シニアスマホあるある10選「格安SIM乗り換え直後にドコモショップに行こうとした!」75歳同居母

筆者と同居する75歳になる母が、ドコモのらくらくホンから普通のAndroidスマホ&格安SIMに乗り換えました。ところが、その翌日から次々と信じられないことが起き始めたのです。そこで今回は、高齢者にスマホを持たせるとどのようなことになるのか、実際に起きた事例を紹介しましょう。

【1】ホーム画面にフォルダが何個もできていた!

筆者と同居する75歳の母は、ドコモのらくらくホンから格安SIMの「IIJmio」に乗り換え、スマホもAndroidスマホの「OPPO A79 5G」に変更しました。

すでに、らくらくホンの時代からLINEをバリバリ使いこなし、Googleで検索することも覚え始めた母ですが、翌日、スマホを確認してみると、ホーム画面が大変なことになっていました。ホーム画面になぜか3つのフォルダができており、設定アプリアイコンが2つあったのです。

実は、母はらくらくホンのとき誤タッチ防止機能をオンにしていた影響で、画面をグッと押し込むクセがついており、気がづかないうちにアイコンを長押しして隣のアイコンと重ねてしまっていたんですね。

「画面は軽くタッチすればいいからね、ギュッと画面を押さないように」と伝えることで、この現象は見られなくなりました。

らくらくホンの誤タッチ防止機能の影響で、母は画面をグッと押すクセがついていました。それが原因でホーム画面が大変なことに……(筆者撮影)

【2】機内モードになっていた!

翌日、母が「電話もLINEも何もできない!」と訴えてきました。さっそくスマホを見ると、クイックパネルの「機内モード」がオンになっているではありませんか! さすがにこれでは何もできないでしょう。それにしても、どうして母は機内モードをオンにしたのでしょうか? 

その原因は、母がどうしても電車のなかで「マナーモード」を使いたいというので、クイックパネルの使い方を教えたためです。おそらく、マナーモードボタンを押そうとして、誤って機内モードに触れてしまったのでしょう。

そこで、筆者はクイックパネルのスクショを撮って、そこに各ボタンの機能を手書きしてLINEで送っておいたのです。

ちなみに、母は飛行機に乗ることはないので、後日、念のために機内モードのアイコンがそもそも表示されないように、後ろのほうに隠しておきました。

こちらが筆者が母のために作成したクイックパネルの使い方画像(実物)です。高齢者はいっぺんにたくさんのボタンを覚えられないので、このようなものが必要になると思います(筆者撮影)

【3】常にボリュームが最大か最小になっている!

母のクセで困ったのが、なぜかスマホを手のひらでギュッと握ってしまうことです。スマホの横には物理的なボリュームボタンがありますが、これをグイっと押してしまうので、スマホを見ると常にボリュームが最大か最小になっているのです。

「スマホは手のひらにのせて、ギュッと握らないでね」と言ってからは、少し改善したようですが……。

シニアスマホあるある10選「格安SIM乗り換え直後にドコモショップに行こうとした!」75歳同居母のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidスマホLINEAndroid格安SIMドコモIIJmio】の最新ニュースをいち早くお届けします。