【iPhone】ロック画面の時計で「時計より前に被写体を置く」方法:フォント変更も可

好みの写真や画像を設定できるiPhoneのロック画面。ペットや好きな風景を設定し、楽しんでいる方も多いでしょうが、実はiPhoneのロック画面機能も大きく進化していることをご存じでしょうか?

【iPhone】ロック画面の時計で「時計より前に被写体を置く」方法:フォント変更も可

たとえば左の画像のように、ペットのアップ画像をロック画面にしていると気づかないかもしれませんが、右の画像のようにロック画面で被写体を時計より前に置くカスタムが2022年9月13日に配信開始のiOS 16から可能になりました

今回はiPhoneのロック画面で「時計より前に被写体を置く」方法や時計の色やフォントをカスタマイズする方法を詳しく解説します。

【目次】

1.【iPhone】ロック画面の時計で「時計より前に被写体を置く」方法
2.【参考】ロック画面の時計より前に被写体をセットできないときの原因は?
3.ロック画面の時計のフォントの太さ/カラーを変えるには?
4.新しいロック画面を作成して気分次第で切り替えることも可能
5.まとめ

【iPhone】ロック画面の時計で「時計より前に被写体を置く」方法

iPhoneのロック画面で時計の前に被写体を配置することは、iOS 16から導入された「被写界深度エフェクト」を使用することで可能です。被写界深度エフェクトは、被写体が明確に識別できる画像だとデフォルトでオンになるので、時計より前に被写体を置きたい画像をロック画面に設定するだけで基本的にOKです。ロック画面の設定手順は以下の通りです。

【iPhone】ロック画面の時計で「時計より前に被写体を置く」方法1

【1】①iPhoneのロック画面を長押しします。【2】ロック画面の選択画面になります。②一番右までスワイプします

【iPhone】ロック画面の時計で「時計より前に被写体を置く」方法2

【3】一番右がロック画面の新規画面追加になります。③「+」をタップします。【4】④「写真」をタップすると、ロック画面におすすめの写真やアルバムが表示されるので、ロック画面に設定したい画像を選びます

【iPhone】ロック画面の時計で「時計より前に被写体を置く」方法3

【5】画像を選択すると、時計より前に被写体(この画像の場合は猫)が置かれていることがわかります。これでよければ⑤「追加」をタップします。【6】画像はロック画面とホーム画面両方に設定することも、ロック画面のみ設定しホーム画面は違う画像にもできます。ここでは⑥「壁紙を両方に設定」を選択し進みます

【iPhone】ロック画面の時計で「時計より前に被写体を置く」方法4

【7】ロック画面の選択画面に画像が追加されました。この画像をロック画面に設定したい場合、⑦タップします。【8】ロック画面に時計より前に被写体を置いた画像を設定できました

被写体が明確に識別できる画像だと被写界深度エフェクトはデフォルトでオンになりますが、逆に「時計の後ろに被写体を置きたい」、つまり被写界深度エフェクトをオフにしたい場合の手順は以下の通りです。

【iPhone】ロック画面の時計で「時計より前に被写体を置く」方法5

【1】iPhoneのロック画面を長押しし、ロック画面の選択画面を開きます。①「カスタマイズ」をタップします。【2】カスタマイズしたい画面を選択する必要があるので、②「ロック画面」をタップします

【iPhone】ロック画面の時計で「時計より前に被写体を置く」方法6

【3】ロック画面のカスタマイズ画面に進みます。③「…」をタップします。【4】④「被写界深度エフェクト」がオン(✓マークがついている状態)になっているので、タップしてオフにします

【iPhone】ロック画面の時計で「時計より前に被写体を置く」方法7

【5】被写界深度エフェクトをオフにすると、時計が被写体の前に表示されていることがわかります。カスタマイズが終わったら⑤「完了」をタップします。【6】被写界深度エフェクトをオフにできました。ロック画面に設定したい場合は、この画像をタップしましょう

【作例】建物の後ろに時計をセット

被写界深度エフェクトを使用したロック画面の作例をご紹介します。

おすすめのひとつは、建物の後ろに時計をセットしたロック画面です。

【作例】建物の後ろに時計をセット

建物の後ろに時計をセットすると、立体感が出て建物が浮き上がっているように見え、迫力あるロック画面になります

 【作例】猫の耳の後ろに時計をセット

もうひとつのおすすめは、猫の耳の後ろに時計をセットしたロック画面です。

【作例】猫の耳の後ろに時計をセット

猫の耳が少しだけ時計にかかるような画像をセレクトすると、時計もきちんと見えますし、猫のかわいらしさがより引き立ちます。猫がおすわりしている画像だと縦横比もロック画面にちょうどいいのでおすすめです

【参考】ロック画面の時計より前に被写体をセットできないときの原因は?

