iPhoneで「消しゴムマジック」を利用する方法 – 「PhotoRoom」を使えば簡単にできる!

Google PixelのCMでは、写真に写り込んだジャマものを簡単に消せる「消しゴムマジック」が紹介されています。最近ではほかのAndroidスマホでも利用できますが、実はiPhoneでも消しゴムマジックが使えるんです! そこで今回は、iPhoneで簡単に写真のジャマなものを消せるアプリ「PhotoRoom」の使い方を紹介しましょう。

iPhoneでも「消しゴムマジック」が使える「PhotoRoom」とは?

Google Pixelには、写真に写り込んだジャマなものや人を簡単に消せる「消しゴムマジック」機能が搭載されています。詳しくはこちらの記事をご確認ください。

最近、この消しゴムマジック機能がGoogle Pixel以外のAndroidスマホやiPhoneでも使えるようになっていますが、利用するには有料サービス「Google One(Googleフォト)」に加入する必要があります。

でも、iPhoneにはすでにiCloudやフォトアプリもインストールされているので、わざわざGoogle Oneに加入したくないと考える人もいるでしょう。

そこでオススメしたいのが「PhotoRoom」という写真加工アプリです。

●PhotoRoom(iPhone)は→こちら

PhotoRoomは自動切り抜きや背景除去などができる画像編集アプリですが、そのなかに、まさに「消しゴムマジック」とまったく同じ機能が含まれているのです。

簡単な操作で、驚くほどキレイに写真のなかのジャマなものを消せるので、今回はその方法を紹介しましょう。

なお、PhotoRoomは1週間無料でトライアル利用できますが、それ以上使いたいときは月額1,050円、年額3,900円で正式版が利用できるようになっています。

PhotoRoomをインストールする手順

PhotoRoomをインストールする手順1

App StoreでPhotoRoomを検索したらスマホにインストールして「開く」をタップします(左写真)。次にチュートリアルが始まるので「スタート」を押しましょう(右写真)

PhotoRoomをインストールする手順2

どのような使い方をするか聞かれるので、該当するものを選択します。今回は「クリエーター」を選びました(左写真)。続いて「写真を選択」を押しましょう(右写真)

PhotoRoomをインストールする手順3

iPhoneの「写真」か「アルバム」を選んで、写真を選択します(左写真)。次の画面では「確認」を押しましょう(右写真)

PhotoRoomをインストールする手順4

いきなり自転車のおじさんが切り抜かれました。画面下の「確認」を押します(左写真)。画面右上の(×)か、「無料トライアルを開始」をタップすればチュートリアルは終了です(右写真)

指でなぞるだけで簡単にジャマなものを消せる!

それでは実際に、PhotoRoomを使って写真に写っているジャマなものを消去してみましょう。

まず、「作成」画面を開くと画面上にさまざまなエフェクトが並んでいますので、「消しゴム」を選択します。

次にiPhoneの「写真」や「アルバム」から写真を選びましょう。選択した写真が表示されたらピンチアウトで写真を拡大して、ジャマなものを指でなぞります。すると、気持ちいいくらいにリアルタイムで消去されていきます。

もし、ブラシが合わないときは、画面下の「ブラシ幅」でブラシを調整できますし、残っている部分があれば指でなぞって追加消去することも可能です。

ジャマなものをキレイに消去できたら、画面右上の「次へ」をタップ。写真を保存する場合は画面右上のアイコンを押して、「画像を保存」を選択すれば写真アプリに保存されます。

PhotoRoomでジャマなものを消す手順

PhotoRoomでジャマなものを消す手順1

「作成」画面を開くと画面上に「消しゴム」があるので、これをタップ(左写真)。続いてiPhoneの写真アプリから写真を選びます(右写真)

PhotoRoomでジャマなものを消す手順2

すると、写真が表示されるのでピンチアウトで写真を拡大し、画面下の「ブラシ幅」でブラシを調整します(左写真)。そしてジャマなものを指でなぞると、リアルタイムで消去されていきます(右写真)

PhotoRoomでジャマなものを消す手順3

残っている部分があればブラシで追加消去できます。OKなら画面右上の「次へ」をタップしましょう(左写真)。写真を保存したい場合は画面右上のアイコンを押します(右写真)

PhotoRoomでジャマなものを消す手順4

無料アカウント作成の案内が表示されますが、「後で作成する」を押しましょう(左写真)。「画像を保存」で加工した写真がiPhoneの写真アプリに保存されます(右写真)

PhotoRoomでジャマなものを消す手順5

上が元写真で下がジャマなものを消去した写真です。まったく違和感なくおじさんが消えてしまいました。これは凄い!

ちなみに、今回は2120×1416ドットの写真で実験しましたが、加工後も同じサイズで保存できました。画質の劣化もほとんどありません。

ただし、無料版では写真の右下に「PhotoRoom」のクレジットが表示されます。有料版では表示されませんので、もし、PhotoRoomを気に入ったら有料版を申し込んでみてもいいでしょう。

まとめ

いかがでしょうか? 「PhotoRoom」を使えば、Google Pixelでお馴染みの「消しゴムマジック」と同じことが、iPhoneでもできるようになりました。

実際にやってみると、本当に違和感なくキレイにジャマなものが消えるので気持ちいいくらいです。ただし、どのような写真でもこのようにジャマなものが消せるわけではありません。

写真の状態によっては上手く消せない場合もありますので、いろいろ試してみるといいでしょう。きっとハマってしまいますよ!

オトナライフ編集部
iPhone・Android・SNS・パソコン関連・キャッシュレス、QRコード決済など、さまざまな情報を独自の視点や切り口で発信するニュースサイト
Twitter:@otonalife

生活をもっと楽しく刺激的にする[オトナライフ]

関連記事

iPhoneで「消しゴムマジック」を利用する方法 – 「PhotoRoom」を使えば簡単にできる!のページです。オトナライフは、【アプリiPhoneGoogle Pixel消しゴムマジックiPhoneの使い方iPhoneカメラPhotoRoom】の最新ニュースをいち早くお届けします。