iPhone 15、機能への期待高いが「買わない」7割以上 – 実情は「買えない」!?

まもなく発表が予想されるAppleの「iPhone 15」。期待は高まるものの、「買いますか?」ときかれると……。iPhone・Andoroid・キャリアの総合情報誌サイト「スマホのススメ」が行った「iPhone 15の購買意欲調査」の結果見えてきた、消費者の本音とは?

iPhone 15「買わない」が70%超、高価格だけではない保守派の言い分とは?

iPhone 15が発売されたら購入しますか?

iPhone 15を「買わない」と答えた人は7割以上に。ただ、中には「使用感や口コミをみてから購入したい」と答えた人も少なくないそうだ(「スマホのススメ」調べ)

スマホのススメが、10代~60代の男女300人にアンケートを実施。「iPhone 15が発売されたら購入しますか?」と尋ねたところ、「買う」と答えた人は3割以下の28.3%に。残りの7割以上の人が「買わない」と回答した。

iPhone 15を買う理由・買わない理由

買う理由として、もっとも多かったのが、「現iPhoneのバッテリーの持ちが悪くなったため」(「スマホのススメ」調べ)

iPhone 15を買うと答えた人の中で、その理由としてもっとも多かったのが、「現iPhoneのバッテリーの持ちが悪くなったため」。今、使っているiPhoneでは使用に支障をきたしている以上、「買い替えざるを得ない」というのが実情のようだ。ただ、他にもiPhone 15を買う理由として、「充電がType-C対応になるとうわさされているため」「最新チップの搭載を期待しているため」「フルモデルチェンジがうわさされているため」といった回答も多かったそう。

欧州では、2024年末までに共通規格として、Type-C端子の搭載が義務付けられているため、iPhone 15がType-C対応になることはほぼ確実だろう。他にも、大幅な進化が見込まれており、スペックや機能に大きな期待を寄せている人が、例年以上に多い印象だという。ここにきて、AndroidからiPhoneへの乗り換えを予定している人も多いのかもしれない。

「買わない」というより「買えない」のが実情か……iPhoneの高価格戦略は成功する?

iPhone(Image:Framesira / Shutterstock.com)

ただでさえ、景気も財布も冷え込む今の時代、即断即決でiPhoneを購入できるだけの余裕がある人は限られる

「買わない」と答えた人の理由として最も多く挙げられたのが「価格が高いため」。中には「円安の影響で高くなりそうだから」といった意見もあったそうだが、ほとんどの人にとっては、iPhone自体の価格の高さがネックになっているようだ。昨年発売されたiPhone 14の価格は、実は日本が世界中で最安レベルだったが、それでもやはり多くの人が「iPhoneは高い」と感じたのも事実。物価高で、家計がより厳しくなっている今日ではなおさらだろう。

「iPhone 15 Pro」シリーズについては、すでに100ドル~200ドル程度の値上げがうわさされており、発売すぐのタイミングで購入するには、ますます手が届きにくくなっているようだ。また、通常新しいモデルの発売に合わせて、旧モデルが値下げされる傾向にあり、今回「最新モデルより型落ちしたiPhoneを安く買いたい」という回答も多かったとしている。

なお、スマホのススメが予想するiPhone15の価格は、iPhone 15:119,800円~、iPhone15 Plus:134,800円~、iPhone15 Pro:164,800円~、iPhone15 Pro MAX(Ultra):194,800円~となっている。

なにかと価格が話題となるiPhone 15だが、機能次第では“お値段以上”の価値を感じる人もいるはずだ。きたる公式発表を受けて、世論はどう変わるのか注目だ。

出典元:【スマホのススメ

※サムネイル画像(Image:Framesira / Shutterstock.com)

オトナライフ編集部
iPhone・Android・SNS・パソコン関連・キャッシュレス、QRコード決済など、さまざまな情報を独自の視点や切り口で発信するニュースサイト
Twitter:@otonalife

生活をもっと楽しく刺激的にする[オトナライフ]

関連記事

iPhone 15、機能への期待高いが「買わない」7割以上 – 実情は「買えない」!?のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidAppleiPhoneの話題iPhone 15iPhone 15 ProiPhone 15 Pro MaxiPhone 15 Ultra】の最新ニュースをいち早くお届けします。