どんな形式の動画でもほとんど再生可能

スマホで撮った縦長動画をパソコンで再生すると横向きで再生されてしまう!

スマホで動画を撮影するときに、スマホを縦にして撮ることが多くなってきた。しかし、パソコンにスマホの動画をコピーしてプレイヤーソフトで再生してみると、なぜか横向きで再生されてしまうことがある。そんなときに利用してもらいたいのが「VLC media player」だ。「VLC media player」なら、スマホで撮った縦長動画はもちろん、どんな形式の動画でもほとんど再生できるぞ!

スマホで撮った縦長動画もしっかり再生できる

(Image:Shutterstock.com)

 スマホのカメラが高画質になったことで、写真だけでなく動画の撮影をする機会が増えてきた。しかし、普段スマホは縦にして使うことが多いので、動画の撮影も従来のように横長ではなく縦長の動画で撮影することも多いだろう。この縦長動画をパソコンに取り込んで古いプレイヤーソフトで再生すると、横向きで再生されてしまうことがある。最近のプレイヤーソフトならアスペクト比を自動感知して縦長動画はちゃんと縦で再生できるものも多いが、縦長動画なのに横長で再生されると、ちょっと見にくい。
 そこで、オススメしたいのが「VLC media player」だ。この動画再生プレイヤーソフトは、スマホで撮影した縦長動画なら、しっかり縦長で再生できるのだ。

大きい画像を表示

スマホで撮影した縦長の動画を、パソコンにインストールした古い動画プレイヤーで再生すると、なぜか横向きで再生されてしまった。これは見にくい……

大きい画像を表示

「VLC media player」公式サイトで「ダウンロードVLC」をクリックするとソフトをダウンロードできる。筆者のPCはWindows10(32bit)なので「vlc-3・0.6-win32.exe」をダウンロードした。各自の機器に対応したソフトを入手しよう

大きい画像を表示

インストールを始めると、最初に「日本語」を選択する画面が表示されるので「OK」をクリックし、そのあとはウィザード画面に従って「次へ」を押していけばよい

ジオメトリで動画を90度回転させられる!

大きい画像を表示

「VLC media player」のインストールが終わったら、さっそく動画を再生してみよう。ちなみに、画面左下のアイコン(赤カコミ部分)をクリックすると「調整とエフェクト」画面が表示される

大きい画像を表示

もし、縦長動画が正しく再生されない場合は、「調整とエフェクト」の「ビデオエフェクト」→「ジオメトリ」で画面を90度回転させよう。これで縦長のスマホ動画も楽しめる!

 パソコン用動画再生プレイヤーとしては定番の「VLC media player」は、さまざまなコーデックを内蔵しているので、どんな形式の動画でも再生できるのが特徴。また、OSもWindows、Linux、MacOS、iOS、Andoridまで対応しており、スマホでもアプリを入手すれば対応可能だ。これだけ優秀な動画プレイヤーなのに、「VLC media player」には変な広告表示もなく、すべて無料で利用できるのが素晴らしい。
 まずは「VLCメディアプレイヤーの公式ダウンロード」から自分の機器のOSに対応するソフトを入手しよう。インストールは最初に日本語を選ぶくらいで、基本的にはウィザード画面に従って「次へ」を押していけば大丈夫。インストールが終わったらスマホで撮影した縦長動画を再生してみよう。そのまま自動的に縦で再生されると思うが、もし、横長で再生されたら、「調整とエフェクト」の「ビデオエフェクト」→「ジオメトリ」で画面を90度回転させよう。これで縦長のスマホ動画も楽しめるぞ!

VLC media player(PC版)は→こちら

 

VLC for Android

VLC for Android

楽天で購入
VLC for Mobile

VLC for Mobile

アマゾンで購入

スマホで撮った縦長動画をパソコンで再生すると横向きで再生されてしまう!のページです。オトナライフは、【アプリAndroidiPhoneアプリ動画】の最新ニュースをいち早くお届けします。