LINEノートで友だちと共有したはずなのにタイムラインに投稿されてしまったときの対処法

LINEのノートは、友だちとのトークやグループトークで確実に文章や写真などを共有する方法として使っている人も多いだろう。ところが、友だちとのトークのノートで共有したはずなのに、タイムラインにも投稿されている。これでは、全員に見られてしまうのでは……と肝が冷えた人もいるかもしれない。本当のところはどうなのだろうか。

誰でも閲覧できるわけではない

 友だちとのトークは、消えてしまいやすい。写真は別途保存しておかなければ、いつの間にか削除されてしまうし、文章はあとで探し出すのが大変だ。そこで、ノートに文章や写真を保存する場合も多い。また、アルバムに保存できない動画が保存できるほか、位置情報や音楽なども保存可能で、LINEの機能の中でもかなり使い勝手の良いもの一つだ。
 そう思ってノートを使っていたある日、タイムラインを開いてみたら、友だちとやり取りした秘密の情報が投稿されていたのに気づいて、慌てて削除した……という人もいるかもしれない。だが、とりあえずは安心してほしい。ある友だちとのトークからノートを呼び出して情報を保存した場合、その情報はタイムライン上でも、その友だちとしか共有されない。つまり、他の友だちや無関係な第三者には表示されないのだ。もしグループでノートを作成した場合は、そのグループのメンバーしか閲覧できない。
 なお、タイムライン上に直接文章や写真などを投稿した場合、設定によっては誰でも閲覧できる可能性がある。タイムラインに直接投稿したいときは、十分注意してほしい。

友だちとのノートに投稿する

友だちとのトーク画面右上の「≡」→「ノート」をタップすると、この画面が表示される。「+」をタップする

投稿したいデータをタップする。ここでは「カメラ」をタップし、写真を選択した

ここでは、写真に加えて文章を入力した。右上の「投稿」をタップする

ノートに投稿できた。左上の「×」をタップして戻ってみよう

トークにも写真と文章が表示された

LINEノートで友だちと共有したはずなのにタイムラインに投稿されてしまったときの対処法のページです。オトナライフは、【SNSLINELINEノートSNSタイムライン設定】の最新ニュースをいち早くお届けします。