Suicaで30,000円以上買うとJRE POINT 30,000円が当たる!? – 12月1日から

JR東日本は、2023年12月1日からSuicaの電子マネーで累計30,000円以上の買い物や支払いを行うと、30,000円相当のJREポイントを抽選で1,000名にプレゼントするキャンペーンを実施すると発表。参加するにはエントリーが必要で、参加条件がいくつか提示されているので、きちんと確認することが大切だ。さっそく紹介しよう。

30,000円のお買い物料金が戻ってくる!?

Suicaのキャンペーン

キャンペーンは12月から1月8日まで。年末年始の買い物はSuicaで支払うのが良さそう(画像は「東日本旅客鉄道株式会社」プレスリリースより引用)

今回のキャンペーン期間は2023年12月1日(金)~2024年1月8日(月・祝)。事前エントリーが必要で、エントリー期間は2023年11月28日(火)~2024年1月8日(月・祝)となっている。Suicaの登録やエントリー、買いものなどの利用は、期間中であれば順序は問わないとのことなので、利用してからエントリーでも問題ないが、ポイントを貯めるためにも今すぐエントリーするのが賢明だろう。

エントリーにはまず、JRE POINT WEBサイトにSuicaを登録しなければならない。さらに、キャンペーンの専用ページからエントリーが必要だ。

抽選への参加条件として、①Suica電子マネーで累計30,000円(税込)以上の買いもの・食事等の支払い ②①のうち、Suica電子マネーでJRE POINTが貯まるお店で1回以上、JRE POINTの貯まる買いもの・食事などの支払い が提示されている。つまり、「Suica登録して貯まる」というマークを掲げているお店での利用が1回以上ないと、累計30,000円以上を使っても抽選に参加できないので注意が必要だ。

また、①の条件については全国のSuicaなど交通系電子マネーが利用できるすべての店舗・サービスが対象(電車・バス等の交通利用は除く)となっている。

キャッシュレス決済にSuicaを利用してもらうためのキャンペーンか

Suica(Image:BT Image / Shutterstock.com)

鉄道利用時だけでなく、さまざまなシーンで便利に使えるSuica

JR東日本が提供しているSuicaは、鉄道料金の精算はもちろん、対応するお店なら電子マネーとして利用できるため、愛用している人は多いだろう。一方で、クレジットカードをはじめPayPayや楽天ペイなどのバーコード決裁、iDやQUICPayなどのポストペイ型電子マネーなど、さまざまなキャッシュレス決済が登場しており、ユーザーの取り合い合戦になっている。

2001年のSuica導入開始時は乗車券だけでなく、電子マネーとしても使える点が画期的で多くのユーザーを一気に取り込んだものの、20年以上が経過した今では「買い物や食事などのキャッシュレス決済は、別のツールを使っている」という人も多いだろう。今回のキャンペーンは、Suicaのキャッシュレス決裁ユーザーを拡大したい意図が見えるが、JRE POINTは100円ごとに1ポイントたまるお店があったり、200円ごとの店があったりと、非常にややこしい。この還元率を上げてくれた方がユーザーにはうれしいのだが…。

とはいえ、年末年始は出費が1年で最も多くなる時期といえる。せっかく30,000円の買い物をするなら、キャンペーンに登録しない手はないだろう。くれぐれも事前エントリーをお忘れなく。

出典元:【東日本旅客鉄道株式会社/PR TIMES

※サムネイル画像は(Image:「東日本旅客鉄道株式会社」プレスリリースより引用)

オトナライフ編集部
iPhone・Android・SNS・パソコン関連・キャッシュレス、QRコード決済など、さまざまな情報を独自の視点や切り口で発信するニュースサイト
X/Twitter:@otonalife

iPhone/Androidスマホやキャッシュレス決済、SNS、アプリに関する情報サイト[オトナライフ]

関連記事

Suicaで30,000円以上買うとJRE POINT 30,000円が当たる!? – 12月1日からのページです。オトナライフは、【マネーSuica電子マネーJRE POINTモバイルSuica】の最新ニュースをいち早くお届けします。