【完全ガイド】LINEアカウント、トーク履歴の引き継ぎ方法とバックアップ方法

LINEは日本国内でもっとも人気のあるメッセージアプリですが、機種変更の際などに「アカウント」「トーク履歴」を正しく引き継ぐ方法がややわかりにくいという難点があります。

【完全ガイド】LINEアカウント、トーク履歴の引き継ぎ方法とバックアップ方法(Image:slyellow / Shutterstock.com)

アカウントとトーク履歴を引き継ぐ方法は「以前のスマホが手元にあるか、無いか」を基準にするとより分かりやすくなります。本記事では、LINEアカウントの引き継ぎとトーク履歴のバックアップ方法について、わかりやすく解説します。

【目次】

LINEアカウントの引き継ぎの主な流れ
以前のスマホが手元にある場合:「かんたん引き継ぎQRコード」で引き継ぐ
以前のスマホが手元に無い場合:機種変更時にLINEを引き継ぐ
iPhone同士での引き継ぎの場合:クイックスタートで引き継ぐ
iPhone同士での引き継ぎの場合:Apple IDで引き継ぐ
LINEアカウントの引き継ぎに失敗しないための事前のチェックポイント
まとめ

LINEアカウントの引き継ぎの主な流れ

LINEアカウント引き継ぎの流れを、以前のスマホが手元にある場合と、ない場合のそれぞれでご紹介します。

以前のスマホが手元にある場合

以前のスマホが手元にある場合、アカウント移行前にバックアップが取れるため、確実にトーク履歴などを引き継ぐことができます。

以前のスマホが手元にある場合1

引継ぎの手順は次の通りです。①新しいスマホのセットアップを行います。②旧スマホのLINEアプリでトーク履歴をバックアップします。③[かんたん引き継ぎQRコード]からQRコードを表示させ、新スマホで読み取ります。④新スマホのLINEアプリでトーク履歴を復元します。⑤LINEスタンプなどは再ダウンロードが必要になります

以前のスマホが手元にない場合

以前使っていたスマホが手元にない場合もアカウントの引き継ぎは可能ですが、トーク履歴を復元できない可能性が高くなります。

以前のスマホが手元にない場合1

引継ぎの手順は次の通りです。①新しいスマホのセットアップを行います。②LINEアプリを起動し、電話番号認証とパスワードの入力でログインします。➂トーク履歴を復元します。④LINEスタンプなどは再ダウンロードが必要です

以前のスマホが手元にある場合:「かんたん引き継ぎQRコード」で引き継ぐ

以前のスマホが手元にある場合、「かんたん引き継ぎQRコード」でデータを簡単に引き継ぐことができます。

古いスマホでLINEアプリを最新版にアップデート

まずLINEのアプリが最新版にアップデート出来ているか確認しましょう。LINEのバージョンが最新ではない場合、QRコードを利用した超簡単な「かんたん引き継ぎ」が利用できない可能性があります。

最新版か確認する方法は以下の通り。

iPhoneの場合、「App Store」アプリを開きます。

古いスマホでLINEアプリを最新版にアップデート1

【1】右上のアカウントアイコンをタップします。【2】アカウント画面を下にスクロールして、LINEアプリを探します。LINEの横に「アップデートボタン」があった場合には、タップしてアップデートしましょう。「開く」ボタンの場合には最新の状態にアップデートされています

Androidの場合、「Google Play ストア」アプリを開きます。

古いスマホでLINEアプリを最新版にアップデート2

【1】右上のアカウントアイコンをタップし、【2】メニューの「アプリとデバイスの管理」に進みます

古いスマホでLINEアプリを最新版にアップデート3

「概要」タブからアプリの更新状況が確認できます。アップデート未実施のアプリがあった場合には一覧で確認可能。LINEアプリを探し、「更新ボタン」をタップしてください

トークの写真/動画を保存する

LINEトーク内の写真や動画、PDFファイルは、復元の際に消えてしまう恐れがあるため、あらかじめ端末にダウンロードして保存しておくか、LINEのストレージ機能「Keep」や「アルバム」に保存しておくと良いでしょう。

