LINEのトーク履歴を完全に復元する方法とその消える原因とは?

LINEで「トーク履歴が消えてしまった!」というトラブルは後を絶たない。トーク履歴は、案外単純なミスで消えてしまうからだ。大切なトーク履歴を守るためにも常日頃のバックアップと消える原因を知っておくことが大切だ。

 

【目次】
・iPhoneでトーク履歴をバックアップする方法と復元する方法 ・Androidでトーク履歴をバックアップする方法と復元する方法
・トーク履歴が消える原因は?
・機種変更などの理由で別のスマホでログインした
・異なるOSに機種変更した
・手動でトーク履歴を削除した
・LINEアプリに不具合が起きている
・まとめ

 

iPhoneでトーク履歴をバックアップする方法と復元する方法

(Image:Chayantorn Tongmorn / Shutterstock.com)

 トーク履歴を復元するには、バックアップがされていることが前提となる。つまり、バックアップがないと、トーク履歴は元に戻せない。このようにバックアップは非常に重要。常日頃からバックアップするクセをつけておくのが、このトラブルの解決の近道だ。
 iPhoneでバックアップをする場合、iCloudを利用する。バックアップする方法は非常に簡単で、「トークのバックアップ」画面で「今すぐバックアップ」を選択するだけだ。
 注意したいのが復元方法。iPhoneで復元するには、いったんLINEアプリを削除し、再度ログインする際にしか復元する方法しかない。

iPhoneでトーク履歴をバックアップするには、LINEの「ホーム」タブで歯車アイコンをタップして設定画面を開き、「トーク」→「トークのバックアップ」をタップ。「トークのバックアップ」画面が表示されるので、「今すぐバックアップ」をタップする。トーク履歴がiCloudにバックアップされ、「前回のバックアップ」の日付が更新される。これでバックアップは完了だ

バックアップを復元するには、LINEアプリをいったん削除する。再インストールしてLINEに再度ログインして進めていくと、「トーク履歴を復元」画面が表示される。ここで「トーク履歴を復元」をタップすると、バックアップが復元される。なお、この画面以降で復元する術はない。必ずここで復元しよう

Androidでトーク履歴をバックアップする方法と復元する方法

 Androidでは、「トーク履歴をバックアップ&復元」画面でバックアップや復元の操作を行う。Androidで注意する点は、複数のGoogleアカウントを設定している場合。「トーク履歴をバックアップ&復元」画面で、バックアップするアカウントを正しく選択する必要があるので注意しよう。

Androiでトーク履歴をバックアップするには、LINEの「ホーム」タブで歯車アイコンをタップして設定画面を開き、「トーク」→「トーク履歴をバックアップ&復元」をタップ。「Googleアカウント」に、自分のGmailアドレスが表示されていることを確認する。もし、別のアドレスが表示されているときはタップする

アカウントの選択画面が表示されるので、自分のGmailアドレスを選択し、「OK」をタップする

バックアップするときは、「Googleドライブにバックアップする」をタップする。トーク履歴がGoogleドライブにバックアップされ、「前回のバックアップ」の日付が更新される。これでバックアップは完了だ

復元するときは、「復元する」をタップする。選択されているアカウントのGoogleドライブにバックアップされているトーク履歴が復元される

LINEのトーク履歴を完全に復元する方法とその消える原因とは?のページです。オトナライフは、【SNSLINEアプリ】の最新ニュースをいち早くお届けします。