電子印鑑「デジタル印鑑」を作成する方法 もうハンコを押すためだけに出社する必要なし!

電子印鑑を使えばムダに出社しなくて済む!!

「Web認印」は自分の名前で印鑑の画像(PNGとPDF)を作成できるWebサービス。サイトを開いたら自分の名前を入力して「作成」を押せば、超簡単に印鑑の画像が作成される。これをコピー&ペーストして書類に貼り付ければOKだ。見た目はシャチハタのようでなかなかいい感じ! ただし、「Web認印」は透明化できないため書類の白い部分にしか使えない。そこで、もうひとつの電子印鑑を紹介しょう。それは「Excel電子印鑑」だ。アプリを入手してZIPファイルを解凍して起動するとEXCELに組み込むことができるので、自分の名前を入力して貼り付ければOK! しかも、背景を透明化する機能もあるので、本当に書類に印鑑を押したような仕上がりになる。
 会社によっては電子印鑑が認められないこともあるかもしれないが、もし、OKな会社なら電子印鑑を使うことで、ハンコを押すためだけに出社する必要はなくなるだろう。

「Excel電子印鑑」は、まず公式サイトでアプリを入手して、ZIPを解凍(上写真)。次に「アドインストール用.xls」をダブルクリックする(下写真)

EXCEL(エクセル)が起動してインストール画面が表示されるので、(1)「インストール」をクリックする。すると(2)「インストールが完了しました」と表示される。これで仕込みはOK!

EXCELで請求書を開いたら、どこかのセルを右クリックする。表示されたメニューから「Excel電子印鑑」→「認印押印」を選択しよう

「OK」を押すと印鑑設定が開くので(上写真)、名前やフォント、色などを選んで「OK」を押そう。なお、「背景を透明にする」にチェックを入れれば、印鑑を透明化できる(下写真)

「背景を透明にする」なら角印もそれらしく押すことができる。フリーランスや個人事業主が、自分の請求書に使う程度ならこれで十分だろう

●Web認印(公式)は→こちら
●Excel電子印鑑(公式)は→こちら

電子印鑑「デジタル印鑑」を作成する方法 もうハンコを押すためだけに出社する必要なし!のページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスExcelWeb認印デジタル印鑑テレワークハンコ在宅勤務電子印鑑】の最新ニュースをいち早くお届けします。