「メール返信できなくて」は通用しない

【Gmail】外出中や休暇中に届いたメールに自動返信する設定の方法

「不在通知」を設定してお休みのお知らせを自動返信

【Gmail】外出中や休暇中に届いたメールに自動返信する設定の方法

(Image:BigTunaOnline / Shutterstock.com)

 ビジネスメールの場合、相手からのメールへの返信が滞るのは非常にマズい。ネットが発達した現代ではどこにいてもメールは届くので、「メールが受信できなくて…」といった言い訳は通用しない。しかし、休暇中ぐらいはメールから解放されたいものだ。
 もしGmailを使っているなら、お薦めなのが「不在通知」機能。この機能を設定しておくと、自分宛に届いたメールに対し、設定した文面を自動で返信してくれる。返信できないことやいつまで休みかを相手に伝えられるので、相手に対して失礼にならない。長期休暇などメールの返信が困難なときはぜひ設定しておきたい。「不在通知」機能はスマホのGmailアプリからでも設定できるので、設定を忘れてしまっていても安心。出先からサッと設定してしまおう。

【Gmail】外出中や休暇中に届いたメールに自動返信する設定の方法

Gmailアプリを開いたら、画面左上の「≡」をタップする

【Gmail】外出中や休暇中に届いたメールに自動返信する設定の方法

メニューが表示されるので、下部にある「設定」をタップする

【Gmail】外出中や休暇中に届いたメールに自動返信する設定の方法

設定画面が表示されるので、不在通知を設定するアカウントをタップする

【Gmail】外出中や休暇中に届いたメールに自動返信する設定の方法

アカウントの設定画面が表示されるので「不在通知」をタップする

【Gmail】外出中や休暇中に届いたメールに自動返信する設定の方法

「不在通知」をオンにし、不在通知を返信する期間、件名とメッセージを設定しよう。連絡先からのメールにのみ返信する場合は、「連絡先にのみ送信」をオンにする。設定が終わったら「保存」をタップする

仕事のメールはいつでも届く現代。とはいえ、お休みのときぐらいは仕事から離れたいのは世の常だ。長期休暇を取るときは「不在通知」を設定し、仕事のことを忘れて思い切り休暇を満喫しよう。なお、連絡先にメルマガのアドレスが登録されていると、メルマガの送信者に向かって不在通知を送ってしまうことになる。この機能を利用するときには、連絡先に返信したくない相手が登録されていないか、あらかじめ確認しておきたい。

 

(文=岩渕茂/ライター)

 

 

【Gmail】外出中や休暇中に届いたメールに自動返信する設定の方法のページです。オトナライフは、【スキル・ビジネススキルビジネスメール便利】の最新ニュースをいち早くお届けします。