10万円給付金の郵送申請書類、通帳のないネット銀行もOKなの? 銀行口座証明書類には要注意!

アタナの家にも、そろそろコロナ禍の経済対策である10万円特別定額給付金の郵送申請書類が届いているだろう。申請書類の記入はさほど難しくないが、銀行口座の証明書類には注意が必要だ。とくに「通帳がないネット銀行」「ゆうちょ銀行の通帳」「クレカやデビットカード付きキャッシュカード」などは要注意だぞ!

通帳は2ページめ見開きをコピーしたほうが確実!

 コロナ禍の経済対策として、税府は一人10万円の特別定額給付を実施することにしたが、マイナンバーカードによるネット申請では、暗証番号を間違えてロックされた人が役所に殺到するなど、大混乱を引き起こした。このあたりの事情は『10万円給付金は郵送がおすすめな3つの理由 オンライン申請でしかできないと思い込んでない?』を参考にしてほしい。もちろん、10万円特別定額給付金は無理にネットで申請する必要はないので、役所から送られてきた郵送申請書類で申請すれば問題ない。だが、給付金を振り込んでもらう銀行口座の証明書類だけはちょっと注意が必要だ。
 都市銀行の通帳は支店名、口座番号、口座名義の記載がある表紙をコピーすればOKな自治体も多いが、「ゆうちょ銀行」の通帳の表紙には口座番号等の表記がないし、都市銀行から振り込むときに必要な支店名と7桁の口座番号表記がない。そのため2ページめ見開きのコピーが必須となっているのだ。大手銀行の通帳も“口座名義のカタナカ”表記は、やはり2ページに記載があるので、万全を期すならどの銀行でも通帳は2ページめの見開きをコピーしたほうがよいだろう。

ゆうちょ銀行の通帳には名前しかなく、都市銀行から振り込む際に必要な支店名と7桁の口座番号の記載がない。これをコピーして添付しても書類不備となってしまう

ゆうちょ銀行通帳の2ページめの見開き。上には口座名義のカタナカがあり、下には都市銀行から振り込むときに必要な支店名と口座番号(7桁)が表記されている。都市銀行の通帳を証明書類として使う場合も、やはり2ページめの見開きをコピーしたほうが確実だろう

10万円給付金の郵送申請書類、通帳のないネット銀行もOKなの? 銀行口座証明書類には要注意!のページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフクレカネット銀行マイナンバーカードゆうちょ銀行給付金】の最新ニュースをいち早くお届けします。