自動資金運用の「THEO+」を利用ドコモのdポイントで手軽に100ptから投資信託デビューしよう!

なかなか元本保証のない投資に手を出せない臆病な人にこっそり教えたいのが、ドコモのdポイントで投資ができる「dポイント投資」だ。現金ではなく、ドコモの利用でもらえるdポイントで投資できるのでリスクは少ない。投資デビューにはピッタリだろう。

dポイント100ptから手軽に投資できる!

ドコモのdポイントで手軽に100ptから投資信託デビューしよう!

(Image:「Wikipedia」より/Lamene)

 オトナライフではすでに自動資金運用システム「WealthNavi」を紹介したが、同じような自動資金運用の「THE0」も人気だ。いきなり現金でリスクのある投資をするのは勇気がいるが、「THEO」ならドコモのdポイントで100ptから試せるのだ。これなら最低限のリスクで投資デビューできるのでは?
 ドコモでは自分のdポイントを使って投資体験ができる新しいサービスを2018年5月からスタートしている。dポイントを「運用ポイント」に交換あるいは追加すると、投資信託に連動して増えたり減ったりするのだ。自動資金運用はお金のデザイン社が運用する「THEO+」を利用。株式や債券(ETF)でdポイントを運用する。コースは「アクティブ」と「バランス」の2種類があり、アクティブコースは高リターンを目指して債券よりも株式に比重を置く。バランスコースは安定したリターンを目指し、株式よりも債券に比重を置く。あとは、THEO+で自動的に運用してくれるので、アナタは何もしなくてもいいのだ。もちろん、損するリスクはあるが、dポイントで投資の勉強をすると思えば最低限のリスクだと言えるだろう。

ほとんど損しない裏技運用も可能ってホント?!

ドコモのdポイントで手軽に100ptから投資信託デビューしよう!

(Image:dpoint-inv.com)

「dポイント投資」で運用できるのはdポイント100ptからで、手数料は無料だ。運用ポイントはいつでもdポイントに交換したり引き出すことができる。もちろん、運用で得た利益は普通のdポイントとして利用可能。ただし、期間・用途限定のdポイントは運用できないので注意しよう。
 運用ポイントは土・日・祝日を除き、毎日1回17時頃に更新されるが、実はこれに目を付けて、ほとんど損しない後出し投資も可能だという。THEO+は海外の株式や債券で運用されるので、前日の海外株取引の値動きやドル円相場をチェックすれば、高い確率で当日の値動きを予想できる。もし、上がりそうなら16時59分までポイントを「追加」し、下がりそうなら「引出」すればよい。つまり、高い確率で損しないという裏技運用が可能なのだ。
 しかし、2018年12月17日より1日当たりの追加上限額は、THEO+docomo利用者で最大1万pt、THEO+docomo非利用者は2,000ptに変更された。しかも、積立運用が条件になっているので、現在ではこの裏技での運用はかなり難しくなっているという。
 とはいえ、dポイント100ptから投資できるので、「dポイント投資」なら投資に臆病な人でもゲーム感覚で試せるだろう。