適切な設定で乗っ取りを防止!【LINE】アカウントを乗っ取られないようにするにはどうしたらいい?

悪意ある第三者による詐欺行為に使われるなど、大きな社会問題になったLINEの乗っ取り。このような犯罪行為だけでなく、アカウントの削除など、大きな被害を受ける恐れもある。アカウントを乗っ取られないようにするために、万全の対策をしておこう。

LINEを乗っ取られたかどうかを確認する

【LINE】アカウントを乗っ取られないようにするにはどうしたらいい?

(Image:StreetVJ / Shutterstock.com)

 今や生活に深く浸透しているLINE。このLINEアカウントを狙った乗っ取り被害は、未だに続いているので注意したい。LINEアカウントが乗っ取られると、詐欺行為などの犯罪に利用されるケースが多い。
 もし自分のアカウントが犯罪に利用されると、そのアカウントは削除されてしまう。つまり、これまでの大事なトーク履歴やタイムラインなども消滅する。このような事態にならないためにも、セキュリティ対策は万全にしたい。
 アカウントの乗っ取りは、主に自分のアカウントのメールアドレスとパスワードを使い、他の端末からログインして乗っ取られる。もし他の端末で自分のアカウントが使われている場合、通知などから確認することが可能だ。

【LINE】アカウントを乗っ取られないようにするにはどうしたらいい?

自分のスマートフォン以外でログインされると、LINEから通知が届く。もし自分がログインしていないものなら、第三者が勝手にログインしたと推測できる

【LINE】アカウントを乗っ取られないようにするにはどうしたらいい?

設定画面を開き、「アカウント」→「ログイン中の端末」をタップ。この画面で、現在ログイン中の端末を確認できる。自分がログインしていないものは、すぐに「ログアウト」をタップしよう

乗っ取られないように設定を変更する

【LINE】アカウントを乗っ取られないようにするにはどうしたらいい?

設定画面で「アカウント」→「パスワード」を開く。英数字を組み合わせ、できるだけ長いパスワードを設定する

 LINEアカウントの乗っ取りを防ぐには、強固なパスワードを設定することだ。誕生日や名前など、推測されやすいものは避け、英数字を組み合わせたできるだけ長いパスワードに変更しよう。なお、他のサービスで使っているパスワードを使い回すのは厳禁。かならずサービスごとに別のパスワードを設定しよう。
 パソコンやタブレットでLINEを使わないなら、他の端末からのログイン許可をオフに設定しよう。これで、自分のスマートフォン以外からはLINEが利用できなくなる。

【LINE】アカウントを乗っ取られないようにするにはどうしたらいい?

設定画面で「アカウント」を開き、「ログイン許可」をオフにする。これで、他の端末からはログインができなくなる