Googleドライブを使ってExcelやWordファイルをOfficeなしで編集する方法

Googleドライブには、パソコンからExcelやWordのファイルをアップロードしてオンラインで編集できる機能がある。ファイル形式を変換しなくても、Excel形式やWord形式のまま編集することが可能だ。テレワークで自宅のパソコンを使って仕事するときなどに便利なので、ぜひ覚えておこう。

ExcelやWordがなくても文書を閲覧・編集できる!

 新型コロナウイルスの影響で、テレワーク(リモートワーク、在宅勤務)を余儀なくされている人が多い。しかし、自宅のパソコンにはExcelやWordが入っていない、あるいはバージョンが古くて困っている場合もあるだろう。
 そんなときの対処方法として、Googleドライブにファイルをアップロードし、ブラウザ上で編集するという方法がある。ExcelのファイルならGoogleスプレッドシート、WordならGoogleドキュメント、PowerPointならGoogleスライドで編集できる。以前はアップロードしたファイルをスプレッドシート形式などに変換する必要があったが、現在は変換せずにそのまま編集できるようになっている。そのため、編集後のファイルをExcelで開いたり、ほかの人に送ったりしても問題が起こりにくい。Excel形式のまま編集しても、共有や変更履歴の管理といった機能はスプレッドシート形式のファイルと同様に利用できるので、非常に便利だ。

不要なChrome拡張機能はあらかじめ削除しておく

 ブラウザとしてChromeを使う場合、「ドキュメント、スプレッドシート、スライドで Office ファイルを編集」という拡張機能がインストールされていると、ここで紹介する機能を利用できない。もしインストールされていたら、事前に削除しておこう。

Chromeで「chrome://extensions/」にアクセスし、拡張機能の管理画面を開く。一覧に「ドキュメント、スプレッドシート、スライド…」があれば「削除」をクリックし、確認画面が表示されたら「削除」をクリックする

●拡張機能の管理画面を開くには→こちら

Googleドライブを使ってExcelやWordファイルをOfficeなしで編集する方法のページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスChromeExcelGoogleGoogleドライブOfficewordクラウドストレージスプレッドシートテレワーク在宅勤務新型コロナウイルス】の最新ニュースをいち早くお届けします。