トークの写真/動画を保存する1

【1】まずトーク画面を開き、①右上のメニューボタンをタップ。【2】写真・動画項目の右側にある②「>」ボタンをタップします

トークの写真/動画を保存する2

【3】③右上の「選択」ボタンをタップ。【4】④保存したい写真を選択します。⑤中央の矢印マークをタップします

トークの写真/動画を保存する3

【5】保存先として⑥「Keep」を選択すれば完了です

トークのバックアップ

バックアップを取らずアカウント移行作業をした場合、直近14日分のトーク履歴しか残っていないため、トーク履歴をすべて移行するには、バックアップをする必要があります。

iPhoneでLINEのトーク履歴をバックアップするには、まず設定アプリを開きます。

トークのバックアップ1

【1】端末名を選び「iCloud」をタップします。【2】「iCloud Drive」をオン(有効)にします

トークのバックアップ2

【3】「LINE」横のスライドボタンをタップします。【4】次にLINEアプリを起動し、ホームタブから歯車アイコンをタップします

トークのバックアップ3

【5】「トークのバックアップ」をタップ。【6】続いて、「PINコードを作成して今すぐバックアップ」に進みます

トークのバックアップ4

【6】バックアップ用のPINコード(6桁の数字)を入力し、矢印のマークをタップ。バックアップ用のPINコードは、バックアップを取っていない場合や異なるOS間での引き継ぎの場合でも、直近14日間分のトーク履歴が復元可能となります

Androidスマホの場合はLINEアプリを開き、ホームタブの歯車アイコン→「設定」→「トークのバックアップ・復元」→「PINコードを作成して今すぐバックアップ」→PINコードの作成でGoogleドライブにバックアップを取ることができます。

新しいスマホでLINEアプリをインストール、起動

LINEの復元を始める前に、引き継ぎ先の新しいスマホのセットアップを行いましょう。

新しいスマホでLINEアプリをインストール、起動1

新しいスマホのセットアップ完了後、LINEアプリをインストール、起動します

その後、ログイン方法を選びます。詳細は以下の項目でそれぞれ説明します。

「QRコードでログイン」をする

まずLINEアプリを起動します。

「QRコードでログイン」をする1

【1】①「ログイン」をタップ。【2】続いて②「QRコードでログイン」をタップします

「QRコードでログイン」をする2

【3】③「QRコードをスキャン」をタップ。【4】QRコードリーダーが起動します

続いて古いスマホで引継ぎ用のQRコードを表示させます。

古いスマホから引き継ぎQRコードを表示させて読み取る

古いスマホのLINEアプリを開きます。

古いスマホから引き継ぎQRコードを表示させて読み取る1

【5】④右上の歯車のマークをタップし、設定を開きます。【6】設定メニューから⑤「かんたん引継ぎQRコード」をタップ

古いスマホから引き継ぎQRコードを表示させて読み取る2

【7】表示されたQRコードを、先ほど起動した新しいスマホのQRコードリーダーで読み取ります。【8】読み込み完了後、新しいスマホで「以前の端末で本人確認する」という画面が表示されます

古いスマホから引き継ぎQRコードを表示させて読み取る3

【9】古いスマホのLINEアプリに「新しい端末でこのQRコードをスキャンしましたか?」と表示されるため、⑥「はい、スキャンしました」にチェックを入れて「次へ」をタップします。【10】次の画面で端末のロックを解除してください

新しいスマホでトーク履歴復元

続いて新しいスマホでLINEのトークの復元を行います。

新しいスマホでトーク履歴復元1

【11】「トーク履歴を復元」をタップし、バックアップデータを復元します。【12】次の画面で「次へ」をタップしてください。以上で引継ぎは完了となります(画像は「LINE」公式サイトより引用)※画像は一部編集部で加工しています

以前のスマホが手元に無い場合:機種変更時にLINEを引き継ぐ

前に使っていたスマホが手元にない場合は、機種変更時にLINEのデータを引き継ぐ必要があります。

新しいスマホでLINEアプリをインストール、起動

まず、新しいスマホLINEアプリをインストールし、開きます。

新しいスマホでLINEアプリをインストール、起動1

【1】「ログイン」をタップ。【2】続いて「電話番号でログイン」をタップします。その他、アップルや、Facebookのアカウントでもログインが可能

電話番号認証

続いて、電話番号認証を行います。

電話番号認証1

【3】スマホの電話番号を入力し、矢印ボタンをタップすると、SMSや音声通話にて電話番号認証番号が届きます。【4】届いた6桁の認証番号を入力します(画像は「LINE」公式サイトより引用)※画像は一部編集部で加工しています

