【楽天モバイル】1年無料キャンペーンなのに無料にならない罠があるってホント?

1年間無料でケータイ電話が利用できるキャンペーンを実施している「楽天モバイル」。2020年6月17日までは最新スマホまで1円で買える特典もある。だが、これらの特典を受けるには一定の条件を満たさないとダメ。必ずしも特典が受けられるわけではないのをご存じだろうか? そこで今回は、楽天モバイルの特典が受けられないケースを紹介するので、必ず申し込む前に確認しておう!

条件をクリアしないと特典を受けられない場合も!

 ドコモ、au、ソフトバンクに続く第4のキャリアとして登場した「楽天モバイル」。新規顧客獲得のため、月額2,980円のケータイ利用料金を1年間無料にするという、驚きのキャンペーンを実施しているのは皆さんご存じだろう。詳しくは『楽天モバイルが2,980円の無制限プランを発表! ただし楽天回線エリア外は2GBまでという罠を見てほしいが、なにしろオンライン契約+Rakuten Link利用で3,000ptプレゼント、3,300円の事務手数料が実質無料、さらに2020年6月17日までなら最新スマホが1円で買えて、解約手数料は無料でいつでも解約できるなど、まさに破格の条件なのである。それでもなお目標の300万件契約は厳しそうだが。そのあたりの事情は『楽天モバイルがスマホを1円でバラ撒いても加入者が増えない理由とは?を参照してほしい。
「これでもまだ加入しないか!」と言わんばかりにお得な楽天モバイルだが、当然、特典を受けるには一定の条件をクリアしないとダメ。条件によっては特典が適用されず有料になる場合もある。うかつに何も考えずに申し込むと、あとで泣くことになるので注意しよう。

(Image:network.mobile.rakuten.co.jpe)

楽天モバイルでは、まず月額2,980円の利用料が1年無料。次に3,300円の事務手数料が実質無料。そしてオンライン契約+Rakuten Link利用で3,000ptプレゼント。さらに、2万1,800円で売られていた「Rakuten Mini」を1円で購入可能。他機種でも最大15,000円引きなどの特典が受けられる。しかも、解約手数料はいつでも無料なのだ

1年間無料キャンペーンは「1人・1回線・1度」までの罠

 まず、注意したいのが「1年間無料」「事務手数料が実質無料」「オンライン契約+Rakuten Link利用で3,000pt」のキャンペーンは「1人・1回線・1度」しか適用されないこと。1人で複数回線を契約して、ポイントや1円スマホを大量に入手しようとしても、さすがにそれはできないようになっている。ただ、注意したいのは「1人・1度」の部分だ。たとえば、同時購入のスマホを変更したり、MNPのトラブルなどで“申し込みを一度キャンセルして再申し込みした場合”は、2回目の申し込み扱いとなり特典を受けられないのだ。もちろん、1年間無料キャンペーンは300万名限定なので、キャンペーンが早期終了したあとに申し込んでも特典は受けられない。

(Image:network.mobile.rakuten.co.jpe)

公式サイトにもハッキリと「お1人様1回線1度のみ。」と明記されている。また公式サイトのヘルプにも「一度キャンセルして再申込したときも対象外となる」との記載がある

iPhoneユーザーは楽天の無料通話アプリを利用できない罠

 楽天モバイルでは1年間無料キャンペーンのほかに「オンライン申し込み+Rakuten Link利用で3,000ptプレゼント」と「事務手数料3,300円実質無料」の特典が受けられる。事務手数料が実質無料になるキャンペーンは期限もなく何も問題はないが、3,000ptプレゼントのほうは2020年6月30日までの期間限定キャンペーンとなっており、2020年7月31日までに開通するのが条件である。期限を過ぎるとNGなので注意しよう。また、オンライン申し込みしても通話・SMSアプリ「Rakuten Link」を利用しないと3,000ptはもらえない。こちらは2020年8月31日までにアプリのインストールだけでなく、アクティベーション(利用登録)まで完了しないと条件クリアにならないので注意が必要だ。
 さらに、注意したいのがiPhoneユーザーである。残念ながら「Rakuten Link」アプリは2020年6月11日現在Android専用であるため、楽天モバイルでiPhoneを使いたい人は、そもそも3,000ptをもらうことができないのである。実は、楽天モバイルでは1年間通話料も無料となっているが、それはRakuten Linkアプリを使用して通話した場合であり、普通に電話すると30秒/20円の通話料がかかってしまう。すでに契約している人もこの点には十分注意してほしい。

(Image:network.mobile.rakuten.co.jpe)

オンライン契約+Rakuten Linkの利用で3,000ptプレゼントの申し込み期限は2020年6月30日まで。開通期限は2020年7月31日、Rakuten Linkのアクティベーション(開通手続き)は2020年8月31日までである。これをすべてクリアしないとダメ!

(Image:network.mobile.rakuten.co.jpe)

楽天モバイルの通話・SMSアプリ「Rakuten Link」は2020年6月現在Android専用アプリ。iPhoneでは利用できないため3,000ptがもらえないばかりか、普通に電話すると30秒/20円もかかるのだ!

楽天オリジナルRakuten Miniが1円で買えない罠も!

 2020年6月17日までの期間限定で楽天モバイルの「Rakuten Mini」が1円で購入できるキャンペーンにも条件がある。まず、キャンペーン期間を過ぎれば1円で買えないし、期間中でも在庫がなくなったら終了される。もちろん1人1回限りなので2台目以降は1円にならない。そして、もっとも注意してほしいのが、Rakuten miniの購入と楽天モバイルの「Rakuten UN-LIMIT」プラン契約を別々にした場合は1円にならないこと。必ず同時に申しむようにしよう。なお、無料サポーターからRakuten UN-LIMITプランに変更した人も対象外となる。
 また、Rakuten mini以外のスマホでも最大15,000ptがプレゼントされるキャンペーンもあり、こちらはスマホとプラン契約は同時申し込みでなくてもOK。ただし、適用は1人1回限りで無料サポーターからRakuten UN-LIMITプランに変更した人は対象外となる。
 このように、楽天モバイルのキャンペーンにはところどころに罠がある。しっかり確認すれば誰でもわかることだが、申し込みする際は事前にしっかり確認して、お得なキャンペーンを活用したい。

(Image:network.mobile.rakuten.co.jpe)

Rakuten Miniの1円キャンペーンは1人1回限り、スマホとRakuten UN-LIMITプランの同時申し込みが条件となる

(Image:network.mobile.rakuten.co.jpe)

Rakuten Mini以外のスマホでも最大15,000円のポイントがもらえるキャンぺーもある。こちらはスマホ購入とRakuten UN-LIMITプランの加入は同時でなくてもよいが、やはり1人1回のみの適用となる

●参照元:楽天モバイル(MNO)キャンペーンや割引の落とし穴-無料にならない・値引きされないケース【モバイルびより】
●楽天モバイル(公式)は→こちら

文=すずきあきら/編集・ライター

【楽天モバイル】1年無料キャンペーンなのに無料にならない罠があるってホント?のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidAndroidiPhoneスマホ楽天楽天モバイル】の最新ニュースをいち早くお届けします。