「プログラミング経験ないけど読めるw」人材募集広告が話題 – “やられた”感が実にイイ

職病病、というものがある。飲食店で働いている人が買い物に訪れたお店で思わず、ドアチャイムに反応して「いらっしゃいませー!」と言ってしまったり、アパレル業界に勤務している経験からものすごく綺麗に洗濯物を畳んでしまったり。日常生活のなかでついうっかり仕事の癖が出てしまい、心のなかで焦った経験がある方も多いのではないだろうか。

今回ご紹介するXで話題のポストは、そのような職業病をうまく利用しているのだ。

読みはじめた時点で、適性アリ!

Xでバズったポストは、あきとんとん【縦型授業の人】@akitonton5さんによるこちらの投稿だ。

この投稿に添えられた写真の上半分を見て、まずあなたはどう思っただろうか。

普段からプログラミングにまったく触れることのない仕事をしており、プログラミング言語どころかアルファベットそのものをできる限り避けて生きている筆者にとって、この写真はなるべく視界に入れたくないレベルで苦手の塊である。電車の窓に貼ってあったら、ちらっと見ただけで「うわっ! わからん!」と目を逸らしていたであろう。

その時点でいかに筆者に、この広告が縁遠いものかがわかる。あきとんとん【縦型授業の人】@akitonton5さんの写真の下半分を見ると、なんとこれはエンジニアデザイナー募集の広告なのだ。プログラミング画面に興味を持つレベルで知識のある方はぜひ応募を、というターゲティングになっている。実際にコメント欄でも「プログラマー的にはこういうのめっちゃ刺さる」、「おもしろい!センスある広告だ」、「エンジニアはこんな広告見たら読みたくなっちゃうじゃんwwwずるいwww」など、思わず注目してしまうという声が多数寄せられている。

また非プログラマーである筆者はさっぱりなのだが、コメント欄には「ラムダ式なのも気持ちいい」、「C++言語もどき」などの意見も寄せられていたので、界隈の方には刺さる構成となっているのだろう。コメント欄にあった「広告自体がある意味「一次選考」になっている、とてもよく考えられた広告」という声の通り、知識のある層だけに訴求可能な広告となっているのだ。

実はプログラマー以外も解読可能!?

まるでプログラマーほいほい状態の広告だが、実は非プログラマーであっても解読可能な内容となっている。

プログラミング言語に見えるアルファベットの羅列だが、よくよく目を凝らしてみると、なんとただのローマ字文章なのだ! これには真剣にコードを解読しようと目を向けたコメント欄の皆さんも「スラスラと読めるコードな広告ですね」、「ただのローマ字! こういう広告うまいな」などと賞賛の声が相次いでいる。

話題のエンジニアデザイナー募集広告

(画像は「あきとんとん【縦型授業の人】(@akitonton5さん)」さん提供)

たしかに一度、読みはじめるとローマ字なのですらすらと読めてしまい、普段は広告になかなか目を留めない人も思わず一文、一文と読み進めてしまう仕組みになっている。結果として、なかなか人々にリーチしない求人広告の概要をしっかりと訴求できる上に、そのインパクトから転職を考えているエンジニアにとっては思わずアクションをとってしまう。まさに、あきとんとん【縦型授業の人】@akitonton5さんのポスト通り「やられた笑笑」の一言に尽きる。

普段はなかなか気に留めることの少ない、電車内の広告。「自分には関係ないや」と目を背けていると、実はおもしろい会社やサービスと出会う機会を逃してしまっている可能性がある。今日の通勤電車では、少し周囲に目を向けて広告を読んでみると、おもしろい気付きが見つかるかもしれない。

※サムネイル画像(Image:「あきとんとん【縦型授業の人】(@akitonton5さん)」さん提供)

オトナライフ編集部
iPhone・Android・SNS・パソコン関連・キャッシュレス、QRコード決済など、さまざまな情報を独自の視点や切り口で発信するニュースサイト
X/Twitter:@otonalife

iPhone/Androidスマホやキャッシュレス決済、SNS、アプリに関する情報サイト[オトナライフ]

関連記事

「プログラミング経験ないけど読めるw」人材募集広告が話題 – “やられた”感が実にイイのページです。オトナライフは、【SNSで話題X/Twitterで話題プログラミング】の最新ニュースをいち早くお届けします。