iPhone 16、背面のカメラレンズが縦列に? Apple Vison Proと連動する可能性

iPhone 16は、従来のiPhoneとどのような違いがあるのだろう。早くもiPhone 16に関する情報をMacRumorsが伝えている。大きな変化は、背面のカメラの配置で2つのレンズが縦に並ぶことになりそうだ。また、iPhone 15 Proシリーズでのみ採用だったアクションボタンがデフォルトに、音量ボタンは感圧式に、さらに新しい静電容量キャプチャボタンの導入も検討されている。

iPhone 16 背面カメラの配置はiPhone 12のような2つのレンズが並ぶ形になるか

iPhone 12

こちらはiPhone 12の画像。このカメラの並びになる可能性が高そうだ(画像は「Apple」公式サイトより引用)

2024年秋に発売されると思われるiPhone 16だが、MacRumorsから新しい情報が出てきている。最も見た目にわかりやすい変化は、カメラの配置だろう。iPhone 16の初期のモックアップが公開され、2つのカメラが縦に並ぶ配置になっている。iPhone 13以降の背面カメラといえば斜めの配置が続いていたが、iPhone 16では縦列に置かれることとなりそうだ。

その置き方は2パターン考えられており、iPhone 12スタイルのように、2つのカメラレンズが並んでいるもの。遠目に見るとiPhoneの左上に黒い丸が縦に並んでいるように見える配置だ。もう1つのパターンが、iPhone Xスタイルのように、錠剤型のエンクロージャーのもの。遠目に見ると、左上に錠剤型というかカプセル型というか、細長い楕円のような黒い丸があり、よく見るとその中にカメラレンズが2つ並んでいるといったものだ。

この2パターンのデザインが考えられているようだが、iPhone 12スタイルがAppleのプロトタイプユニットでは広く使われているようで、どちらが採用されるのか楽しみだ。

iPhone 16はApple Vision Proと連動することで新たなステージへ!?

Apple Vison Proのサイトを見ると没入感が期待できて、それとなにかしら連動して使えるのが、iPhone 16ならさらに魅力が増しそうだ(画像は「Apple」公式サイトより引用)

そして、iPhone 16で再びレンズを縦に並べるのはApple Vision Proの空間ビデオ撮影のためと噂されている。Vison ProはApple製品初の3Dカメラを搭載しており、自分の目の前に広がる世界の様子を3Dで写真におさめたり、動画撮影ができて臨場感、没入感間違いなしの空間コンピュータなのだが、それとiPhone 16を連動させられるということだろうか。

だとすれば、従来のシリーズとは大きな機能面での差があり、初のチタン製ということで大きな話題となったiPhone 15以上のシリーズになるかもしれない。

他にわかっている点は、アクションボタンと音量ボタンが改良予定であること。アクションボタンはiPhone 15 Proシリーズのみの採用だったが、iPhone 16シリーズでは全モデルで採用予定、ボタンサイズの大型化が検討されているようだ。音量ボタンは従来のメカニカル式ではなく、感圧式に変更の可能性があり耐久性が高いので、実現すれば嬉しい変更だ。

さらに、カラーラインナップはイエロー、ピンク、ミッドナイトの3色が確認されていて、iPhone 15用に開発されたカラーがテストに使用されたという情報もあり、追加があるかもしれない。

また、新しい静電容量キャプチャボタンの導入も示唆されており目が離せない状況だ。まだ発売まで時間があるので変更される可能性はあるが、今の情報として楽しんでもらいたい。

引用元:【MacRumors

※サムネイル画像は(Image:​「Apple」公式サイトより引用)

オトナライフ編集部
iPhone・Android・SNS・パソコン関連・キャッシュレス、QRコード決済など、さまざまな情報を独自の視点や切り口で発信するニュースサイト
X/Twitter:@otonalife

iPhone/Androidスマホやキャッシュレス決済、SNS、アプリに関する情報サイト[オトナライフ]

関連記事

iPhone 16、背面のカメラレンズが縦列に? Apple Vison Proと連動する可能性のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidiPhoneiPhoneの噂まとめiPhoneカメラiPhone 16Apple Vision Proアクションボタン】の最新ニュースをいち早くお届けします。