得です。 たとえば、検査入院で数日間だけ病院でインターネットを利用したい場合は、レンタルがおすうめ。 また、引っ越し先で光回線の工事が終わるまで1~2週間インターネットを利用したい場合も、ポケットWiFiのレンタルが便利です。

一方、利用期間が2か月以上におよび、かつ大容量通信をしたいといった場合にはやや力不足。5G CONNECTの方が容量、料金ともに満足できるでしょう。

オトナライフ編集部
iPhone・Android・SNS・パソコン関連・キャッシュレス、QRコード決済など、さまざまな情報を独自の視点や切り口で発信するニュースサイト
X/Twitter:@otonalife

iPhone/Androidスマホやキャッシュレス決済、SNS、アプリに関する情報サイト[オトナライフ]

関連記事

【復活】どんなときもWiFi for レンタルは本当にお得?料金やメリット・注意点、他社との比較のページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスWi-Fiネット回線ポケットWi-Fi光回線】の最新ニュースをいち早くお届けします。