【最新版】「マイナポイント」申し込み特典やポイント付与条件がいいのは結局どれ?

2020年9月から始まる25%(最大5,000pt)還元の「マイナポイント」。7月からは実際に利用するキャッシュレス決済サービスを選べるようになったが、事業者によっては付与条件が異なったり、12.5%分を上乗せして最大7,500ptをもらえるキャンペーンを実施している事業者もある。果たしてどの事業者を選ぶのが正解なのだろうか? 

ポイント付与の条件とキャンペーンで判断しよう!

(Image:mynumbercard.point.soumu.go.jp)

 マイナンバーカードを持っている人が、キャッシュレスで買い物すると25%(最大5,000pt)が還元される「マイナポイント」。マイナポイントのために、急遽マイナンバーカードを取得した人も多いだろう。いよいよ7月からは実際に利用するキャッシュレス決済サービス事業者(以下事業者)を選ぶことになるが、事業者によって損したり得する場合があるのをご存じだろうか? そこで今回はジャンルごとに事業者を比較してみた。果たしてどの事業者がお得なのだろうか?
 その前に注意したいことが2つある。ひとつめはポイント付与の条件だ。2万円チャージして一気に5,000ptをもらえる事業者もあれば、決済ごとにちょいちょい25%ずつ還元される事業者もある。後者の場合、マイナポイントが終了する2021年3月までに決済額が2万円に達しないと満額の5,000ptをもらえず、損することもあるのだ。
 2つめのポイントは申し込みキャンペーン。マイナポイントの申し込みによって最大10%(2,000pt)を上乗せしてくれる事業者もあれば、何の特典もない事業者もある。どうせなら申し込みでポイントをもらえる事業者を選んでおこう。

 電子マネーでは、申し込みで2,000pt上乗せされ計7,000ptもらえる「WAON(ワオン)」がイチオシ。イオンやミニストップをよく利用するならコレ!「Suica(スイカ)」もチャージで1,000ptプラスされる。コンビニやファーストフードでも利用できるので、JR通勤者以外でも利用価値は高いだろう。「nanaco(ナナコ)」は8月31日までの申し込みで500pt上乗せされるほか、抽選で775~5万ptが当たる。セブン-イレブンやイトーヨーカドーの利用者ならおすすめ。逆に汎用性の高い「楽天Edy」や「PASMO」などは、現状まったく申し込み特典がないのが残念だ。

 QRコード決済では9月30日までの申し込みで1,500pt(7.5%)上乗せ、9月以降にチャージや決済するとさらに5%(最大1,000pt)が追加され、合計7,500pt(37.5%)がもらえる「d払い」が一番お得。その次は2,000ptが上乗せされる「ゆうちょPay」と「メルぺイ」だ。。「ゆうちょPay」は8月31日までにアプリダウンロード&口座登録で500pt+申し込みで1,500pt=計2,000ptが追加でもらえる。「メルペイ」は本人確認したうえでメルカリで買い物すると5%(最大1,000pt)もらえるが、さらに8月31日までに残高チャージすると10%(最大1,000pt)が付与され計7,000ptをもらえる。さらに、8月31日までにマイナポイントの申込みをすると抽選で1人に1,000万pt、10人に100万pt、150人に5万pt、1,500人に5,000pt、13万名に500ptを付与するキャンペーンも追加している。
 その次は、ローソンでポイント還元率が高い「au PAY」で、残高へのチャージで20%(上限1,000pt)上乗せされる。また、「d払い」は9月30日までに申し込めば500ptが付与され、「FamiPay(ファミペイ)」は申込者の先着10万人に500ptが付与される。
 そして、ユーザー数3,000万人を突破した「PayPay(ペイペイ)」は、抽選で10人に100万pt、150人に5万pt、1,500人に5,000pt、15万人に500ptが当たるキャンペーンを発表したが、事実上500ptしかもらえないのが厳しい。また、LINE Payは特典クーポンが増えるだけで魅力に乏しく、楽天ペイは7月からチャージ&ペイで1.5%付与されるが、申し込み特典は何もないのである。

 クレジットカードは基本的に決済によるポイント還元になるが、期限内に2万円以上利用しないと満額5,000ptをもらえない可能性がある点は注意したい。できればQRコード決済への残高チャージで一気に5,000ptをゲットできる事業者を選びたいところ。
 イチオシはイオンカード(WAON機能付)。WAONポイントにチャージすることで2,000pt上乗せされる。その次はau PAY残高へのチャージで20%(上限1,000pt)付与されるau PAY カードだ。auスマホユーザーなら第一候補になるだろう。また、dカードは9月30日までの申込で500pt付与されるほか、三井住友カードは抽選で100人に1万ptが当たるキャンペーンを9月1日~30日まで実施する。
 実はクレジットカードは、2020年7月2日時点で申し込みができない事業者が意外と多い。派手なキャンペーンも少なく、あまりヤル気を感じられないのだ。なお、2,000万人の加入者を誇る楽天カードも、現状では何も申し込み特典がない。

 デビットカードもマイナポイントの対象になるが、こちらもイチオシは「イオン銀行CASH+DEBITカード(WAON機能付)」である。決済かWAONチャージで10%上乗せされ、最大7,000ptを獲得できる。ジャパンネット銀行の「JNB Visaデビット」は10月31日までの申し込みで100ptを付与、「SMBCデビット」は9月1日からの申し込みとなり、特典についてはとくに発表はない。

【最新版】「マイナポイント」申し込み特典やポイント付与条件がいいのは結局どれ?のページです。オトナライフは、【マネーPayPayQRコード決済WAONキャッシュレスマイナポイントマイナンバーカードゆうちょPay】の最新ニュースをいち早くお届けします。