【図解】ドコモあんしんセキュリティはいらない?メリット・デメリットと「必要な人」

「ドコモあんしんセキュリティ」とは、どのような人でもスマホを安全に利用できるよう様々な脅威から守るドコモ向けセキュリティ対策サービス。

【図解】ドコモあんしんセキュリティはいらない?メリット・デメリットと「必要な人」

ドコモのケータイ回線を契約している人のみ申し込み可能で、使用料として月額220円(税込)かかります

もっとも近年はiOS/AndroidのOS自体のセキュリティ対策も充実しており、セキュリティ対策サービスに有料で加入する必要があるかは「実は微妙なところ」でもあるでしょう。

ドコモでスマホを利用する場合、ドコモあんしんセキュリティは加入した方がいいのでしょうか、それともいらないのでしょうか。YES/NOで答えるだけで「ドコモあんしんセキュリティが必要かどうか」判断できるチャートの図解も交えながら、解説します。

ドコモあんしんセキュリティとは

ドコモあんしんセキュリティは、ドコモが提供するスマートフォンやタブレットをウイルスや危険サイト、迷惑メール・電話といった脅威から守るためのセキュリティサービスです。

ドコモあんしんセキュリティとは1

ドコモあんしんセキュリティは、スマートフォンを様々な脅威から守るセキュリティ対策サービスです。ドコモのケータイ回線を契約している人のみ申し込みでき、月額使用料は220円(税込)、初回31日間は無料で試すことも可能です。ドコモあんしんセキュリティを利用するためには、「あんしんセキュリティアプリ」のインストールと初期設定が必要です

(画像引用元:ドコモ公式サイト

ドコモあんしんセキュリティとは2

ドコモあんしんセキュリティでは、ウイルス対策から危険サイト対策、迷惑メール対策まで、幅広い「スマホのセキュリティ上のリスク」に月額220円と手頃な価格で対応できます。もっとも、近年はスマホのOSの標準機能でも一定のセキュリティ対策が施されており、これらの機能が本当に必要かは利用する人によって異なるでしょう

(画像引用元:ドコモ公式サイト

ドコモあんしんセキュリティ
サービス内容 ・ウイルス対策(iPhone・iPadは非対応)
・危険サイト対策
・危険Wi-Fi対策
・迷惑電話対策
・迷惑メール対策
・データ保管BOXのウイルススキャン
申し込み 必要
「ドコモオンライン手続き」「電話」「ドコモショップ」から申し込み可能
月額使用料 220円(税込)
初回31日間無料トライアルがあり

※iPhone・iPadの利用者は「あんしんセキュリティ」(ドコモ課金)、または「あんしんセキュリティ(30日コース)(月額:税込320円)」(App内課金)が利用可能。なお「あんしんセキュリティ」と重複して申し込みした場合、双方の料金が発生するので要注意。

【図解】ドコモあんしんセキュリティは本当にいらない?

近年のスマホのOSは、標準機能として一定のセキュリティ対策を行っています。また、たとえば「危険サイト対策」であれば、普段から一般的なウェブサイトのみを利用しており、怪しいポップアップ広告などをクリックしないといったリテラシーがある方ならば「月額料金を支払ってまで対策することではない」という考え方もできるでしょう。

そこで、YES/NOで回答するだけで「ドコモあんしんセキュリティは必要か、不要なのか」を判断できるフローチャートを作成しました。ぜひ参考にしてください。

【図解】ドコモあんしんセキュリティは本当にいらない?1

もしもお使いのスマホでこの画像が小さい場合、タップすれば拡大表示可能です。前提として、「セキュリティの知識がほとんどなく、かつドコモあんしんセキュリティに入るべきか迷っている」状態であれば、加入しておく方が安心でしょう。また、自分自身にセキュリティに関する知識があったとしても、加入する対象が離れて暮らす両親や知識のない子どもが使う端末であれば、加入しておいた方が良いでしょう。このようにYES/NOで回答し、ご自身にドコモあんしんセキュリティが必要かを判断する基準として目安にしてください

あくまで上の図は「目安」です。より詳しく必要性を検討したい方は、本記事を読み進めてください。

ドコモあんしんセキュリティが必要な人

ドコモあんしんセキュリティは、スマホのアプリから手軽に申し込み可能で、セキュリティ知識がなくとも加入すれば一括でスマホに必要なセキュリティ対策を講じることができ、またドコモショップでサポートを受けることができます。

