Windows 10 Homeをある技を使って格安でProへアップグレードする方法

Windows 7~10 Proのプロダクトキーがあればアップグレード可能

 Pro独自の機能は普通のユーザーでも利用できると非常に便利なものだ。しかし、Windows 10 HomeユーザーはProへのアップグレードが必要になる。通常の方法(Microsoftストアからアップグレード)だと、1万7千円程度の出費が必要。これはちょっとお財布が痛い。
 これをもっとお安くする方法が、Pro版のプロダクトキーを用意するというもの。実は、古いWindows Pro版のプロダクトキーがあれば、Windows 10 Proへアップグレードできてしまうのだ。具体的には、Windows 7以降のPro版のプロダクトキーがあればOK。
 古いWindowsのプロダクトキーは、オンラインショップなどでは格安で販売していることがある。つまり、このようなショップから入手しておけば、お安くアップグレードが可能ということになる。
 ただし、プロダクトキーを格安で販売しているオンラインショップは、非正規品を販売していることもある。あくまで自己責任で購入してほしい。

ヤフーショッピングなどに出展しているオンラインショップでは、プロダクトキーだけを格安で販売しているショップが多く見つかる。ただし、正規品かどうかはわからないため、購入する場合は自己責任で行ってほしい

プロダクトキーを入手したらアップグレードする

 プロダクトキーを入手できたら、あとはアップグレードするだけだ。アップグレードする前に、万が一に備えてバックアップだけは忘れないようにしておこう。
 バックアップをしたら、設定アプリでPro版のプロダクトキーを入力するだけでOK。パソコンが再起動されたら、Windows 10 Proになっているはずだ。

設定アプリで「更新とセキュリティ」→「ライセンス認証」を開き、「プロダクトキーの変更」をクリックする

プロダクトキーの入力画面が表示されるので、入手したPro版のプロダクトキーを入力し、「次へ」をクリックする

アップグレードの確認メッセージが表示されるので、「開始」をクリック。Windows 10 Proへのアップグレードが始まる

Windows 10 Proの機能は、実は一般ユーザーでも利用できた方が便利なものが多い。とはいえ、1万円以上の出費は痛いもの。今回紹介した方法なら格安でアップグレードが可能だ。ただし、利用するプロダクトキーの種類によってはグレーな可能性もあるので、その点はくれぐれも注意してほしい。

Windows 10 Homeをある技を使って格安でProへアップグレードする方法のページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスwindows10設定】の最新ニュースをいち早くお届けします。