「Gmail」Googleが迷惑メール対策を強化へ – 不要メールを1クリックで配信停止できるように

Googleが2024年、メールサービス「Gmail」において迷惑メールの対策を強化するとした。迷惑メールを阻止し、受信トレイを安全にするために、1日に5000通を超えるメッセージを送る大量送信者に対して新しいポリシーを適用する。これにより、Gmailを利用するユーザーのストレス軽減につながることが期待される。

Gmailにおける迷惑メールの対策を強化 迷惑メールを阻止して受信トレイを安全に

Gmail、大量送信者への新しいポリシー

毎日約150億件もの迷惑メールが存在しているとは驚きだ(画像は「Google Japan Blog」より引用)

GoogleはAIを活用して、毎日約150億件もの迷惑メールをブロックしている。これにより、99.9%以上のスパム、フィッシング、マルウェアが受信箱に届かないようになっているそうだ。だが、Gmailを提供して約20年を通じ「複雑な問題に直面している」とのことで、迷惑メールを阻止するために大量送信者に対して新しいポリシーを適用することを昨年2023年10月に発表していた。

2023年からすでに取り組んでいることとして、Gmailアドレスに送信されるメールに認証を義務付けることで、Gmailユーザーが受信する未認証メール数がすでに75%も激減している。多くの不必要なメールが受信されてしまうと重要なメールを見落とすことにもなるし、かつ重要なメールを探し出すという無駄な手間と時間もかかってしまうので、ユーザーにはなくてはならないサービスだ。

新しく大量送信者に適用されるポリシーは3つ

迷惑メールをブロック

ヤフーのシニアディレクターであるMarcel Becker氏も、他のメールコミュニティと協力していくとしている

新しく適用されるポリシーの内容は3つあり、これらを2024年2月までに大量送信者に義務付ける予定としている。1つ目が、送信メールを認証すること。大量のメールを送信するユーザーに対して、メール認証を義務付けることで攻撃者に悪用されるのを防ぐとしている。

2つ目が、配信停止を容易にすること。特定の送信者からの不要なメールを停止するために、ワンクリックで配信停止にできる機能を送信者が提供することを義務付ける。さらに、配信停止リクエストを2日以内に処理することも同時に義務付けている。たまに、配信停止した後も停止完了に時間がかかるとしてメールが送られ続けることがあるが、そういったことも防げるように2日以内との時間の制限も設けている。

3つ目が、ユーザーに必要とされるメールを送信すること。受信者が望まないメールを減らせるように、送信者が遵守すべき明確なスパム率のしきい値を適用するとしている。Gmailにはすでに不要なメッセージが受信箱に届くのを防ぐツールが多く備わっているが、さらに保護を強化する。このしきい値の適用は業界初の試み。

こうした動きはGoogle単体のものではなく、GoogleはYahooや他のコミュニティと協力し、これら影響力の大きい変更を新たな業界標準として推進していくとしている。1度の変更で終わるものではないとして、相互接続されたメールの世界というコミュニティ全体で継続的して協力していくとしている。

引用元:【Google Japan Blog
引用元:【Google ヘルプ

※サムネイル画像(Image:Sina Salehian / Shutterstock.com)

オトナライフ編集部
iPhone・Android・SNS・パソコン関連・キャッシュレス、QRコード決済など、さまざまな情報を独自の視点や切り口で発信するニュースサイト
X/Twitter:@otonalife

iPhone/Androidスマホやキャッシュレス決済、SNS、アプリに関する情報サイト[オトナライフ]

関連記事

「Gmail」Googleが迷惑メール対策を強化へ – 不要メールを1クリックで配信停止できるようにのページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスGoogleGmailフィッシングメール迷惑メール】の最新ニュースをいち早くお届けします。