PayPayの残高を現金化するには?出金方法やPayPayマネーライトの換金方法、注意点

「PayPay残高を現金化したい」「PayPayをうまく使いこなして、手元に現金を確保したい」と思ったことはありませんか?

PayPayの残高を現金化するには?出金方法やPayPayマネーライトの換金方法、注意点

PayPay残高の「PayPayマネー」については銀行口座へ出金し現金化することが可能。一方、PayPayマネ―ライトとPayPayポイントは銀行口座への出金はできませんが、「換金性の高いものを購入する」といった手段での現金化が可能です。(ロゴはPayPay公式サイトより引用)

また、PayPayが発行するクレジットカードの「PayPayカード」を使いこなして、手元に現金を確保することも可能です。しかし、PayPayカード(旧・PayPayあと払い)を現金化目的で利用することは、PayPayの規約で禁止されているため、利用する場合は自己責任で行いましょう。

今回は様々な「PayPay現金化」テクニックを紹介します。

【早見表】PayPayの残高は現金化可能?

PayPay残高の種類と、銀行口座への出金ができるかどうかなど利用できる機能を表にしました。

名称 PayPay
マネー
PayPay
マネーライト
PayPay
ポイント
本人確認 必要 不要
出金(払い出し) ○限 ×
自治体へ請求書払い
(税金など)

あと払いも可限
×
請求書払い
(税金以外)
送る・受け取る機能限 ×
有効期限 無期限
保有上限 100万円 なし

参考元:PayPay残高とは

PayPayマネーは銀行口座へ出金できます。なお、出金は100円から可能ですが、PayPay銀行以外の金融機関への出金には100円の手数料がかかります。一方でPayPayマネ―ライトやPayPayポイントは直接的な出金は不可で、換金性の高いものを購入したうえで売却するといった工夫が必要となります。

PayPayマネーの出金方法

PayPayマネーはPayPayアプリから出金手続きができます。 なおPayPayマネーの利用や銀行口座の登録には事前にPayPayアプリから本人確認を済ませておくことが必要です。

PayPayマネーを自分の銀行口座へ出金する方法は以下の通りです。

PayPayマネーの出金方法1

【1】PayPayアプリを開き、下の①「ウォレット」をタップします。【2】PayPay残高金額上にある②「内訳・出金」をタップします

PayPayマネーの出金方法2

【3】PayPayマネー該当金額の下の③「出金」をタップします。【4】口座を登録していない場合は④「受け取り用口座を追加する」をタップし、追加する金融機関と支店名、口座種類、口座番号を入力しましょう。なお口座名義人は本人確認の際に登録した名前しか選択できません。登録済み口座がある場合は、希望の口座を選択しましょう。出金したい金額を入力し、「出金する」をタップすれば出金手続きが完了です

前述した通り、出金に選択した金融機関がPayPay銀行以外の場合、出金1件あたり100円の手数料がかかります。PayPay銀行への出金は手数料無料です。また、選択した金融機関がPayPay銀行の場合は即時出金されますが、それ以外の金融機関だと振込が翌営業日から最大4営業日後になるので注意が必要です。

それぞれの金融機関への振り込みが完了するまでの日数は以下の通りです。

金融機関 振り込み実施日
出金手続き:午前5時まで 出金手続き:午前5時以降
PayPay銀行 即時
ゆうちょ銀行 3営業日後 4営業日後
上記以外の金融機関口座 翌営業日 翌々営業日

PayPayマネーライトを送金する方法

PayPayマネーライトは現金として出金はできませんが、「送る・受け取る機能」を使って、家族や友人へ送金することが可能です。なお、PayPayポイントは送金できません。

PayPayマネーライトを送金する方法

PayPayマネーライトを送金する方法は、PayPayアプリを開き、バーコード下の「送る」をタップし、履歴や連絡先、電話番号などから送信先を選択し、送る金額を入力して「送る」をタップするだけでOK。1円単位で送金することができ、割り勘などの際に便利です

