インスタのDMがリプライ(引用返信)できない?できるもの・できないものと対処法

インスタのDMには、特定のメッセージに対してリプライ(引用返信)できる機能がついています。リプライは少し前のメッセージや埋もれてしまったメッセージに対して返信するときに便利ですが、中にはリプライできないものもあります。

この記事では、インスタのDMでリプライできるもの・できないものについて紹介します。

インスタのDMがリプライ(引用返信)できない?

基本的にインスタのDMでは通常のメッセージに対してリプライ(引用返信)が可能です。しかし、中にはリプライしようとしてもできないことがあります。

インスタのDMがリプライ(引用返信)できない?

【左:自分目線】自分から見たリプライの画面、【右:相手目線】相手から見たリプライの画面です。インスタのDMにおけるリプライとは、受け取ったメッセージに対して引用する形で返信することです

インスタのDMがリプライできない場合、基本的にはリプライ(引用返信)できないものに対してリプライしようとしている可能性があります。リプライできないものについての詳細は後述するので参考にしてください。

【詳細】インスタのDMでリプライ(引用返信)できるもの

インスタのDMでは、通常のDM、画像・動画、DMでシェアした・された投稿、絵文字などがリプライ(引用返信)できます。

通常のDM

通常のDMなら、問題なくリプライが可能です。

通常のDM

【左:自分目線】送られたメッセージを引用した下に自分のメッセージが表示されています。【右:相手目線】自分のメッセージが引用される形で、相手からメッセージが届いています

このようにリプライを使うと、どのメッセージに対しての返信なのかがひと目で分かります。

画像・動画

DMで送られてきた画像・動画もリプライ可能です。

画像・動画1

【左:自分目線】相手から届いた画像に対してリプライできます。【右:相手目線】画像が引用される形でメッセージが届きます

画像・動画2

【左:自分目線】【右:相手目線】画像のリプライと同様に、メッセージで送られてきた動画に対してもリプライできます

DMでシェアした・された投稿

インスタでは投稿内容をDMでシェアすることも可能です。DMでシェアしたり、された投稿もリプライできます。

DMでシェアした・された投稿1

【左:自分目線】【右:相手目線】このように、DMでシェアされた投稿に対してもリプライを付けることができます。特定の投稿に対して個人的にメッセージを送りたい場合などに便利です

絵文字

絵文字もリプライできます。

絵文字

【左:自分目線】【右:相手目線】絵文字のリアクションについてもリプライ可能です

DMでシェアした・されたストーリー

インスタのDMでは、24時間で消えるストーリーの投稿もシェア可能。シェアした・されたストーリーもリプライ可能です。

DMでシェアした・されたストーリー

【左:自分目線】【右:相手目線】DMでは、フォロワー以外のストーリーをDMでシェアすることができ、リプライも可能。ただし、非公開設定になっている場合、送った相手がそのアカウントをフォローしていなければストーリーを見ることはできません

シェアした・されたインスタアカウントとプロフィール

インスタのDMではアカウントのプロフィールをシェアできます。これもリプライ可能です。

DMでシェアした・されたストーリー

【左:自分目線】【右:相手目線】インスタのDMでシェアされたインスタアカウントとプロフィールにもリプライできます。もちろん、自分でシェアしたものにもリプライ可能です

【詳細】インスタのDMでリプライ(引用返信)できないもの

冒頭でも述べたようにインスタのDMには、リプライできるものとできないものがあります。以下のものはリプライしようとしてもできません。

消えるメッセージモード

DMの「消えるメッセージモード」とは、DMを確認後、一度画面を閉じると既読になったメッセージが消える機能のことです。初めから「消えるメッセージモード」で送る・送られていたDMはリプライできません。

消えるメッセージモード1

「消えるメッセージモード」では、そもそも送る側も受け取る側も過去のメッセージが表示されないため、リプライを付けることができません。相手から届いたばかりのメッセージに対してもリプライできない仕様になっています

ただし、リプライメッセージを作ったあとに「消えるメッセージモード」に変更した場合にのみ、リプライ可能です。

消えるメッセージモード2

【左】リプライを作ってから「消えるメッセージモード」にすると、リプライが可能になります。【真ん中:自分目線】このように、消えるメッセージモードで消えているメッセージに対してリプライを送ることができます。【右:相手目線】引用されたメッセージも消えることなく表示されています。なお、当然ですが「消えるメッセージモード」で送ったリプライも一度画面を閉じるとメッセージは見られなくなります

GIFスタンプ

インスタのDMでは簡単なアニメーションで動くGIFスタンプが使えますが、絵文字はリプライできるのに対し、GIFスタンプはリプライできません。

GIFスタンプ

【左:自分目線】自分がメッセージを送るときは、GIFスタンプにリプライできています。【右:相手目線】しかし、相手から見たDM画面ではGIFスタンプが消えてリプライできていません

GIFスタンプをリプライしたつもりでも、相手の画面から見るとリプライできていないため注意しましょう。

【おさらい】インスタのDMでリプライ(引用返信)する方法

インスタのDMでリプライ(引用返信)する方法には2通りあります。ひとつは、メッセージを横方向にスライドさせる方法です。

【おさらい】インスタのDMでリプライ(引用返信)する方法1

【1】①リプライしたメッセージを横にスライドさせます。相手のメッセージをリプライする場合は右スライド、自分が送ったメッセージにリプライを付ける場合は左スライドさせます。【2】②メッセージを入力します。【3】すると、このように③「引用したメッセージ」の下に新しいメッセージが表示されます

もうひとつは「メッセージを長押し」する方法です。

【おさらい】インスタのDMでリプライ(引用返信)する方法2

【1】①リプライしたいメッセージを「長押し」します。【2】リプライしたいメッセージの下に表示される選択肢の中から②「返信する」をタップします。その後は、「メッセージを横方向にスライドさせてリプライする」手順と同様に、メッセージを入力すればリプライできます

まとめ:リプライできるものが「できない」際は不具合の可能性も

基本的にインスタのDMでは、ほとんどのメッセージがリプライ可能。そのため、リプライできるものが「できない」場合はインスタアプリの不具合の可能性があります。考えられる原因は「DMの機能がアップデートされていない」、「アプリが最新版になっていない」などです。

リプライできるはずのものが「できない」ときは、スマホやアプリのアップデートしてから再度試してみましょう。

オトナライフ編集部
iPhone・Android・SNS・パソコン関連・キャッシュレス、QRコード決済など、さまざまな情報を独自の視点や切り口で発信するニュースサイト
X/Twitter:@otonalife

iPhone/Androidスマホやキャッシュレス決済、SNS、アプリに関する情報サイト[オトナライフ]

関連記事

インスタのDMがリプライ(引用返信)できない?できるもの・できないものと対処法のページです。オトナライフは、【SNSInstagramリプライDMInstagramの使い方】の最新ニュースをいち早くお届けします。