Apple社公認の変換ケーブルが付属

【iPhone】音楽の音質を劇的に良くしてくれる「ポータブルDACアンプ」

iPhoneを音楽プレイヤーとして使っている人は多いだろう。確かにiPhoneでしか音楽を聴かないのであれば、それで十分満足できるだろうが、やはり本格的なオーディオプレイヤーと比べるとiPhoneの音は決してよくはない。そんな不満を持っている人は、今すぐポータブルDAC内蔵ヘッドホンアンプFiiO「Q1 MarkⅡ」試してみよう!

iPhoneの音質を向上させるには?

(Image:Amazon.co.jp)

 普段からiPhoneを音楽プレイヤーとして使用している人は多いだろうが、iPhoneは基本的に携帯電話なので決して高音質な音楽プレイヤーだとはいえない。むしろ、高級なヘッドフォンを購入したりすると、もっと高音質な音楽プレイヤーで音楽を聴きたいという欲求が生まれることもある。
 そんなiPhoneの音質に満足できない人におすすめしたいのが、ポータブルDAC内蔵ヘッドホンアンプである。「DAC」とはデジタル/アナログコンバータ」のこと。つまり、デジタルデータの音楽をアナログに変換して音を聴けるように変換する回路や機械のこと。このDACの性能によって音質は大きく変わるのである。そこで、iPhoneにポータブルDAC内蔵ヘッドホンアンプを接続することで、iPhoneの音質を飛躍的向上させようというわけだ。

(Image:Amazon.co.jp)

FiiO「Q1 MarkⅡ」にはライン入力&出力が可能な3.5mm多機能端子を搭載。ライン入力したときはアナログポータブルヘッドホンアンプとして、ライン出力として使用する場合は「USB DAC」として利用可能だ

(Image:Amazon.co.jp)

FiiO「Q1 MarkⅡ」はヘッドホン出力のレベルを調整するGain切替機能と低音レベルを調整するBass Boost機能を搭載。ヘッドホンや音楽に応じたベストバランスを探ることができる

Apple公認の変換ケーブルが付属するので接続が簡単!

(Image:Amazon.co.jp)

FiiO「Q1 MarkⅡ」の付属品は「micro USBロングデータケーブル」「3.5 mmオーディオケーブル」「シリコーンバンド」「ショートタイプシリコンバンド」「シリコンパッド」「キャリングポーチ」のほか、iPhoneからデジタルで音声信号を入力できる「Lightning-to-micro USBショートケーブル」も同梱されている

 ポータブルDAC内蔵ヘッドホンアンプはさまざまな機種が発売されているが、iPhoneと組み合わせて使用するなら断然FiiO「Q1 MarkⅡ」がおすすめ。FiiO「Q1 MarkⅡ」はApple社MFi認証済みなので、付属の「Lightning-USBケーブル」で音声信号を直接入力することが可能であるのが最大のポイント。もちろんFiiO「Q1 MarkⅡ」は高性能DACや高品質なオペアンプチップを採用しているので、スタンダード音源のApple Musicであっても、高音質で迫力あるものに変換できる。しかも、本体重量は101gと軽量で、本体サイズも99×59×12.5mmとiPhone Xよりも小ぶりなので邪魔にならないのだ。また、価格も約1万4,000円ほどで非常にリーズナブル。FiiO「Q1 MarkⅡ」は性能と価格のバランスに優れたiPhone用ポータブルDAC内蔵ヘッドホンアンプと言えるだろう。

●FiiO(公式)は→こちら

 

FiiO Q1 MarkⅡ FIO-Q1MK2

FiiO Q1 MarkⅡ FIO-Q1MK2

アマゾンで購入

【iPhone】音楽の音質を劇的に良くしてくれる「ポータブルDACアンプ」のページです。オトナライフは、【デジタルiPhone音楽】の最新ニュースをいち早くお届けします。