パスワードを入力してログイン

続いて、パスワードを入力します。

パスワードを入力してログイン1

【5】「はい、私のアカウントです」をタップします。【6】事前に登録しておいたパスワードを入力して新しい端末にログインしてください(画像は「LINE」公式サイトより引用)※画像は一部編集部で加工しています

トーク履歴を復元

続いて、トーク履歴を復元します。

トーク履歴を復元1

【7】続いてトーク履歴を復元します。「トーク履歴を復元」をタップ。【8】次に事前に登録していたバックアップ用のPINコードを入力します(画像は「LINE」公式サイトより引用)※画像は一部編集部で加工しています

Android版LINEの場合は、バックアップを取ったGoogleアカウントを選択して、「トーク履歴を復元」、「PINコード」の入力と進んでください。

友だち追加設定

続いて友達追加の設定を行います。

友だち追加設定1

設定をオンにすると、電話帳に登録されている電話番号や端末の連絡先が友達に追加されます(画像は「LINE あんぜん引き継ぎガイド」より引用)※画像は一部編集部で加工しています

必要に応じて年齢確認

年齢確認は、LINE IDでの友達追加、一部オープンチャットの利用をするために必要となります。

必要に応じて年齢確認1

年齢確認は基本的に、LINEモバイル以外は大手キャリアからのみ可能。この手順では飛ばし、あとで設定できます(画像は「QTモバイルお客さまサポート」より引用)

iPhone同士での引き継ぎの場合:クイックスタートで引き継ぐ

新旧のスマホがどちらもiPhoneの場合、「クイックスタート」で引き継ぎができます。手順は以下の通り。

1.iPhoneでクイックスタートを行い、データの転送を行います。
2.新しいiPhoneの初期設定が完了後、LINEアプリを起動し「ログイン」→「電話番号でログイン」の順に進みます。
3.電話番号を入力するとSMSで6桁の認証番号が届くので、その番号を入力します。
4.続いてLINEアカウントのパスワードを入力します。
5.「はい、トーク履歴を復元します」→「続行」→「トーク履歴を復元」の順に進み、移行は完了です。

 iPhone同士での引き継ぎの場合:クイックスタートで引き継ぐ1

古いiPhoneから新しいiPhoneに機種変更するとき、端末同士を近づけるだけでデータ移行が簡単に行えるのが「クイックスタート」。iOS 12.4 以降のiPhoneで設定可能です

クイックスタートについては以下の記事でも解説しています。参考にしてください。

iPhone同士での引き継ぎの場合:Apple IDで引き継ぐ

iPhone同士の場合はApple IDでも引き継ぎが可能です。手順は以下の通り。

1.新しいiPhoneでLINEアプリを起動し、「ログイン」→「Appleで続ける」→再度「Appleで続ける」の順に進みます。
2.Apple IDでサインインします。
3.自分のアカウントで間違いないことを確認し、「ログイン」→「はい、トーク履歴を復元します」→「続行」→「トーク履歴を復元」の順に進んで完了です。

LINEアカウントの引き継ぎに失敗しないための事前のチェックポイント

LINEアカウントの引き継ぎに失敗しないためのチェックポイントは以下の通り。

・iPhoneとAndroid、異なるOS間では引き継げない項目を事前にチェック
・トーク履歴をバックアップしておく
・電話番号が変わるときは要注意

【1】iPhoneとAndroid、異なるOS間では引き継げない項目を事前にチェック!

iPhoneとAndroid間のように異なるOS間では、「通知音の設定」「購入済みのLINEコイン残高」「LINE Outのチャージ済みコールクレジット」「トークルームごとの通知設定(通知ON/OFF)」「15日以上前のトーク履歴」が引継げないのをご存じでしょうか。

もし、機種変更でOSの異なるスマホに乗り換えるときは、事前に引継げない項目をしっかり確認しておきましょう。

■異なるOS間 (iPhone⇔Androidなど)

