キーボードの「CapsLock(キャプスロック)」キーの解除方法を解説!

Caps Lockの解除方法(キーボードを使う場合)

 「CapsLock(キャプスロック)キー」が有効になってしまったときの解除の仕方を紹介しておこう。「CapsLock(キャプスロック)キー」の解除の仕方は簡単だ。キーボードを操作するだけだ。

・「Shift」キー+「Caps Lock」キー

「CapsLock(キャプスロック)キー」の解除の仕方を紹介しよう。解除の仕方は、「Shift」キーと「Caps Lock」キーを同時に押すだけだ。ちなみに有効にする方法も解除の仕方と同様だ。つまり、JISキーボードの場合、「CapsLock(キャプスロック)キー」の解除の仕方は有効にする方法とスイッチ動作する仕様となっているのだ。
 また、キーボードを見てほしい。キーボードを見ると、「CapsLock(キャプスロック)キー」はShiftキーの真上にある。しかも、その隣にはキーボード入力時に多用する「A」キーが有るのだ。この配置のおかげで、「A」キーや「Shift」キーを入力したつもりが、「CapsLock(キャプスロック)キー」と「Shiftキー」を同時押ししてしまうことに繋がるのだ。
 JISキーボードの配列について文句を言っても仕方はないが、知らないうちに「CapsLock(キャプスロック)キー」が有効になっているのは、この配列が原因とも言える。この配列自体は今後も変更されることは無いと考えられるので、この機会に是非「CapsLock(キャプスロック)キー」の解除の仕方、有効になる操作方法を知っておいてほしい。

「CapsLock(キャプスロック)キー」はShiftキーとの同時押しでオンとオフの切り替えが可能だ。ただ、「A」キーの真隣にあり思わず誤操作してしまいがちな位置である

ほとんどのキーボードには状態を確認できる、インジケータランプがついている。消灯時は「CapsLock(キャプスロック)キー」は無効だ

「CapsLock(キャプスロック)キー」が有効になると、インジケータランプが点灯する

キーボードの「CapsLock(キャプスロック)」キーの解除方法を解説!のページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスCapsLockキーボードノートパソコンパソコン】の最新ニュースをいち早くお届けします。