タイムラインを遡るのは面倒

Twitterで相手の過去ツイートを「twilog」を使って調べる方法!

知人やフォロワー、有名人が投稿した過去のツイートが気になることがあるだろう。しかし、タイムラインを遡るのはかなり面倒だ。過去のツイートをチェックしたいときは、便利なサービスやTwitterアプリの高度な検索機能を使うとよい。

最新100件分のツイートを簡単にチェックできる「twilog」

Twitterで相手の過去ツイートを「twilog」を使って調べる方法!

(Image:BigTunaOnline / Shutterstock.com)

 「twilog」を使えば、最新の100件分のツイートを簡単にチェックできる。このサービスで調べるときに必要なのは、相手のユーザー名のみ。これを「twilog」で入力すれば、直近の100件のツイートがすぐに表示される。また、キーワード検索もできるので、探したいツイートも見つけやすい。PCモードに切り替えれば、ツイートを日付から検索することも可能だ。

Twitterで相手の過去ツイートを「twilog」を使って調べる方法!

はじめに調べたい相手のユーザー名を確認する。ユーザー名は、「@」マークよりあとに表示される文字列だ

Twitterで相手の過去ツイートを「twilog」を使って調べる方法!

「twilog」(http://twilog.org)にアクセスする。少し下にスクロールするとある「とりあえず使ってみたい」欄のテキストボックスにユーザー名を入力し、「GO」をタップする

Twitterで相手の過去ツイートを「twilog」を使って調べる方法!

これで相手が投稿した直近100件のツイートが日付順で表示される

Twitterで相手の過去ツイートを「twilog」を使って調べる方法!

ページの右上にある「≡」をタップすると、メニューが表示される。「ツイート検索」にキーワードを入力して虫眼鏡アイコンをタップすると、そのワードが入っているツイートのみに絞り込める

Twitterで相手の過去ツイートを「twilog」を使って調べる方法!

「PCモードに切替」をタップすると、パソコンのブラウザーで表示する画面にも切り替えられる

Twitterで相手の過去ツイートを「twilog」を使って調べる方法!

PCモードでは、ツイートの日付から検索することも可能だ

Twitterの公式アプリで期間を指定して検索

 Twitterの公式アプリでは、期間を指定して相手のツイートを検索することができる。すこし長い検索キーワードの入力が必要だが、Twitterアプリだけで検索できるので手順を覚えておくと便利だろう。
 この方法で検索するには、ユーザー名と期間(開始日と終了日)を指定する。利用するコマンドだが、ユーザー名を指定するには「from:(ユーザー名)」、開始日は「since:(開始日)」、終了日は「until:(終了日)」となる。この3つを半角スペースで区切って入力すると、指定したユーザーがその期間にツイートした結果が表示される。
 なお、この方法では表示される検索結果はTwitter側の補正が入るため、すべてのツイートが表示されるわけではないので注意しておこう。

Twitterで相手の過去ツイートを「twilog」を使って調べる方法!

検索タブを表示し、ボックスに「from:(ユーザー名) since:(開始日) until:(終了日)」を入力して検索する。たとえば、2018年にくまモンがツイートした内容を検索するときは、「from:55_kumamon since:2018-01-01 until:2018-12-31」と入力する

Twitterで相手の過去ツイートを「twilog」を使って調べる方法!

検索結果は、投稿が新しい順に表示される。なお、すべての結果が表示されないことがあるので注意しよう

検索するときは、今回紹介した方法を使うのが便利だ。特に「twilog」は直近100件までだが、恐ろしいほどつぶやいている人でなければかなり昔まで遡れるはずだ。会員登録などせずにサッと使えるので、過去のツイートを調べたいときにはお勧めだ。

 

Twitterで相手の過去ツイートを「twilog」を使って調べる方法!のページです。オトナライフは、【アプリSNSTwitter】の最新ニュースをいち早くお届けします。