PayPay(ペイペイ)の「東京版新型コロナ見守りサービス」を実際に利用してみた!

衰えを知らない新型コロナウイルス。とくに東京の感染者数はうなぎ登りだ。もし、PayPay(ペイペイ)を利用しているなら「東京版新型コロナ見守りサービス」を利用してみよう。3,000万ユーザーを誇るPayPayの膨大な情報を利用して、新型コロナウイルスのクラスター情報をプッシュ通知してもらえるぞ!

3,000万超ユーザーを誇るPayPayのサービス!

(Image:paypay.ne.jp)

 日本全国に拡大する新型コロナウイルスの猛威。とくに感染者数の多い東京は深刻な事態となっている。そのため、今年のお盆は田舎に帰省しない人も多いと思うが、もし、お盆を都内で過ごすならQRコード決済アプリ「PayPay(ペイペイ)」の「東京版新型コロナ見守りサービス」を利用してみてはいかがだろうか?
 2020年8月現在、PayPayのユーザーはすでに3,000万超。そのスケールメリットを生かして、東京都内の加盟店舗などで新型コロナウイルス感染症のクラスターが発生した場合、ユーザーの決済履歴に基づき、PayPayから店舗名とクラスター発生日時などの情報をプッシュ通知してくれる。実は、厚生労働省から「新型コロナ「接触確認アプリ(COCOA)」という、同じようなアプリも配布されているが、2020年8月現在のダウンロード数は、いまだ1,274万件しかないのである。詳しくは『新型コロナ「接触確認アプリ(COCOA)」って何ができるの? 何がわかるの?を参照してほしい。

PayPayの「東京版新型コロナ見守りサービス」は、加盟店でクラスターが発生した場合に、その店での決済履歴がある人にプッシュ通知する仕組み

PayPay(ペイペイ)の「東京版新型コロナ見守りサービス」を実際に利用してみた!のページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフPayPayクラスター新型コロナウイルス】の最新ニュースをいち早くお届けします。