接触確認アプリ「COCOA」で接触通知が来た! 確認すべき3つの行動とは?

いまだ衰えを知らない新型コロナウイルスの猛威。2020年6月19日には厚生労働省から、新型コロナウイルス接触確認アプリ「COCOA」が配信され、約3カ月が経過した。ダウンロード数はすでに1,600万件を突破しており、筆者の周りでも陽性者との接触確認通知を受け取った者が現れた。だが、もしCOCOAで接触通知が来てしまったら、そのあとはどんな行動すればいいのだろうか? そこで今回は、実際に接触通知が来た人への取材で分かった3つ行動を紹介しよう。

新型コロナ感染者との接触通知が来るCOCOAとは?

 2020年9月10日現在、新型コロナウイルスの第2波もようやく終息の気配を見せ始めたが、まだまだ予断を許さない状況にある。そんな中、頼りになるのが「COCOA」というアプリだ。これは、厚生労働省が2020年6月19日に公開した「新型コロナウイルス 接触確認アプリ」のことで、スマホにインストールしておけば、新型コロナウイルス感染者と接触した恐れのある人に通知されるというもの。このアプリについては『新型コロナ「接触確認アプリ(COCOA)」って何ができるの? 何がわかるの?を参考にしてほしいが、筆者の予想に反して2020年9月4日時点でダウンロード数は1,600万件を突破! かなりの人が「COCOA」を利用しており、すでに接触確認通知が来た者も現れている。だが、もし実際に接触確認通知が来た場合はどうすればいいのだろうか? そこで今回は、筆者の知り合いでCOCOAによる接触確認通知が来た2人を取材し、具体的な3つの対処方法を紹介したいと思う。

■COCOAで接触確認通知が来たときの対処方法
(1)その日の行動を確認し接触リスクを確認する
(2)アプリから今後の行動について相談を行う
(3)発熱症状があっり不安だったらPCR検査へ(無料)

該当日の行動を確認して接触リスクを確認しよう

 知り合いの編集者Aさんは、6月末からAndroidスマホでCOCOAアプリを使い続け、8月31日に「8月18日に接触がありました」という接触確認通知が来た。
 COCOAでは、GPSなどを使った行動記録などから、新型コロナウイルス感染者が登録者の周囲に「15分間」「1m以内」にいた場合に接触通知が来る仕組みになっている。感染者のマスク着用や自分がフェイスガードなどで対策しているかなどは一切考慮されないので、この通知のみで即感染しているとは言い切れない。そこで、まずは該当日の自分の行動を確認し、感染リスクが高い行動・場所を確認してみよう。それには「Googleマップ」のタイムライン機能がおすすめだ。
 実際にGoogleマップで調べたところ、該当日のAさんの行動は「通勤」「会社」「夕食」の3つであることが分かった。次に、社内では他の社員に接触通知がないことから、通勤か夕食のどちらかだと予想。さらに当日は、時差出勤で通勤電車も混んでいない状況だったことから、もっとも怪しいのはレストランでの外食時だと判断することができた。

通知内容は「陽性者との接触一覧」から確認できる(左写真)。プライバシーの配慮から時間や場所などの記載はなく、日付のみの通知されるのが悩ましい(右写真)

Googleマップの「ロケーション履歴」をオンにしておくと、タイムラインが作成される。Aさんの8月18日の行動をタイムラインで確認してみたところ、自宅と会社の往復、そして夕食を摂って帰宅していたことが確認できた

COCOA - 新型コロナウイルス接触確認アプリ

COCOA - 新型コロナウイルス接触確認アプリ

アマゾンで購入 楽天で購入

接触確認アプリ「COCOA」で接触通知が来た! 確認すべき3つの行動とは?のページです。オトナライフは、【アプリCOCOAPCR検査接触通知新型コロナウイルス陰性陽性】の最新ニュースをいち早くお届けします。