仕事サクサク! テレワーカーにおすすめの快適空間「レンタルスペース」の魅力とは

働き方改革の推進や新型コロナウイルス感染症の感染防止の観点から、急速に広まったテレワーク制度。これまで社員全員が毎日オフィスに出勤していた時代から、時代が大きく動いてきている。しかし「家だと仕事が捗らない…」と感じている人もいるだろう。そんなテレワーカーにおすすめしたいのが、自宅ではなく個室を貸し切ったレンタルスペースでの仕事だ。
今回は、レンタルスペースを利用するメリットをお伝えしたい。

部屋の種類も多彩なレンタルスペース

楽しい家族の団らんも、仕事中には困りものだ

 自宅作業で一番のネックとなるのは、やはりオフィスワークでは存在しなかった誘惑の数々だろう。プライベート空間だからこそ、本やテレビ、趣味の道具といった自分の気が散ってしまうものに囲まれているはずだ。
 また家族や同居人がいる場合も、しっかりとルールを決めておかないと集中したいタイミングで横槍を入れられてしまうおそれもある。

 そんな自宅で集中できないと感じている人には、レンタルスペースでの仕事を一度経験してもらいたい。レンタルスペースは会議室のような広さの部屋のイメージも持つ人もいるかもしれないが、個室スペースも少なくないのだ。
 レンタルスペースは、無機質な“作業場”といったイメージのスペースからリビングを思わせる落ち着いた部屋まで様々。自分に合った環境を選ぶことができるのもメリットだ。「自宅みたいにリラックスして仕事したいけど、自宅そのものだと漫画読んだりしてしまうから…」と悩む人にとっては願ってもない環境だろう。また、「一度家を出る」という行動も、オフィスワークの頃と同じく「これから仕事だ」と脳にスイッチが入り仕事の効率をあげることにつながるはずだ。

他のテレワーク場所の候補と比較してみると

上質なコーヒーは魅力だが、カフェで仕事をするのは難しい

 レンタルスペースの他にテレワークがしやすい場所としてよく候補に挙がるのが、“サードプレイス”と呼ばれるカフェやコワーキングスペースといったオープンスペースだ。
 カフェを利用するメリットは、レンタルスペースなどと比べて格段に費用が安いこと。理屈の上ではコーヒー一杯で何時間でも利用可能だ。だが長居することに抵抗を感じる人も多く、盗み見や盗難、Wi-Fiのセキュリティリスクもあるなど懸念点を払拭しきるのは難しい。
 一方、レンタルスペースと同じく料金を払って利用するコワーキングスペースは、Wi-Fiなどシステム上のリスクは多くの場合対策済みだ。だがカフェと同様に盗み見・盗難といったアナログなリスクには自己防衛が必要。またオープンスペースのため電話対応なども気を使わなければならず、貸し切りで個室を利用できるレンタルスペースと比べると、やはり軍配はレンタルスペースに上がるだろう。

 オンオフをしっかり区切ってテレワークで成果を上げるためにも、一度レンタルスペースを利用してその魅力を体感してみてはいかがだろうか。

参照元:家にいるより仕事はかどる?!個室の作業スペースをレンタルして使ってみるメリット!【Feeeel】

※サムネイル画像(Image:Jay Fog / Shutterstock.com

仕事サクサク! テレワーカーにおすすめの快適空間「レンタルスペース」の魅力とはのページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスコワーキングスペースサードプレイステレワークレンタルスペース在宅勤務】の最新ニュースをいち早くお届けします。