macOS Catallina 10.15.5で追加された「バッテリー状態管理」機能をオフにする方法

Catalina 10.15.5では、「バッテリー状態管理」機能が新たに追加された。これは、バッテリーの耐用年数を延ばすことを狙ったもの。しかし、この機能をオンにするとバッテリーの駆動時間が短くなる恐れがある。

「バッテリー状態管理」機能をオフにしてバッテリー起動時間を延ばす

 MacBookのバッテリーはユーザー自身が交換できないため、バッテリーの劣化は極力防ぎたいもの。そこで登場したのが「バッテリー状態管理」機能だ。
 これは、MacBookに内蔵されたリチウムイオンバッテリーの経年劣化の進行を遅らせることにより、耐用年数を延ばすことを目的とした機能。この機能をオンにすると、バッテリーの温度の履歴や充電バターンをチェック。劣化が進行するような充電を防ぐ。
 たとえば、MacBookが電源に接続されっぱなしの場合、バッテリー状態管理が過充電によるバッテリー劣化を防止するために、フル充電にならないように制御する。
 このように、バッテリーがフル充電されなくなるため、MacBookのバッテリー駆動時間が短くなってしまうのがこの機能のデメリットだ。
 この機能はデフォルトのオンになっているので、MacBookを極力長い時間使うことが最優先なら、この機能をオフにしておいたほうがいいだろう。
 この機能をオフにするには、システム環境設定の「省エネルギー」で該当機能をオフにすればよい。
 なお、バッテリー状態管理はThunderbolt 3経由で充電するMacBookでのみ利用できる。MagSafe経由で充電するMacBookでは、Catalina 10.15.5を適用していても本設定は表示されないので注意しよう。

システム環境設定の「省エネルギー」を開き、「バッテリーの状態」をクリックする

バッテリー状態管理の設定画面が表示されるので、「バッテリーの状態管理」のチェックを外す

機能を無効にする確認メッセージが表示されるので、「オフにする」をクリックする

バッテリー状態管理機能をオフにすると、バッテリーの駆動時間は長くなるが、バッテリーの寿命は短くなる恐れがある。一長一短あるので、使い方に応じて設定を変更しておくといいだろう。

※サムネイル画像(Image:guteksk7 / Shutterstock.com

macOS Catallina 10.15.5で追加された「バッテリー状態管理」機能をオフにする方法のページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスAppleMacmac OSバッテリー】の最新ニュースをいち早くお届けします。