【アカウント移行のみで引き継げる項目】
友だちリスト/グループ/自分のプロフィール情報(LINE IDやアイコン)/ステータスメッセージ/アルバム・ノートの情報/LINE VOOMの内容/Keepに保存中のデータ/LINE Pay・LINEポイント残高/LINEスタンププレミアムの利用情報/直近14日間分のトーク履歴

【引き継げない設定】
通知音の設定/購入済みのLINEコイン残高/LINE Outのチャージ済みコールクレジット/トークルームごとの通知設定(通知ON/OFF)/15日以上前のトーク履歴

LINE「あんぜん引き継ぎガイド」

【1】iPhoneとAndroid、異なるOS間では引き継げない項目を事前にチェック!1

LINEのアカウント移行を、異なるOS間で行う場合は引継げない項目が結構あるので、必ず事前に確認しておきましょう(画像はLINE公式サイトより転載)

【2】トーク履歴をバックアップしておく

スマホを機種変更するとき、忘れてしまいがちなのがLINEのトーク履歴のバックアップです。

バックアップを取らずアカウント移行作業をしてしまうと、一見トークの内容が新しい機種に引き継がれていると勘違いしてしまいそうですが、実は直近14日分のトーク履歴しか残りません。

つまり、これまでのトーク履歴をすべて移行するには、バックアップが欠かせないのです。

iPhoneの場合は「iCloud Drive(アイクラウド ドライブ)」に、Androidスマホの場合は「Googleドライブ」にトーク履歴をバックアップしてからLINEのアカウント移行を実行すれば安心です。

iPhoneでLINEトーク履歴のバックアップをするには、まず設定アプリを開きます。

【2】トーク履歴をバックアップしておく1

【1】端末名を選び「iCloud」を押します。【2】「iCloud Drive」のスライドボタンをオンにします

【2】トーク履歴をバックアップしておく2

【3】「LINE」のスライドボタンをオンにします。【4】次にLINEアプリを起動し、ホームタブから歯車アイコンをタップします

【2】トーク履歴をバックアップしておく3

【5】「設定」画面が開くので「トークのバックアップ」に進みます。【6】「今すぐバックアップ」をタップするとトーク履歴のバックアップが始まります

【3】電話番号が変わるときは要注意!

基本的にLINEは電話番号と紐づけられているので、もし、MNPを行わずに新規契約して電話番号が変わってしまう場合は要注意です!

LINEの引き継ぎをする前に、必ず、現在使用しているスマホのLINEアカウントで、新しい電話番号に変更しておきましょう。

実は、以前のLINEアプリでは電話番号の変更が非常に面倒でしたが、現在では引き継ぎ方法が刷新され、アプリ内の設定で簡単に電話番号の登録変更ができるようになっています。
手順は以下の通りです。

【3】電話番号が変わるときは要注意!

【1】これまで使っていたスマホのLINEアプリを開き、「アカウント」をタップ。【2】続いて「電話番号」の項目を押して、新しい電話番号に変更しましょう

まとめ

現在では、LINEの引き継ぎ手順は非常に分かりやすくなり、誰でも簡単に引き継ぎが行えるようになっています。しかし、異なるOS間の場合や、電話番号が変わる場合など、いくつかの注意点もあります。万が一のことを考えて、事前にバックアップをとっておくこと、そして移行方法と注意点をあらかじめ確認してから、作業を進めると良いでしょう。

※サムネイル画像(Image:DenPhotos / Shutterstock.com)

 OTONA LIFE | オトナライフ
OTONA LIFE | オトナライフ
https://otona-life.com/2023/02/10/157384/
生活をもっと楽しく刺激的に。

オトナライフ編集部
iPhone・Android・SNS・パソコン関連・キャッシュレス、QRコード決済など、さまざまな情報を独自の視点や切り口で発信するニュースサイト
X/Twitter:@otonalife
YouTube:OTONALIFE Ch

iPhone/Androidスマホやキャッシュレス決済、SNS、アプリに関する情報サイト[オトナライフ]

【完全ガイド】LINEアカウント、トーク履歴の引き継ぎ方法とバックアップ方法のページです。オトナライフは、【SNSLINELINEの使い方】の最新ニュースをいち早くお届けします。