「通話タブ」を表示し利用しよう!

LINEの無料通話履歴をもっと簡単に確認したい

LINEの無料通話は、家族や友だちなど決まった相手と長電話したいときには非常に便利だが、ひとつ困ったことがある。通話履歴を確認するには、通話した相手とのトークルームをいちいち開かないといけない。しかし、実はまとめて表示する方法があるのだ。

ニュースタブを通話タブに変更する

LINEの無料通話履歴をもっと簡単に確認したい「通話タブ」を表示し利用しよう!

(Image:10 FACE / Shutterstock.com)

 LINEの無料通話で、いつかけたのか、あるいはいつかかってきたのかを知りたいなら、その友だちのトークルームを表示すれば、無料通話の日付と時間がわかる。ただし、履歴を確認したい友だちが複数いれば、その友だちとのトークルームをすべて表示してみる必要が出てくる。そのため、友だちの数が多いと、かなり手間がかかってしまう。
 そこで利用したいのが、通話タブだ。無料通話の履歴をまとめて表示することができる。注意したいのは、初期状態では通話タブは表示されていないこと。通話タブを利用したいときは、ニュースタブの代わりに通話タブを表示するように設定を変更しなければならない。

【手順】

LINEの無料通話履歴をもっと簡単に確認したい

LINEの「設定」メニューの「通話」をタップする

LINEの無料通話履歴をもっと簡単に確認したい

「通話」メニューの「通話/ニュースタブ表示」をタップする

LINEの無料通話履歴をもっと簡単に確認したい

「通話」をタップしてチェックをつける

通話履歴を確認する

通話タブを表示する設定に変更できたら、実際に表示してみよう。これまでの無料通話の履歴が一覧表示される。なお、発信履歴と着信履歴が同じ画面に表示されるが、名前の下に表示されている矢印の向きで判別できる。

【手順】

LINEの無料通話履歴をもっと簡単に確認したい「通話タブ」を表示し利用しよう!

iPhoneでは画面下部、Androidでは画面上部の受話器アイコンをタップして、通話タブを表示する

LINEの無料通話履歴をもっと簡単に確認したい「通話タブ」を表示し利用しよう!

これまでの通話履歴が表示される。右側に表示されている受話器アイコンをタップし、ここから無料通話を発信することも可能だ。また、名前の下に表示されている矢印が上向きなのが発信履歴で、下向きなのが着信履歴だ

LINEのニュースタブは、利用している人がやや少ない機能のひとつだ。ニュースはLINE以外のアプリで見ると決めている人は、ニュースタブより通話タブを表示しておくと便利だろう。なお、自分が友だちに追加していない相手との履歴は、通話タブには表示されないことに注意したい。

LINEの無料通話履歴をもっと簡単に確認したいのページです。オトナライフは、【アプリiPhone8LINE無料通話】の最新ニュースをいち早くお届けします。