ロック画面で時計より前に被写体をセットできないときの原因についてまとめました。

 iPhoneが「iOS 16」より前のバージョン

前述した通り、「被写界深度エフェクト」はiOS 16から採用された機能です。 iPhoneのOSがiOS 16より前のバージョンである場合、ロック画面で時計より前に被写体をセットできません。「設定」アプリの「一般」→「ソフトウェアアップデート」からiOSをアップデートしましょう。

写真が 「被写界深度エフェクト」に非対応

時計位置にかぶる程度に被写体が写っている写真でないと、上手く被写界深度エフェクトが機能しません。また、時計部分がごちゃごちゃしている写真も、被写界深度エフェクトが機能しない傾向にあります。時計より前に被写体をセットしたい場合は、被写体の輪郭が時計位置にかかる程度で、時計の位置部分がすっきりした画像を選ぶようにしましょう。

ロック画面の時計のフォントの太さ/カラーを変えるには?

「実際に画像を設定してみたけど、画像と時計の色やフォントが合っていない」と感じることもあるのでは。

こういった場合、時計の色やフォントを変更もできます。手順は以下の通りです。

ロック画面の時計のフォントの太さ/カラーを変えるには?1

【1】iPhoneのロック画面を長押しし、ロック画面の選択画面を開きます。①「カスタマイズ」をタップします。【2】②「ロック画面」をタップします

ロック画面の時計のフォントの太さ/カラーを変えるには?2

【3】③時計の部分をタップします。【4】時計のカスタマイズが開きます。④上からフォント、数字の太さ、色、色の濃さを選択可能です。お好みの時計にカスタマイズが完了したら、⑤「×」マークをタップして時計のカスタマイズ画面を閉じます

ロック画面の時計のフォントの太さ/カラーを変えるには?3

【5】⑥「完了」をタップします。【6】ロック画面の選択画面に、時計をカスタマイズした画面が追加されました。ロック画面に設定したい場合は、この画像をタップしましょう

新しいロック画面を作成して気分次第で切り替えることも可能

新しいロック画面の作成方法は先ほど解説しましたが、基本的に削除しない限り今まで作成したロック画面は、ロック画面の選択画面に保存されています。いくつかロック画面を作成し、気分やTPOによって簡単に切り替えることが可能です。

新しいロック画面を作成して気分次第で切り替えることも可能

【左】ロック画面を長押しすると、ロック画面の選択画面になります。「カスタマイズ」の横の「+」マークか、一番右までスワイプして新規ロック画面の追加の「+」マークをタップして新しいロック画面を作成しましょう。【右】ロック画面の選択画面には、今まで作成したロック画面が保存されています。ロック画面に設定するには、左右にスワイプして設定したい画面をタップするだけです

たとえば仕事中や集中モードの時のロック画面は、シンプルにカラーだけで時計のみを表示。一方プライベートタイムは、ペットやお気に入りの風景を設定し、時計のデザインにもこだわり、さらに便利なウィジェットを置くなどのカスタマイズを楽しむのもいいですね。

まとめ

今回はiPhoneのロック画面で時計の前に被写体を配置する方法や逆にエフェクトをオフにする方法、時計をカスタマイズする方法などを解説しました。

ちなみに筆者は、集中モードのときは心落ち着くブルーの建物の写真+時計を表示したロック画面、プライベートタイムは家族とスタジオで撮った写真に、ニュースが表示されるウィジェットを追加したロック画面に設定しています。ぜひ今回ご紹介した方法を使って、ロック画面をさらに好みになるようカスタマイズしてみてくださいね!

オトナライフ編集部
iPhone・Android・SNS・パソコン関連・キャッシュレス、QRコード決済など、さまざまな情報を独自の視点や切り口で発信するニュースサイト
X/Twitter:@otonalife

iPhone/Androidスマホやキャッシュレス決済、SNS、アプリに関する情報サイト[オトナライフ]

関連記事

【iPhone】ロック画面の時計で「時計より前に被写体を置く」方法:フォント変更も可のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidiPhoneパソコン/スマホの設定方法壁紙iPhoneの使い方iOS 16】の最新ニュースをいち早くお届けします。