スマホのセキュリティ対策の知識がほとんどない人や、セキュリティソフトを自分で購入し導入することが難しい人、また高齢の方やスマートフォンに不慣れな人でドコモショップなどで対面サポートを受けながらセキュリティ対策をしたい人は、ドコモあんしんセキュリティが必要でしょう。

ドコモあんしんセキュリティが必要ない人

他のセキュリティ対策をすでに行っている人や、特に迷惑メールや迷惑電話に悩んでいない人は加入の必要はないでしょう。また、スマホのセキュリティ対策について知識があり、特に対面でのサポートを望んでいない場合も、自身で危険を防ぐか、買い切りのセキュリティサービスを購入した方が安く済むため必要性は低いでしょう。

ドコモあんしんセキュリティは1台につき1契約が必要で、スマホやタブレットなど複数のデバイスにセキュリティをかけたい場合、月額使用料金が台数分かかってしまいます。複数デバイスにセキュリティ対策を施したい場合は、1契約で複数台利用できるセキュリティソフトを導入した方が費用が抑えられるのでそちらをおすすめします。

ドコモあんしんセキュリティのメリット

ドコモオンライン手続きから手軽に申し込み可能で、難しい設定も必要ないドコモあんしんセキュリティ。その他のメリットもまとめました。

他のあんしんサポートサービスとセットで使うとお得

ドコモはあんしんセキュリティ以外にも安全にスマホを利用するための様々なサービスを提供しており、他のあんしんサポートサービスとセットで使うと月額料金がお得になります。

あんしんセキュリティが含まれるパックには「あんしんパック」「あんしんパック モバイル」「smartあんしんパック」があります。

たとえば「あんしんパック モバイル」は、「ケータイ補償サービス」「あんしん遠隔サポート」「あんしんセキュリティ」がパックになったサービスで、まとめて申し込むとそれぞれの月額料金の合計から418円(税込)引きで利用できます。

月額220円と安価ながらセキュリティが充実している

ドコモあんしんセキュリティは、通常のセキュリティソフトにない迷惑電話対策が含まれており、その他のセキュリティ対策も充実しています。利用を継続している限り料金がかかってしまうサブスクリプション型とはいえ、月額220円(税込)と安価にスマホ利用をほぼカバーできるセキュリティ対策ができる点は大きなメリットです。

ドコモあんしんセキュリティのデメリット

メリットが多いドコモあんしんセキュリティですが、一方でデメリットもあります。ドコモあんしんセキュリティのデメリットをまとめました。

スマホのOS自体にもセキュリティ関連機能が標準搭載されている

ドコモあんしんセキュリティ自体のデメリットではありませんが、そもそもスマホのOS自体にも基本的なセキュリティ機能は搭載されており、ウィルス対策や危険サイト対策が行われていることから、加入のメリットが薄い側面があります。

スマホのOS自体にもセキュリティ関連機能が標準搭載されている1

たとえばiPhoneでは、App Storeで提供されるアプリしかダウンロードできず、アプリはAppleによる厳格な審査を受けていることから、不正なアプリが配信されることを防いでいます。また、Appleは定期的にiOSのアップデートをリリースし、セキュリティアップデートを行っています。そのため、iPhoneは基本的に脱獄しない限りウイルスに強く、マルウェアに感染したアプリをダウンロードする可能性は極めて低いと言えます

(画像引用元:Apple公式サイト

月額制かつ一契約につき一台までの利用

前述したように、ドコモあんしんセキュリティの料金は月額制で、1台につき1契約が必要です。複数のデバイスにセキュリティをかけたい場合、月額使用料金が台数分かかってしまう点は大きなデメリットでしょう。

一部の機種でサポート終了

発売から6~7年ほど経過した機種は、あんしんセキュリティサービスのサポートが終了する可能性がある点もデメリットと言えるでしょう。

2023年10月24日からは、サポートOSバージョンがAndroid 8.0以上に引き上げられ、「arrows Fit F-01H​」「arrows NX F-02H」「らくらくスマートフォン4 F-04J」「Disney Mobile DM-02H」など17機種のアプリの提供が終了となりました。