PayPayマネーライトで購入・売却できる換金性が高いものの例

中古市場でも高値で取引され、定価から価格が下がりにくいものが換金に向いています。

PayPayマネーライトで購入・売却できる換金性が高いものの例

ブランド品や家電・パソコン、ゲーム機などは中古市場でも高値で取引されることがあるため、換金性が高いとされています。ただし、商品の状態や需要によって換金率が変動するため、注意が必要です。たとえば新品未開封のこれらの商品であれば、PayPayマネーライトで購入したうえで、PayPayフリマやヤフオク!、メルカリなどのフリマサイトに出品すると、定価の8割~9割での売却が見込みやすいでしょう

PayPayマネーライトを現金化する方法についてはこちらの記事で紹介しています。

PayPayカード(旧・PayPayあと払い)のバーチャルカードを現金化するには?

PayPayカード(旧・PayPayあと払い)の利用可能枠を「現金化」するという方法もあります。ただし、PayPayカード(旧・PayPayあと払い)の規約では、現金化目的での利用は禁止されています。この方法で現金化する場合は、PayPayの規約を確認した上で自己責任で行いましょう。

まずPayPayカード(旧・PayPayあと払い)へ登録する方法は以下の通りです。

PayPayカード(旧・PayPayあと払い)のバーチャルカードを現金化するには?1

PayPayカード(旧・PayPayあと払い)へ申し込みする際は、事前に運転免許証(持っていなくても申し込み可能)、利用する金融機関の口座の情報、勤務先情報を用意しましょう。PayPayアプリのホーム画面の「残高払い」をスワイプすると、PayPayあと払いの登録へ進むことができます。氏名や連絡先、免許証情報、プラスチック製の物理カードの有無、利用する口座の情報などを入力して申し込むことができます

この手順でPayPayカードのバーチャルカードを発行すれば、プラスチック製のカードの到着を待たず、審査が通ればすぐに利用できます。バーチャルカードは通常のクレジットカードと同様に利用できるため、クレジットカード現金化業者に申し込むことで、利用可能枠を高い換金率で現金に変えることができます。

PayPayカード(旧・PayPayあと払い)のバーチャルカードを現金化するには?2

クレジットカードの現金化とは、買い物の際に現金がなくても商品を購入できるショッピング枠を利用して、現金を作る行為です。クレジットカードの現金化には主に「買取式」と「キャッシュバック式」の2つの手法があります。買取式とは、ブランド品や金券といった換金率の高い商品をクレジットカードで買い、買取業者に買い取ってもらって現金を得る手法です。キャッシュバック式とは、現金化を行う業者から安価な商品を高額で購入し、購入特典としてその業者から現金をキャッシュバックしてもらう手法です

もっとも、PayPayは「PayPayあと払い会員規約」の第35条10項で、以下の通り現金化を明確に禁止しています。

第35条(ショッピングの利用方法)
10. 会員は、現金化を目的として現行紙幣・貨幣の購入などに本サービスの利用可能枠を利用することはできないものとします。

参考元:PayPayあと払い

クレジットカードの現金化行為は、「不要なものを売っただけ」「キャッシュバックを受けただけ」との体裁を取っており、明確に法律違反と言えないのが現状です。しかし、PayPayの規約の上では明文で禁止されているため、クレジットカード現金化を通じた現金の確保は行わないのがベターと言えるでしょう。

まとめ

解説してきた通り、PayPay残高のPayPayマネーは数タップで銀行口座へ出金することが可能ですが、利用するには事前にPayPayアプリでの本人確認が必須です。本人確認はマイナンバーカードや運転免許証があればすぐ終わるので、済ませておくことをおすすめします。

オトナライフ編集部
iPhone・Android・SNS・パソコン関連・キャッシュレス、QRコード決済など、さまざまな情報を独自の視点や切り口で発信するニュースサイト
Twitter:@otonalife

生活をもっと楽しく刺激的にする[オトナライフ]

関連記事

PayPayの残高を現金化するには?出金方法やPayPayマネーライトの換金方法、注意点のページです。オトナライフは、【マネーキャッシュレスQRコード決済PayPayPayPayあと払いPayPayマネーライトPayPayカードPayPayの使い方】の最新ニュースをいち早くお届けします。