電子印鑑「デジタル印鑑」を作成する方法 もうハンコを押すためだけに出社する必要なし!

コロナ禍の第2波がやってきた。またもやテレワークに突入したビジネスパーソンも多いだろう。でも日本はハンコ社会。わざわざ印鑑を押すために出社している人も多いのでは? そんなときは電子印鑑を使ってみよう! これでもう、無駄に出社しなくて済むかも!

ハンコを押すためだけに出社するのはバカらしい!

 2020年8月、日本全体で連日1,000人を超える新型コロナウイルス感染者が確認されており、もはやコロナ禍の第2波が到来したと言える状況だ。おかげで再びテレワーク(在宅勤務)となった会社も多いのではないだろうか。でも、日本はハンコ社会。せっかくテレワークになっても、管理職になると書類に印鑑を押すためだけに出社しなければならない場合もある。そんなときは、電子印鑑の導入を検討してみてよう!
 電子印鑑にはいくつか種類があるが、今回紹介するのは、書類にコピー&ペーストして使える印鑑画像を作成できるWebサービス「Web認印」と、EXCEL(エクセル)に組み込んで使うアプリ「Excel電子印鑑」の2つ。いずれも無料で使えるので、使い勝手のよいものを選べばよいだろう。

まず「Web認印」を紹介しよう。公式サイトを開いたら、「名字」に自分の苗字を入れて「作成」をクリックしよう。もちろん「書体」「大きさ」「色」は自分で変更できる

PNGとPDFの2つが別画面で表示されるので、どちらか使いやすい方を使用しよう。なお、ポップアップがブロックされる場合は「Ctrl」を押しながら「作成」ボタン押せばよい

請求書(PNG)にPNGの印鑑を貼り付けてみた。なかなかいい感じだが、透明ではないので白い部分に貼り付けないと、印鑑下の画像が隠れてしまうのが残念……

電子印鑑「デジタル印鑑」を作成する方法 もうハンコを押すためだけに出社する必要なし!のページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスExcelWeb認印デジタル印鑑テレワークハンコ在宅勤務電子印鑑】の最新ニュースをいち早くお届けします。