【Windows 10・11】パソコンをスリープ状態にする便利なショートカットキーや手順一覧

電源を切らずに作業を一時中断したいときに、便利なのが「スリープ」。パソコン(PC)の動作が停止し、消費電力を大幅に減らすことが可能。なおかつスリープから復帰すると、すぐに作業を再開できます。

この記事では、Windows 10・11でPCをスリープ状態にする便利なショートカットキーや手順を解説。また、スリープ代わりに画面ロックを使う方法もご紹介します。

【Windows 10・11】PCをスリープ状態にする便利なショートカットキー

PCをスリープ状態にする最も簡単な方法は、ショートカットキーを使うこと。ショートカットキーを使うと、マウス操作やメニュー選択などの手間を省いて、素早くスリープ状態にできます。

[Win]+[X]→[U]→[S]

このショートカットキーを使うと、クイックリンクメニューを開いて、電源ボタンをクリックして、スリープを選択するのと同じ操作を行うことが可能。

[Win]+[X]→[U]→[S]1

まず①[Win]キーと[X]キーを同時押し。画面にメニューが表示されたら、②[U]キー、次に③[S]キーを押すとスリープ状態になります

[Alt]+[F4]でダイアログボックスを開いてスリープ

[Alt]キーと[F4]キーの同時押しは、本来アクティブなウィンドウをスリープするショートカットキーです。しかし、アクティブなウィンドウがない場合、シャットダウンのダイアログボックスを開くことが可能。

[Alt]+[F4]でダイアログボックスを開いてスリープ1

①[Alt]キーと②[F4]キーを押し続けると、Windowsのシャットダウンのダイアログボックスが表示されます。ダイアログボックスで「スリープ」を選びましょう

【Windows 10・11】オリジナルのショートカットキーを作る方法

紹介したふたつのショートカットキーは、押しただけですぐにPCをスリープ状態にできるものではありません。そのため、オリジナルのショートカットキーを作っておくという手もあります。

新しいショートカットを作成する

まずは新しいショートカットを作成します。手順は以下の通り。

新しいショートカットを作成する1

【1】デスクトップの何もない所で右クリックし、「新規作成」にカーソルを合わせ、「ショートカット」をクリックします

新しいショートカットを作成する2

【2】ボックスに「rundll32.exe powrprof.dll,SetSuspendState 0,1,0」と入力し、「次へ」をクリック

新しいショートカットを作成する3

【3】ショートカットの名前を入力し、「完了」をクリックします

コマンドにキーを割り当てる

次に、作成したショートカットにキーを割り当てます。

コマンドにキーを割り当てる1

【1】デスクトップに作成されたショートカットの上で右クリックし、「プロパティ」をクリックします

コマンドにキーを割り当てる2

【2】ショートカットタブを開き、ショートカットキーの入力欄に好きな組み合わせを入力します。入力が終わったら「OK」をクリックして完了です

【Windows 10・11】画面ロックを「スリープ」代わりに使う手もある

PCをスリープ状態にすると作業を一時中断できますが、PCの電源は完全には切れません。そのため、長時間放置すると、バッテリーの消耗やセキュリティのリスクがあります。そこで、画面ロックを「スリープ」代わりに使う手もあります。

[Win]+[L]

[Win]キーと[L]キーの同時押しですぐにPCが画面ロック状態に移行します。

[Win]+[L]1

画面ロックをすると、PCの画面が暗くなり、パスワードやPINなどの認証が必要になります。画面ロックでPCの動作は停止しませんが、消費電力は少なくなり、セキュリティも高まります

【Windows 10・11】その他のPCをスリープ状態にする主な方法

ショートカットキー以外にも、PCをスリープ状態にする方法はいくつかあります。ここでは、Windows 10・11でPCをスリープ状態にするその他の主な方法を紹介します。

スタートメニューからスリープ

もっともメジャーな方法のひとつが、スタートメニューからスリープを選択すること。

スタートメニューからスリープ1

①「Windowsマーク」→②「電源アイコン」をクリックし、③「スリープ」をクリックして選択します

クイックリンクメニューからスリープ

クイックリンクメニューからは[Win]+[X]→[U]→[S]のショートカットキーと同じ操作でスリープができます。

クイックリンクメニューからスリープ1

①「Windowsマーク」の上で右クリックし、メニューより②「シャットダウンまたはサインアウト」→③「スリープ」をクリックします

ロックまたはサインイン画面からスリープ

PCがロック状態になっている場合、ロック画面もしくはサインイン画面からスリープを選ぶことが可能。

【1】ロック画面もしくはサインイン画面右下の電源ボタンをクリックします。
【2】「スリープ」を選択すれば完了です。

シャットダウンダイアログでスリープ

この方法は、[Alt]+[F4]のショートカットキーでスリープ状態にするのと同じ手順です。

シャットダウンダイアログでスリープ1

キーボードで[Alt]+[F4]のキーを同時に押します。シャットダウンダイアログが表示されたら、「スリープ」を選択して「OK」をクリックして完了です

まとめ

電源を切らずに作業を一時中断できるスリープ。ショートカットキーを利用すると、面倒なクリックの手間が省けるため非常に便利です。シャットダウンするほどでもないが、一時的にパソコンから離れる場合や、バッテリーの消耗を押さえたいときなどに利用しましょう。

※サムネイル画像(Image:Hamara / Shutterstock.com)

オトナライフ編集部
iPhone・Android・SNS・パソコン関連・キャッシュレス、QRコード決済など、さまざまな情報を独自の視点や切り口で発信するニュースサイト
X/Twitter:@otonalife

iPhone/Androidスマホやキャッシュレス決済、SNS、アプリに関する情報サイト[オトナライフ]

関連記事

【Windows 10・11】パソコンをスリープ状態にする便利なショートカットキーや手順一覧のページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスWindows 10パソコンパソコン/スマホの設定方法ショートカットキーWindows 11Windows 11の使い方】の最新ニュースをいち早くお届けします。