【値上げ】Microsoft 365とOffice製品を価格改定! – 無料Googleアプリに乗り換えの好機!?

おなじみのデジタルツールにも値上げの春が訪れてしまった。5月12日、Microsoft 365 およびOffice 製品の価格改定が発表された。大手電力7社の電力料金の6月使用分からの値上げが政府に了承されるなど、家計への厳しさが増すなかで愛用するサービスの値上げは避けたいところ。そこで日本マイクロソフトが値上げに踏み切った背景、6月以降の料金について紹介したい。

対象はMicrosoft 365とOffice全26製品、値上げ幅は8.7%~16%に

Microsoft 365 およびOffice 製品の価格改定

今回、一番値上げ幅が大きかったのは「Microsoft 365 Personal」1カ月版の16%。12カ月版と15カ月版は同価格なので、長期で契約するなら5月中がオトクだ(画像は「Windows Blog for Japan」より引用)※画像は一部編集部で加工しています

日本マイクロソフトによると、価格改定の理由を「ソフトウェア製品およびオンラインサービスの現地価格の影響を定期的に評価、地域間の合理的な整合性を確保し調整した結果」としている。要するに、近年の円安の影響を受けて、値上げに踏み切った形だ。

一例をあげると、サブスクリプションの「Microsoft 365 Personal」は、1カ月の利用料金は1,167円から1,354 円に、12カ月版では11,800 円から13,545 円になる。また、買い切り型のWord、Excel、PowerPoint、Outlookなどが含まれる「Office Home & Business2021」は34,800 円から39,982 円となり、値上げ幅は平均で15%。

Microsoft 365およびOfficeシリーズの2023年6月1日以降の販売価格(税抜)は以下の通り。

■Microsoft 365

製品名 現行価格 新価格
Microsoft 365 Family 1カ月版 1,682円 1,909円
Microsoft 365 Family 12カ月版 16,727円 19,091円
Microsoft 365 Family 15カ月版 16,727円 19,091円
Microsoft 365 Personal 1カ月版 1,167円 1,354円
Microsoft 365 Personal 12カ月版 11,800円 13,545円
Microsoft 365 Personal 15カ月版 11,800円 13,545円
Microsoft 365 Basic 1カ月版 208円 236円
Microsoft 365 Basic 12カ月版 2,040円 2,218円
Microsoft 365 Business Standard 16,320円 18,764円

■Office

製品名 現行価格 新価格
Office Home & Business 34,800円 39,982円
Office Personal 29,800円 34,273円
Office Professional 59,800円 68,773円
Office Professional Academic 27,800円 31,973円
Office Home & Student for Mac 23,800円 27,255円
Office Academic for Mac 16,800円 19,318円
Word 2021 16,276円 18,718円
Excel 2021 16,276円 18,718円
PowerPoint 2021 16,276円 18,718円
Outlook 2021 16,276円 18,718円
Access 2021 16,276円 18,718円
Publisher 2021 16,276円 18,718円
Project Standard 95,800円 109,800円
Project Professional 159,800円 183,173円
Visio Standard 45,800円 52,873円
Visio Professional 86,800円 99,682円

この発表を受けて、早くもECサイトや家電量販店では、Office5月中の駆け込み購入のキャンペーンを行う店舗も。

”基本無料”のGoogleドキュメント・スプレッドシートに乗り換える?

基本無料”のGoogleドキュメント・スプレッドシート

Googleアプリは無料で使用でき、GoogleChomeの初期ページからを起動することができる。(画像は著者撮影)

文書作成や表計算といえば、Googleが「Googleドキュメント」や「Googleスプレッドシート」といった無料のサービスを展開している。Officeでは、高額なHome & Businessに入るプレゼンテーションアプリ「PowerPoint」と互換性のある「Googleスライド」も無料で提供され、いずれもマイクロソフト製のものと遜色なく使えるレベルだ。

むしろ、リモートワークなどでは、クラウド上でファイルの保存や複数人で共有・編集できるGoogleのアプリの方が使い勝手のよい場合すらあり、今までMicrosoft365に課金していたが、これを機に乗り換えようかと考えるユーザーもいるようだ。SNSでは「もう、Officeにこだわる必要性を感じない」という声もあり、個人ユーザーのOffice離れが増える可能性は高い。

いずれにせよ、OfficeアプリやMicrosoft 365の値上げは決定している。購入・契約の必要がある人は、5月中にしておくことを強くオススメしたい。

引用元:【Windows Blog for Japan

※サムネイル画像は(Image:​「Windows Blog for Japan」より引用)※画像は一部編集部で加工しています

オトナライフ編集部
iPhone・Android・SNS・パソコン関連・キャッシュレス、QRコード決済など、さまざまな情報を独自の視点や切り口で発信するニュースサイト
X/Twitter:@otonalife

iPhone/Androidスマホやキャッシュレス決済、SNS、アプリに関する情報サイト[オトナライフ]

関連記事

【値上げ】Microsoft 365とOffice製品を価格改定! – 無料Googleアプリに乗り換えの好機!?のページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスGoogleMicrosoftMicrosoft 365】の最新ニュースをいち早くお届けします。