余った外貨をAmazonギフト券に郵送交換できるサービスを「ポケットチェンジ」が期間限定で実施!

余った外貨を電子マネーに交換できる便利な「ポケットチェンジ」。だが、近所に端末がない人にとっては利用しづらかった。そこでポケットチェンジでは2020年5月26日から期間限定で、郵送によるAmazonギフト券交換サービス「エアポケットチェンジ」を開始したのだ。これで無駄な外貨を有効活用できるぞ!

余った外貨を手軽に電子マネーに交換できる!

 海外旅行に行ったとき、使い切れなかった小額紙幣やコインを日本に持ち帰ってしまう人は多いだろう。米ドルやユーロならいつか使うこともあるだろうが、二度と行かない国の通貨は無駄になってしまう。そんなときは、外貨を電子マネーに交換できる端末「ポケットチェンジ」を利用すると便利だ。Suica、楽天Edy、WAON、nanacoなどの電子マネーに交換できるので無駄な外貨を有効活用できるのだ。ポケットチェンジ端末の使い方については海外旅行で余った外貨を日本円に両替しSuicaにチャージできる「ポケットチェンジ」が超便利!』を参照してほしい。
 しかし、ポケットチェンジ端末は空港や駅などにしか設置されていないので、誰でも利用できるわけではない。そこでポケットチェンジでは、新たに郵送によるAmazonギフト券交換サービス「エアポケットチェンジ」を期間限定で開始した。これなら、近くにポケットチェンジ端末がなくても利用できるぞ!

先着100名限定でゆうパケット送料が実質無料に!

 2020年5月26日~2020年6月30日の期間限定で実施される「エアポケットチェンジ」。利用方法は、まず、公式サイトから申し込みフォームを入手して必要事項を記入のうえ申し込むと、登録したメルアドに「送付先住所」と「取引ID」が送られてくる。これを元に、郵便局であて名シールを受け取り、ゆうパケット「箱(薄型)・65円・品名コード60780」に外貨を入れて送ると、メールでAmazonギフト券を受け取れる仕組みになっている。
 なお、ゆうパケットに貼る切手代360円は、先着100名に限りAmazonギフト券で返却されるので、余っている外貨があるなら今すぐ「エアポケットチェンジ」に申し込もう。

(Image:pocket-change.jp)

「エアポケットチェンジ」を利用するには、まず申し込みフォームを入力し、「送付先住所」と「取引ID」をメールで受け取る。これを元にゆうパケットで外貨を送る。すると、メールでAmazonギフト券が送られてくるのだ

■対応通貨
【コイン・紙幣の両方に対応】
・アメリカドル (USD)
・ユーロ (EUR)
・中国元 (CNY)
・韓国ウォン (KRW)

【紙幣のみに対応】
・タイバーツ (THB)
・台湾ドル (TWD)
・シンガポールドル (SGD)
・ベトナムドン (VND)
※いずれも、現在流通しているコイン・紙幣に限る

■交換レート
外貨到着時のGoogle Financeレート
※交換手数料は別途15%かかる

■ 申込受付期間
2020年5月26日~2020年6月30日
(外貨送付期限:2020年7月10日消印有効)

●ポケットチェンジ(pocketchange)(公式)は→こちら

●ポケットチェンジ(pocketchenge)「【期間限定キャンペーン中!!】エアポケットチェンジをリリースしました」(公式)は→こちら

余った外貨をAmazonギフト券に郵送交換できるサービスを「ポケットチェンジ」が期間限定で実施!のページです。オトナライフは、【マネーAmazonAmazonギフト券nanacoSuicaWAONポケットチェンジモバイルSuica楽天Edy】の最新ニュースをいち早くお届けします。