【一覧】ドコモあんしんセキュリティで対策可能なこと

実際にドコモあんしんセキュリティで対策が可能な危険とはどういったものでしょうか。ドコモあんしんセキュリティが提供する各対策機能と、その対策のOS対応状況は以下の通りです。

対策機能 スマートフォン・タブレット iPhone・iPad
ウイルス対策 ○ ※1 ×
危険サイト対策 ○ ※1 ○ ※2
危険Wi-Fi対策 ○ ※1 ○ ※2
迷惑電話対策 ○ ※1 ○ ※2 ※3
迷惑メール対策(ドコモメール) ○ ※1 ○ ※2
データ保管BOXのウイルススキャン

※1 AndroidTM 8.0以上。一部非対応機種あり。
※2 iOS 14.0以上、またはiPad OS14.0以上。
※3 iPadは非対応。

表内にかかれた個別の対策機能について、下記で詳しく解説していきます。

ウイルス対策

スマートフォン本体やアプリ、MicroSDなどの外部メモリを、あらかじめ指定した時刻にスキャンし、ウイルスやマルウェアが検出された場合はその危険が通知されます。

危険なサイトへの対策

フィッシングサイトやマルウェア配布サイト、不正な広告サイトなど、危険なサイトにアクセスしようとすると、警告が表示されます。

危険なフリーWi-Fiへの対策

個人情報を盗むために作成された不正なWi-Fiスポットや、不正アクセスのリスクが高いセキュリティの脆弱なWi-Fiスポットなど、危険なWi-Fiに接続しようとすると、警告画面が表示されます。

迷惑電話対策

迷惑なセールスからの電話番号や、詐欺や架空請求など犯罪に利用されている可能性が高い電話番号からの発着信を、自動で判別し警告画面を表示できます。他にも、飲食店や企業などからの着信・発信時に、飲食店や企業の名前を自動で表示します。

迷惑メール対策

ドコモあんしんセキュリティは、ドコモメール専用の迷惑メールフィルターを提供しています。受信したメールの件名・本文・ヘッダー情報などにより、迷惑メールを自動で判定し、迷惑メールを専用のフォルダへ保存します。「ドコモ電話帳(クラウド)」に登録済みのメールアドレスからのメールのみを受信することも可能です。
なお、ドコモメール以外のメールサービスには非対応です。

データ保管BOXのウイルススキャン

「データ保管BOX」とは、ドコモのスマホやタブレットなどの様々なデータをクラウドへ保管できるサービスです。ドコモ回線の契約者のみが利用可能です。

あんしんセキュリティ契約者は、データ保管BOXにアップロードしているデータを定期的にスキャンし、ウイルスやマルウェアを検出できます。ウイルスが検出された場合は、ウイルスの拡散を防ぐためダウンロードや共有などが制限されます。

ドコモあんしんセキュリティの解約方法

ドコモあんしんセキュリティを解約するには、My docomoへログインし解約する方法、ドコモショップで手続きする方法、お客様センターへの電話による解約方法の3つがあります。

My docomoへログインし解約するには、「ご契約内容」→「すべてのご契約状況を確認」→「オプション」をタップします。オプションの一覧から「あんしんセキュリティ」を見つけ、現在契約中であることを確認し、「解約する」をタップすることで解約できます。

まとめ

今回はドコモあんしんセキュリティについて解説しました。実際にいるか、いらないかは利用する方のセキュリティ知識やデバイスの利用状況によりますが、「とりあえず利用してみて使い続けるか考えたい」という方は、初回31日間無料トライアルを体験することをおすすめします。なお、iPhone・iPadから申し込みできる「あんしんセキュリティ(30日コース)」(App内課金)は初回31日間無料トライアルの対象外となっているので、無料トライアルを体験したい場合は、My docomoからあんしんセキュリティへ申し込むよう注意してください。

オトナライフ編集部
iPhone・Android・SNS・パソコン関連・キャッシュレス、QRコード決済など、さまざまな情報を独自の視点や切り口で発信するニュースサイト
X/Twitter:@otonalife

iPhone/Androidスマホやキャッシュレス決済、SNS、アプリに関する情報サイト[オトナライフ]

関連記事

【図解】ドコモあんしんセキュリティはいらない?メリット・デメリットと「必要な人」のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidスマホAndroidiPhoneドコモセキュリティパソコン/スマホの設定方法】の最新ニュースをいち早くお届けします。